他の記事を選ぶ

【キャンプの種類】ファミリーキャンプからお家キャンプまで詳しく解説
2022/01/21 00:00

【キャンプの種類】
ファミリーキャンプからお家キャンプまで
詳しく解説

キャンプは、参加する人数や目的、あるいはキャンプの場所などが変わることで、レジャー感覚やスポーツ性も高まる楽しいアクティビティ。ここでは今注目を集めているお家キャンプやファミリーキャンプなど種類別のキャンピングとキャンプを盛り上げるおすすめグッズについて紹介します。

一般的なキャンプの種類

キャンプは、人数や日数、宿泊方法によっていろいろな種類があります。ここでは一般的に知られているキャンプスタイルの内容について詳しく解説します。

デイキャンプ

デイキャンプとは、宿泊せず日帰りで行うキャンプのことをいいます。テントを設営する必要がなく、キャンプ初心者でも手軽に楽しめる良さがあります。キャンプ先は、BBQ中心、釣り、川遊びなどアクティビティによっても変わってくるでしょう。

テントや寝袋、数日分の食料や水といった荷造りがないため当日計画でも実行できるのが魅力です。

オートキャンプ

オートキャンプとは、車を使って行うキャンプです。キャンピングカーやキャンピングトレーラーに宿泊する場合もオートキャンプと呼ぶことができます。基本的に車と関連したキャンピングを意味するので、車からタープをはったり、テントを設営したりするキャンプスタイルもこれに相当します。

またキャンプ施設によっては、テント設営エリアと駐車場を区別するところもあり、車でキャンプサイトまで乗り入れができる所は、オートキャンプに分類されています。

ツーリングキャンプ

バイクで行くキャンプのことをツーリングキャンプといいます。目的地まで少数、あるいはグループでバイクの走行を楽しみながらキャンプ宿泊で旅行をします。車ほど荷物が積めないため、テントと寝袋といった最小限のキャンプ用品を携帯することが多いようです。

車よりもキャンプ場料金を安価に抑えられるほか、スポーツ感覚でキャンプを楽しめる魅力があります。

ファミリーキャンプ

家族で行うファミリーキャンプでは、子供たちもテント設営や野外での調理、片付けなど、普段と違う環境に触れます。そのため子供の創造性が高まったり、自立心が目覚めたりと、以前になかった成長を発見することができます。

また家族で密接に過ごす時間ができ、絆が深まるということもあるでしょう。最近では、家族以外の複数人で行うグループキャンプにも人気が集まっています。

ソロキャンプ

1人で自由に楽しむキャンプをソロキャンプと呼んでいます。誰にも干渉されたくないという自立型タイプが好むキャンプで、自由気ままな時間と野外体験を満喫できます。

時間に制約がないため、日常の雑多から解放されたいという人にもぴったり。自然や美しい景色の中に身を置いて、日常のストレス解消やリフレッシュを目的に楽しむ人も多いのでは。

グランピング

グラマラス(魅力的)なキャンプという造語のグランピングは、テント、コテージ、トレーラーハウスなど、宿泊施設が準備されているタイプを指します。食事は宿泊料金に含まれていたり、調理器具のレンタルで自炊したりと施設によって変わります。

グランピングでは、シャワーやトイレ、冷暖房などが完備されており、利便性を損なわずに自然体験ができる魅力があるといえるでしょう。

お家キャンプの種類

家にいながらキャンプ気分を味わえる「お家キャンプ」を楽しむ人が増えています。お家キャンプでは大きく分けて3つのタイプが人気です。それぞれの様式について詳しく解説します。

ベランピング

「ベランダ」+「グランピング」から生まれた造語ベランピングは、ベランダで行うキャンプです。テントやタープの下で過ごすことで、遠方でなくてもキャンプ気分が味わえます。天候に左右されず、荷物の準備もないことから簡単に行えるのがメリットです。

