他の記事を選ぶ

【初心者も安心!登山の初め方ガイド】最適な服装・装備やおすすめの山10選
2021/01/29 00:00

【初心者も安心!登山の初め方ガイド】
最適な服装・装備やおすすめの山10選

【初心者も安心!登山の初め方ガイド】最適な服装・装備やおすすめの山10選

登山の魅力や楽しみ方とは?

登山の魅力や楽しみ方とは?

たくさんの魅力や楽しみ方がある山登り。自然の空気を吸って吐いて、汗を流しながら山を登っていくことで、日常のストレスから解放され、心も体もリフレッシュできます。頑張って山頂に着いたときには、普段の生活では得難い充実感や達成感が感じられるでしょう。

それだけでなく、山頂まで長時間歩き続けることで、体力強化や基礎代謝の向上など、楽しみながら健康面でプラスの効果が期待できる点も登山の魅力といえます。
また、登山では他の登山者とすれ違ったり会話したりすることもあります。そこにしかない出会いや、会話をきっかけに登山仲間ができることも山登りの楽しみの1つです。

初心者の方は、登山を始める前に服装や装備、山選びのポイント、マナーなどを押さえておくと良いでしょう。以下で詳しく解説します。

登山初心者に必要な服装や装備とは?

登山初心者に必要な服装や装備とは?

まずは、登山初心者が用意しておきたい服装や基本装備を以下にまとめました。

最初に揃えておきたい登山の基本装備

  • ・トレッキングシューズ
  • ・雨具(レインウェア)
  • ・ザック
  • ・帽子
  • ・ウェア
  • ・ヘッドランプ など

トレッキングシューズは、山登り専用に設計されており、斜面や凹凸の多い山道を快適に歩くために必須のアイテムです。靴底が厚く硬いものがおすすめです。ハイカットタイプなら足首までサポートしてくれるので捻挫防止にも効果が期待できます。

変わりやすい山の天気に、雨具を備えておくことも大切です。
山では、最初は晴れていたのに途中で急に雨が降り出した、といったことも起こります。そんな時、雨具をザックに忍ばせておけば安心です。また、雨具は防寒具としても利用できるメリットがあります。

登山では途中に買い物できる場所がない場合も多く、食糧や飲み物などを持参しなければいけません。ザックを用意しておけば、必要な荷物をまとめて入れておけます。日帰りなら20~30L、山小屋に泊まるなら30~40Lくらいのものがおすすめです。

頭部を小枝などから保護したり、紫外線から守ったりするために、涼しい環境でも帽子を被っていくことを忘れないようにしましょう。

長時間体を動かす山登りでは、吸湿速乾、通気性に優れた服装が最適。また、夏場でも高山や高原は気温が低いため、重ね着できるフリースなどの防寒具を用意しておくと体温調節がしやすく安心です。特にズボンは動きやすく、ストレッチが効いたものがよいでしょう。

日帰りでもヘッドランプは必須です。日が暮れてくると、山の中は一気に暗くなります。周囲や足元がよく見えないと怪我につながる恐れがあるため、ザックに入れておきましょう。最初は普段着でも登れる山から始めて、登山を続けたいと感じたら、登山レベルや必要に応じてアイテムを揃えていくと良いでしょう。

登山ウェアの基本は3つのレイヤリング!

  • ・ベースレイヤー
  • ・ミドルレイヤー
  • ・アウターレイヤー

登山では標高100m程度の差で、気温は0.5~0.6℃も違ってきます。また、汗が蒸発すると体温が奪われてしまうため、体温調節ができないと低体温症などのリスクも高まります。そのため、冬場だけでなく夏場でも重ね着して体温調節を行うことが重要です。登山ウェアの基本は、上記で紹介した3つのレイヤリングです。

ベースレイヤーは、汗で体が冷えないように吸湿速乾性の高い素材が最適。綿は乾きにくいので避けましょう。
ミドルレイヤーは保温力の高いものがおすすめです。ただし、厚みがありすぎると重ね着しづらいので薄手のフリースやウール地のものを選ぶと良いですよ。
アウターレイヤーは、ベースレイヤーとミドルレイヤーの熱を外に逃さない役割があります。風や雨に強い素材を選んで、悪天候で体温が奪われるのを防ぎましょう。