ただし、一軒家で近隣が近い場合や、集合住宅では近隣住民の迷惑にならないよう配慮することも大切です。

庭キャンプ

家の庭で行うキャンプもお家キャンプの楽しみの一つ。テントを設営する場所が必要ですが、タープなどを工夫してエリアを活用するだけでもキャンプの雰囲気が演出できます。

火の取り扱いに関し地域の規定が許せば、夕食のBBQや焚火を囲んだ団らんなど、庭でアウトドアを体験。タープやテント張りのよい練習のチャンスにもなるでしょう。

部屋キャンプ

部屋キャンプは、テントを張ったり、仕切りを設けたりとアウトドア空間を演出して野外疑似環境を楽しみます。特にキャンプ用ランタンやロウソクで明かりをとり、キャンプ用チェアやテーブルなどを利用することで、屋外のような雰囲気を味わうことができます。

小さなお子さんがいるご家庭や悪天候でも、安全で手軽にアウトドア気分を盛り上げることができるのがメリットです。

お家キャンプがもっと楽しくなるおすすめアイテム6選!

お家キャンプでは、キャンピングを盛り上げるアイテムを加えて、ワンランク上のキャンプを演出してみましょう。お家キャンプがもっと楽しくなるおすすめのアイテム6選をご紹介します。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/DXフリーリクライニングチェア

軽量で持ち運びに便利な、リクライニングチェア。キャンプ用だけでなく、リビングやベランダ用としても大活躍します。長く座っても疲れない湾曲したひじ掛けと、かっちり止まるリクライニングストッパーで安定感のある心地よさが評判のアウトドアチェア。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ホットサンドクッカーIH

ご家庭のコンロでも使える、IH対応のホットサンドメーカー。蝶番を外せば単独のフライパンになるため、目玉焼き、パンケーキなど個別の料理にも重宝します。アルミ鋳物で軽く、フッ素加工でお手入れも簡単。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミボックスクッカー

取っ手が付いた飯ごう、アルミボックスクッカー。お米1.5合まで容量があり、熱伝導のよいアルミ製でふっくらとご飯を炊くことができます。表面には硬質アルマイト加工が施されているため、お掃除も楽々。積み荷にも収めやすい角形シェイプもポイントです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBウッドサイドテーブル

収納式ウッドテーブル。野球バッドの素材としても使用されるホワイトアッシュでできたテーブルは、強度と耐久性抜群のキャンプグッズです。不用意に開閉しないためのロックやマグネット機能も搭載。手狭なベランダや部屋キャンプでも場所を取らず大活躍するアイテムです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/キャストアイアンプレート

キャストアイロン製リバーシブルアイアンプレート。溝加工のある面では、3ミリの段差でお肉などの余分な脂と分離しながら調理が可能。フラットな鉄板面は、パンケーキや焼きそばなど、炒め物の調理に適しています。むらなく火通りのよい鉄製でクッキングが特別のイベントになります。

和風だし旨味スパイス 幕張

お家キャンプにも大活躍、スポーツオーソリティオリジナルのスパイス「幕張」。カツオ、昆布、シイタケからとった和風のミックス出汁。お肉や魚に直接かけて調理したり、サラダドレッシングのアクセントに加えたりと、万能に活用できるうま味スパイスです。

キャンプを楽しむならTARAS BOULBAをチェック

キャンプの楽しみ方をタイプ別にご紹介しました。キャンプは、目的や方法によって幅広いアクティビティを満喫することができます。その後押しをするのがキャンプ用品。TARAS BOULBAには、キャンプを盛り上げるギアがいっぱい。TARAS BOULBAのキャンプアイテムをチェックして、あなたの理想のキャンプスタイルを実現しましょう。

【テントの種類と選び方】テント生地の特徴やタープとの違いまで解説
2022/01/21 00:00

【テントの種類と選び方】
テント生地の特徴やタープとの違いまで解説

テントの種類が多くて迷う、という方も多いのでは。ここではテントの種類や特徴について詳しく解説。テントを種類で選ぶときの注目すべきポイントについてまとめてみました。知っていると参考になるテント生地の詳細やみんなが購入しているタープについても詳しくご紹介します。

テントを種類で選ぶときの観点

テントは、形状や用途などによって様々な種類があります。選ぶときに基準にしたい4つのポイントを以下で詳しくご紹介します。

用途

テントは用途に見合った種類を選びましょう。キャンプで本格的な宿泊目的か、あるいは休憩目的や天候対策といった状況によっても選ぶテントは変わります。また車でのレジャーか、ツーリングのようなバイクでのアクティビティかも大きく関係するでしょう。さらにテントを使用する場所が整備されたキャンプ施設かあるいは自然環境かということもしっかりと把握してくことが大切です。

人数

テントで寝る人数に合わせたサイズを選びましょう。収容可能人数はギリギリではなく、ゆとりのあるサイズを用意することで使い道が広がるというメリットがあります。また習慣的に身軽でキャンプに出掛ける人は、コンパクトタイプもチェックするとよいでしょう。

形状

テント選びで重要なポイントに形状があります。同じ収容人数のテントでも形状により広さが変わるほか、組み立て方の容易さにも左右されます。さらにオートキャンプ、テント単独設置などテントを張る状況も踏まえての形状選びが必要となります。

生地

主に自然環境で使用するテントに重要なのが生地の耐水性です。耐水圧の単位で1500mmあたりがボーダーラインになり、1500mm以下で雨漏りの可能性、耐水圧が高すぎると結露を発生しやすくなります。テント選びでは繊維の種類や耐水圧にも注目してみましょう。

テントの形状の主な種類

テントは、用途や収容人数など条件により様々な形状があります。一般に広く用いられているテントの形状をそれぞれ解説します。

ドームテント

軽量で、テント内のスペースが広いのがドーム型の特徴。2本のポールを交差させ、テントを立ち上げて設営でき、一般的に広く使用されているタイプです。キャンプ初心者から上級者まで人気のある定番型といえるでしょう。

ツーリングテント ALRPの特徴

おすすめ用途 宿泊
対応人数 1-2人
生地 フライシート:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーディング)インナー:ポリエステル、フロア:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)

ツールームテント

テントとタープが合体した二部屋構造がツールームテントと呼ばれるものです。通常、居住空間とインナーテントに別れ複数人でも使いやすいのが特徴。ファミリーキャンプやグループに重宝する大きさです。仲間や家族と一緒にテントを設営すれば、イベントの雰囲気がさらに盛り上がります。

キャタピラー2ルームシェルター用 インナーテントの特徴

おすすめ用途 宿泊
対応人数 4人
生地 インナー:ポリエステル、フロア:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)

ワンポールテント

中央に1本ポールを立て、屋根部分を立ち上げて設営するタイプのテント。手狭な場所にも設営できるコンパクトさやおしゃれな三角形のフォルムで人気があります。またパーツが少なく持ち運びやすいことから、デイキャンプやソロキャンプでも活躍するテントです。

TB ワンポールティピーの特徴

おすすめ用途 宿泊
対応人数 3-4人
生地 フライシート:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)インナー:ポリエステル、フロア:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)

トンネルテント

ツールームテントと構造はほぼ同じで、タープ部分はすべてメッシュになりトンネルのような使い方ができるのが特徴。幕面の内側がブラックコーティングになっていることで遮光性が向上。高さがあり通気性が調節できることから季節を問わず活躍するテントです。

グラムキャタピラー2ルームシェルターの特徴

おすすめ用途 宿泊
対応人数 4名
生地 フライシート:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)インナー:ポリエステル、フロア:ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)