季節に合わせて登山ウェアを選ぶ

季節によってレイヤリングのポイントは変わります。春秋は、ベースは長袖で中厚くらいの肌着が良いでしょう。ミドルは寒さ対策としてフリースなどで保温力を高める必要があります。

アウターは防風性・撥水性・通気性に優れ、ストレッチ性も高いソフトシェルや化繊インサレーションがおすすめです。汗をかきやすい夏のベースは、速乾性の高い化繊の半袖で汗を素早く外に逃しましょう。
ミドルは吸湿性の高い薄手のシャツなどがおすすめ。アウターはフリースや雨具をザックに入れておくと、天候が変わったり、山頂が思ったより寒かったりしたときに役立ちます。
寒さの厳しい冬はベースの肌着を2枚重ねにしたり、吸湿速乾性の高いウール素材で体が冷えないようにします。ミドルは薄手で軽量なダウンジャケットなどが保温力を高めてくれます。

アウターはゴアテックス素材などの透湿性と防風性に優れたハードシェルを選ぶことで、汗を外に逃しながらも外気をシャットアウトし体温を維持できます。

<ベースレイヤー>

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/裏起毛長袖ハーフZIPシャツ

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/裏起毛長袖ハーフZIPシャツ

裏起毛ストレッチ生地を使った春秋のベースレイヤーにおすすめの1枚。暖かく着心地が良い素材を使用しているので長時間着用してもストレスがありません。汗で気になる臭いも、脇下に消臭テープが使われているので安心です!

MILLET(ミレー)/DRYNAMIC MESH SS

MILLET(ミレー)/DRYNAMIC MESH SS

疎水性が高く熱伝導率の低い素材を採用した、汗による冷えと不快感を軽減するアンダーウェア。汗を素早く吸収し上位のベースレイヤーに拡散、ドライ感が持続します。体を冷やさず、安全快適な登山を楽しむための1枚です。

<ミドルレイヤー>

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/サーモライト長袖チェックシャツ

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/サーモライト長袖チェックシャツ

体から発せられた熱を逃さない、過酷な環境でも優れた保温性を発揮するサーモライトを採用した長袖シャツ。汗を素早く外へ逃がし、汗冷えから体を守り、快適な体温を維持してくれる優れものです。登山やアウトドアにぴったりですよ。

MILLET(ミレー)/ALPHA LIGHT SWEAT CREW M/アルファ ライト スウェット クルー

MILLET(ミレー)/ALPHA LIGHT SWEAT CREW M/アルファ ライト スウェット クルー

圧倒的な汗処理性能を持つ中綿を、速乾性に優れた素材で挟んだ、アクティブシーンで快適さを持続するスウェットシャツ。薄手でストレッチ性にも優れているため、多彩なレイヤリングパターンが可能です。天候や気温に合わせて重宝する、持っておきたい1枚といえるでしょう。

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)/
Mountain Versa Micro Jacket (マウンテンバーサマイクロジャケット)

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)/ Mountain Versa Micro Jacket (マウンテンバーサマイクロジャケット)

軽量で優れた保温性を発揮するマイクロフリースを採用したジャケット。ザックを背負うことを考慮し、肩部分にはナイロン生地を使用しています。静電気ケアも施されており、アクティブシーンで長く使える中間保温着です。

<アウターレイヤー>

MILLET (ミレー)/ TYPHON 50000 ST JKT

MILLET (ミレー)/ TYPHON 50000 ST JKT

20,000mmという高い耐水性と、50,000g/㎡/24hの最高度の透湿性を両立したジャケット。悪天候でも服の中をドライに保ってくれます。適度なストレッチ性も備え、登山やアウトドアでも自然な着心地で動きを邪魔しません。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マウンテン シェルフーディジャケット(ZIPCONNECT)

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マウンテン シェルフーディジャケット(ZIPCONNECT)

耐水圧12,000mm、透湿度16,000g/㎡/24hの高耐水透湿ジャケット。雨風の侵入を防ぐため、フロントは2重フラップに、首回りの縫い目にはシームテープを施し、防水処理がされています。急な天候の変化にも対応してくれる安心のアウターです。

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)/ MOUNTAIN JACKET (マウンテンジャケット)

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)/ MOUNTAIN JACKET (マウンテンジャケット)

1985年以来改良が重ねられてきた、THE NORTH FACEを象徴する山岳用アウターシェル。服の中が蒸れないよう、効率的に湿気を排出し快適さを維持してくれます。中間着を合わせても動きやすいゆとりのあるシルエットで、秋冬シーズンに大活躍の1枚です。

登山初心者に最適なシーズンとは?

四季によって違う表情を見せる自然を感じられるのも、登山の魅力です。
初心者には春から秋にかけての登山がおすすめ。低山なら5月にもなれば若葉や春の花を楽しむことができ、歩くと軽く汗ばむくらいの陽気になることもあります。

ただし2,000mを超える標高では5月でも雪山なので、初心者には厳しい環境です。低くて雪のない山を選ぶことが重要といえます。夏シーズンの魅力は2,000~3,000m級の高山で本格的な登山にチャレンジできるところでしょう。

高所でしか見られない高山植物なども楽しみの1つです。ロープウェイやバスを利用して標高の高いところからスタートすることもできるので初心者の方も高山を楽しむチャンスですよ。しかし、夏でも雨が降れば低体温症になる恐れがあります。防寒対策や雨具の準備は怠らないよう注意が必要です。

また、急な雨が降った場合を考えていつでも登山を中止できるコース選びも重要になります。秋は鮮やかな紅葉が楽しめる季節です。9月下旬~10月くらいまでは天気も安定しやすく山登りには絶好の環境となります。
ただし秋の序盤は台風通過や秋雨前線などで天候が不安定になりがちです。局地的な大雨なども発生する可能性があるため、山登りには向かないことを覚えておきましょう。

また、10月以降は高山で降雪、積雪が見られます。初心者には高山への登山が難しくなるため、山選びは低山で雪がないところを注意して選びましょう。冬シーズン登山は上級者向けです。雪山では積雪でルートが分からなくなったり、急な吹雪で視界が極端に悪くなったりといったさまざまな危険が身近に潜んでいます。しっかりとした知識と経験がない初心者は遭難や行動不能になるリスクが高まるため、初心者には冬シーズンの登山は非常に難しいものといえるでしょう。

登山初心者におすすめの山とコース選びのポイント

初心者が登山を始めるにあたって、どれくらいの高さの山を選べば無理なく楽しめるか、選び方が分からない方もいるのではないでしょうか。

初心者が山を選ぶ際注意したいポイントは以下の3つです。

  • ・歩行時間と歩行距離
  • ・標高差
  • ・他にも登山者がいる人気の山

レベルに合った歩行時間と歩行距離が大切

初心者には無理なく日帰りできる登山がおすすめ。そのためにはレベルに合った歩行時間・距離で山を選ぶと良いでしょう。なお、距離が同じでも、標高や地形などの条件によって時間は変わってくるので、歩行時間を目安とした方が初心者にはイメージしやすいかもしれません。1日の歩行時間が3~4時間程度までが初心者向けの山の目安となります。

標高差が高くない山を選ぶ

標高差とは、登山口と山頂の標高の差を指します。標高自体を目安にするより、標高差の大きさが登山レベルを左右することが多いので注意しましょう。初心者は標高差600m以内を目安にコース選びをすると1日の歩行時間を3~4時間程度に留めることができます。

人気の山を選ぶ

登山本やガイドブックなどを参考にすると、初心者におすすめの山がたくさん紹介されています。なるべく観光地や初心者に人気の山から選ぶと、無理なく登山を楽しめるでしょう。

【エリア別】登山初心者におすすめの山10選

関東・関西・東海の3エリアに分けて、登山初心者におすすめの山を厳選してご紹介します。

【関東エリア】初心者登山におすすめの山6選

【東京都】高尾山

【エリア別】登山初心者におすすめの山10選

都心から約50kmでアクセスも良い高尾山。「関東の富士見100景」にも選定されており、山頂からは美しい富士山を眺めることができます。1号路はケーブルカーで途中まで登れるうえ、トイレも設置されているので初心者でも手ぶらで登りやすいのが特徴です。