簡易シェルター

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ポップアップシェルターテント II

シェルターとは、四方を囲うことでスペースを確保できるものの、地面部分が覆われていないタープのような用途のものを指します。設営が簡単で、日差しや風除けなど宿泊以外の一時的な目的で使用されることがほとんどです。通常、ワンタッチ式で開くタイプが多く、道具がなくても設営できるのがメリット。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ポップアップシェルターテント IIの特徴

おすすめ用途 宿泊/デイキャンプ
対応人数 1人
生地 フライ/ポリエステル(裏面:ポリウレタンコーティング)、インナー/ポリエステル、フレーム/スチールワイヤー

テントの生地の種類

テントは、主にポリエステルやナイロンといった化繊から、コットンやポリコットンといった天然素材や混紡など様々な繊維が使用されています。それぞれの特徴について解説します。

ポリエステル

テント素材でポリエステルは、最も一般的に使用されている繊維です。オートキャンプ用として販売される約90%がナイロン製と言われ、軽くて強度にも優れている特性があります。

ナイロン

ナイロンは非常に軽量で、荷物を担いで登る登山用のテント素材として奨励されています。伸縮性と耐久性に優れていることから、風や天候変化にも対応することができます。ただし、ポリエステル製と比較するとコストがアップします。

コットン

コットンは、通気性がよく吸水性に優れるほか、水にも強くやわらかな自然の風合いがあります。水を吸収することで耐久性が上がり、同時に耐可燃にも効果を発揮するため、ファンが多い素材でもあります。しかし、速乾性がないことや水で重くなるため手入れと扱いに注意が必要です。

ポリコットン

ポリエステルとコットンをミックスしたポリコットンは、ポリのように軽量で耐水性に優れ、コットンのように通気性と耐可燃性の高い素材です。両素材の長所を兼ね備えたポリコットンのタイプは、多湿な日本の天候に適した素材といえます。

合わせてチェックしたいタープの種類

テントを屋外で使用する際に、持っていると便利なアイテムがタープです。タープは、基本的に場所をカバーする目的で設営されるもので、四方を囲まないためテントのように出入口が限定されるものではありません。タープは主に、独立テントと一緒に利用することで、雨や風、日差し除けとして活用するのが一般的。以下でタープの種類について詳しく見ていきましょう。

レクタタープ

長方形の布型のタープをポールとロープで支えるタイプのタープ。タープの張り方やポールの本数によって、設営をアレンジできるメリットがあります。四方をロープで引っ張り固定するため使用面積が広く、ファミリーキャンプや複数人でのレジャーに活躍するアイテムです。

ヘキサタープ

六角形の布型のタープを2本のポールとロープで支えるヘキサタープ。4点の長方形型と比較して高さを確保できるため、カーサイドのタープとしても利用が可能。設営は簡単なので、慣れれば1人で設置することができます。

ウィングタープ

ひし形のタープを2本のポールとロープで支えます。小ぶりのタープなので、狭小エリアでも簡単に設営できるのがメリット。ソロキャンプやお家キャンプ、日帰りレジャーでも活躍するタープです。

テントの種類に迷ったらTARAS BOULBAをチェック

テントには、素材、形状、人数別など様々なタイプがあります。自分にベストなテントに出会うために、テント別の特徴やテント選びの観点を参考にしてみてください。

TARAS BOULBAには、タイプ別のテントを数多く取り揃えています。テント選びに迷ったらまずはTARAS BOULBAショップをチェック。持っていると便利なタープもこの機会に一緒にチェックしてみてください。

【アウトドア系趣味一覧】一人でも大勢でも楽しめるスタイルを種類別に解説
2022/01/21 00:00

【アウトドア系趣味一覧】
一人でも大勢でも楽しめるスタイルを
種類別に解説

アウトドアで楽しむ趣味が注目されています。自然の中で過ごしたりアウトドアのスポーツを楽しんだりと、アクティビティに時間をついやす人が増えてきました。ここでは、アウトドアで楽しめる様々な趣味の魅力をはじめ、一人や複数人でも満喫できるアウトドア系の趣味についてご紹介します。