  • 標高:599m
  • アクセス:京王線高尾山口駅
  • 住所:〒193-0844 東京都八王子市高尾町

【東京都】御岳山

【東京都】御岳山

古くから霊峰として知られる御岳山。御岳山ハイキングコースは、ロックガーデンや七代の滝、武蔵御嶽神社など見どころも豊富です。野鳥や昆虫、植物なども多く見られるため、春から秋にかけて豊かな自然を楽しめます。

  • 標高:929m
  • アクセス:JR青梅線御嶽駅で下車→西東京バス御岳駅よりケーブル下バス停で下車→ケーブルカー滝本駅より御岳山駅で下車
  • 住所:〒198-0175東京都青梅市御岳山

【茨城県】筑波山

【茨城県】筑波山

「西の富士、東の筑波」と称される、日本百名山にも登録されている筑波山。筑波山の魅力を満喫できる、女体山頂を目指す白雲橋コースがおすすめです。弁慶七戻りや北斗岩といった摩訶不思議な奇岩怪石スポットも楽しめますよ。

  • 標高:877m
  • アクセス:JR常磐線土浦駅より路線バスにて筑波山口で下車
  • 住所:〒300-4352 茨城県つくば市筑波

【栃木】那須岳

【栃木】那須岳

日本百名山にも名を連ねる、関東を代表する活火山である那須岳。主峰の茶臼岳は、山頂まで登れば雄大な景色だけでなく、大迫力の噴煙も眺めることができます。ロープウェイで9号目まで登れるので、2,000m近くある山頂まで気軽に挑めるのも魅力です。

  • 標高:1,917m
  • アクセス:東北本線黒磯駅より路線バスにて山嶺駅下車
  • 住所:〒325-0111 栃木県那須塩原市板室

【群馬】赤城山

【群馬】赤城山

最高峰の黒檜山を中心に豊富な登山ルートを持つ、初心者から登山愛好家まで幅広く人気を集める赤城山。地蔵岳山頂からの絶景が楽しめる地蔵岳・見晴山コースは、歩行時間2.5~3時間程度で、登山初心者におすすめです。

  • 標高:1,828m
  • アクセス:上毛電鉄前橋中央駅よりバスにて赤城山ビジターセンター下車
  • ※土日祝日のみ直通バス運行。平日は富士見温泉下車後、赤城ビジターセンター行きに乗り換えが必要です。
  • 住所:〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山

【埼玉】宝登山

【埼玉】宝登山

497mの低山で、初心者登山にぴったりの宝登山。桜の名所としても知られており、他にもツツジやしゃくなげなど、季節によって美しい花や紅葉を楽しむことができます。宝登山ハイキングコースは急勾配の道も少なく、家族連れでも気軽に登山を楽しめるおすすめコースです。

  • 標高:497m
  • アクセス:秩父鉄道長瀞駅下車徒歩20分
  • 住所:〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞

【関西エリア】初心者登山におすすめの山2選

初心者登山におすすめの関西エリアの山を2つご紹介します。

【兵庫県】六甲山

【兵庫県】六甲山

阪神間の市街地すぐ北に位置する、東西約30kmの山塊が六甲山。駅からすぐ登山に向かえるコースがたくさんあります。初心者向けの登山コースとしては、妙高院の先の登山口から摩耶山頂を目指すルートや、有馬温泉を起点に六甲山上を目指すルートがおすすめです。

  • 標高:931m
  • アクセス:JR神戸線六甲道駅より神戸市バスにて六甲ケーブル下駅
  • 住所:〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町

【滋賀県・岐阜県】伊吹山

【滋賀県・岐阜県】伊吹山

新・花の百名山にも選ばれている伊吹山。季節の花々や紅葉、登山道から見える琵琶湖など見どころ満載です。定番の伊吹山登山口コースや上平寺コースなら日帰りも可能です。高山ではありませんが、しっかりとした装備で臨みましょう。

  • 標高:1,377m
  • アクセス:JR東海道本線近江長岡駅より近江鉄道・湖国バスにて伊吹登山口
  • 住所:〒521-0312 滋賀県米原市上野

【東海地方エリア】初心者登山におすすめの山2選

初心者登山におすすめの東海地方エリアの山を2つご紹介します。

【愛知】猿投山

【愛知】猿投山

豊田市の北西部に位置する猿投山は、古くから霊山として知られています。東海道自然道の1つでもあり、史跡に富んだ猿投神社や、二ツ釜滝、菊石など見所も豊富です。途中まで車で登ることもできるので、初心者にもチャレンジしやすいですよ。