アウトドア系趣味の魅力

アウトドア系のアクティビティの趣味には様々な魅力があります。チャレンジすることでメリットとなる理由をご紹介します。

健康に良い

アウトドアを取り入れる最大の魅力は、運動不足の解消です。体を動かすことで、ボディメイクや健康維持が期待できます。また太陽光を浴びるだけで、体内時計を整えたり、ビタミンD生成を促進したりと健康維持のための恩恵を受けることができます。

自然を満喫できる

アウトドアでは、季節の変化を感じ、自然を味わえるのも魅力の一つです。都会では気が付かない桜の開花や、木々の紅葉など季節の移り変わりを身近に感じることができます。またマイナスイオンを含む森林の空気は、新陳代謝や血液の浄化にも良い効能があるといわれ、健康促進に役立ちます。

一人でも複数人でも楽しめる

アウトドアは、1人でも大勢でも充実した時間を過ごせるのがメリット。身近で楽しむ菜園から仲間と一緒のキャンプや登山まで、趣味を通じて交友関係を深めることも可能です。また普段とは違う自然環境に出かけることで、家族や友達とよい思い出を築くことができるでしょう。

自然系アウトドア趣味5選

自然系のアウトドア趣味は年々人気が高まっています。いま注目されているアウトドアがどんな理由で支持されているのか、趣味を取り入れるメリットなどについて掘り下げてみましょう。

キャンプ

キャンプのメイン要素は、アウトドアでリラックスできることです。静かな自然環境の中に身を置くことで、きっとリフレッシュできるはずです。またキャンプでは日常の便利さから離れ、火起こし、飯ごう炊飯などスキルを身に着けることも可能。時間に追われることなく一人で、あるいは友達や家族と一緒に、アウトドアでの特別な時間を過ごせます。

登山

登山の醍醐味は、自然豊かな絶景を味わえるところにあるでしょう。登山では、勾配の上下から心肺機能を鍛えるほか、体力を向上することができます。頂上に上り詰めた時の達成感は、趣味といえどもライフコンセプトのモチベーションアップにもつながります。

釣り

釣りは、1人でも楽しめる気軽さに人気があります。季節によって釣れる魚にも変化があるため、仕掛けやえさにも工夫が必要。釣った魚の処理やさばき方、調理法なども身に着けることができ料理好きには絶好の趣味といえます。釣りを通じて気の合う仲間が広がることもメリットですね。

家庭菜園

家庭菜園は、小スペースでも楽しめるのが魅力です。家庭で簡単に新鮮な野菜を食べられるだけでなく、珍しい植物を育てれば日々の食事にアクセントを加えられます。お子さんのいるご家庭であれば、野菜の観察を通して植物を学ぶ機会となり、身近な自然学習としても魅力的です。

天体観測

天体観測は、1人でも楽しめる魅力があります。天体や宇宙といった未知の世界の探求は、ロマンを掻き立てる想像の世界に浸ることができるでしょう。星空の変化を堪能するだけでなく、写真に残すなど趣味としての幅が広がるのも天体観測のメリットです。

スポーツ系アウトドア趣味5選

アウトドアの趣味ではスポーツ系のジャンルも見逃せません。健康のための軽いタイプから娯楽性の高いゲーム系のアウトドアアクティビティまで、人気のスポーツ系アウトドアをご紹介します。

ジョギング&ウォーキング

ジョギングやウォーキングは、健康を維持できる身近なアウトドアスポーツといえます。目標を掲げることで、成長実績や達成感が得られるのもメリット。通年にわたりコンスタントに実行できれば、自然や季節の変化を感じられるのも魅力です。また、初期投資が少なく始められるのも人気の秘密といえるでしょう。

サイクリング

サイクリングは、足腰の運動になり体力が向上します。サイクリング用の自転車には、ロードバイク、マウンテン、クロス用など様々なタイプがあり、初心者から本格派まで幅広く楽しむことができます。通勤や通学時間を利用して取り入れられ、わざわざ郊外へ出なくても楽しめる気軽さが趣味にピッタリです。

ゴルフ

ゴルフは、人間関係を築くきっかけになるツールとしても有効なスポーツです。スコア上達のための練習を重ねたり、コースを回ったりとゴルフを中心にした生活リズムをエンジョイする人も多いのが特徴です。また、体力面だけでなく精神面でも鍛えられる大人のスポーツ系趣味といえるでしょう。

ボルダリング

ボルタリングは、2020年オリンピックの新競技に選出されたことで人気が高まっているスポーツです。ロッククライミングとは異なり屋内ジムで楽しめるため、仕事帰りにも立ちよれる気軽さがメリット。全身を使いインナーマッスルを鍛える作用があり、シェイプアップにも効果があります。一人でもグループ参加でも充実感の得られるスポーツ系趣味です。

サバイバルゲーム

エアガンなどを使って戦闘疑似体験ができるサバイバルゲームに、近年注目が集まっています。対戦型でチームワークを要する競技性の高さから、ストレス発散に効果があるといえそうです。フィールド上で広範囲にわたり対戦を行うため、運動不足の解消になり、戦闘ゲームを通じた交友関係の広がりも期待できます。

レジャー・飲食系アウトドア趣味5選

アウトドアの趣味では、トラベル関連も需要の多いジャンルです。飲食やレジャーを絡めたアウトドア系の趣味について詳しく見ていきましょう。

旅行

旅行は、予算や気分に合わせて場所を決められる柔軟性があります。旅先での新しい物や人との遭遇は、旅の醍醐味といえるでしょう。また、旅行は一人でも複数人でも楽しめるのもポイントで、マンネリ化した日常に良い刺激と思い出を加えることができます。

カメラ

カメラは、アウトドア系でもアマチュアからプロレベルまで深い層で形成されているカテゴリーです。被写体の魅力を満喫できるのはもちろんのこと、記録したい瞬間を残せる貴重性があります。カメラ趣味を持つ人は、スキルの上達とともにカメラ性能を深く追求することも多く、生涯をかけて楽しむ傾向もみられます。また撮影できるテクニックを持っていれば、行楽やイベントなどで人から喜んでもらえるメリットも。

BBQ

アウトドアの食事で人気なのがBBQ。火起こしや火加減調節など、屋外での調理はアドベンチャー感覚が楽しみを増してくれます。家族や友達と囲むBBQで、友好を深めたり印象に残る思い出ができたりすることもあるでしょう。BBQで本格的な料理に目覚める、あるいは食材の知識が豊富になるなど、食文化に精通するきっかけとなる魅力もあります。

カフェ巡り

カフェ巡りは、ミニアウトドア感覚で楽しめる趣味といえます。美味しいコーヒーやスイーツを味わえ、一人でも複数人でも満喫できる魅力があります。新カフェの発掘や新メニューの体験など、なじみのエリアで散策することも可能。口コミサイトを活用するなどコミュニティとのインタラクティブな活動も楽しみの一つです。

パワースポット巡り

パワースポット巡りは、旅行とパワーチャージが一緒にできるアウトドア趣味といえそうです。土地の歴史や言い伝え、周辺の観光スポットに詳しくなるだけでなく、ご当地物産などにも出会えるチャンス。スピリチュアルな体験で、非日常を味わうことができるでしょう。

アウトドア系趣味を満喫するならTARAS BOULBA

日本発TARAS BOULBAは、アウトドアを趣味とする人のサポートをする歴史あるアウトドアブランドです。キャンプ用品やクックウェア、キャンピングアクセサリーやアウトドアファッションまで、取りそろえるアイテムは1500以上。こんな時にあったら嬉しいを叶えるアウトドアの強い味方です。アウトドア系の趣味を満喫したい人は、ぜひ一度チェックしてみてください。