  • 標高:629m
  • アクセス:名鉄豊田線豊田市駅より名鉄バスにて猿投神社前バス停下車
  • 住所:〒470-0361愛知県豊田市猿投町鷲取

【岐阜】乗鞍岳

【岐阜】乗鞍岳

主峰の剣ヶ峰をはじめ、23の峰からなる乗鞍岳。登山口の畳平から1時間半ほどで山頂まで登ことができ、初心者にも気軽に登れる高山として人気です。日本の滝100選の1つ、三本滝や透き通った青色が特徴の鶴ヶ池、コバルトブルーの火山湖、権現池など山頂までにいくつもの絶景を楽しむことができます。

  • 標高:3,026m
  • アクセス:各方面より高速バスにて平湯バスターミナル下車。乗鞍スカイライン・シャトルバスにて畳平へ
  • 住所:〒506-2254 岐阜県高山市丹生川町岩井谷

山歩きのルールやマナーを押さえておこう

山歩きのルールやマナーを押さえておこう

山歩きを安全に楽しむためにも、山でのルールやマナーを押さえておきましょう。登山道では他の登山者とすれ違うこともしばしば。すれ違いは登り優先がマナーです。道を譲る際は山側に寄るようにしましょう。また、日が落ちてくると登山の危険性は一気に高まります。登頂が難しい場合は引き返すことも大切です。そういった事態に備え、日帰りでもヘッドランプは必ず持っていきましょう。

もし登山で道に迷った際は、位置が確認できる場所まで必ず引き返すことが重要です。出発時間を早めにスケジューリングしておくことで、余裕を持って安全に目的地まで向かうことができます。事前に天気予報を確認し、天候が悪くなるようなら登山を中止しましょう。予報が快晴でも雨具は忘れず準備しておくことで、変わりやすい山の天気にも対応できます。

初心者の一人登山は危険?

単独での登山は多くの危険があるため、特に初心者にはおすすめできません。まず、道に迷う危険があります。単独登山では1人でルートを選び、地図を読みながら山頂を目指すことになりますが、山のレベルが上がると登山道がないなど道に迷うリスクは高まります。

また、登山では常に怪我のリスクと向き合うことになるので、怪我をした際、1人では自力で手当てをして下山しなければなりません。この他にも単独登山には多くの危険が潜んでいます。
どうしても単独で山に登りたいという方は、標高が低く歩行時間が短いルートがある山を選びましょう。登山道が整備され、登山者が多い人気の山であれば、リスクも少なく単独でもチャレンジすることが可能です。ただし、装備や服装はきちんと揃え、準備を怠ることのないようにしましょう。

初心者なら、登山ツアーもおすすめ!

初心者なら、登山ツアーもおすすめ!

初心者でも、単独で気軽に参加できるのが登山ツアーです。同じくらいのレベルの登山者と一緒に登山を楽しむことができ、技術を学べるような内容のツアーもあるので1人で始めるよりもおすすめです。

ツアーをきっかけに登山仲間ができるかもしれませんね。ツアーの中には、山行計画や装備などの基本から学べるものから、人気の百名山を登る、テント泊で縦走を経験したい方向けなどさまざまなツアーがあります。ご自身のレベルにあったツアーを選ぶことで、楽しみながら経験を積むことができるでしょう。

安全に注意して、初めての山を楽しもう!

今回は初心者でも安心の、登山の始め方について解説しました。ここでご紹介した、登山に最低限必要な基本の服装や装備、初心者でも楽しめるおすすめの山を参考に、ぜひ初めての登山が楽しいものになるよう計画してみてくださいね。山でのルールやマナーを守り、安全に十分注意して山を楽しみましょう!

  • キーワードで選ぶ:
ヨガウェアのおすすめ19選|初心者も安心の選び方&おしゃれ人気ブランドまで
2021/01/07 00:00

ヨガウェアのおすすめ19選
初心者も安心の選び方&おしゃれ人気ブランドまで

ヨガウェアのおすすめ19選|初心者も安心の選び方&おしゃれ人気ブランドまで

ヨガウェアの選び方|4つのポイント

ヨガウェアの選び方|4つのポイント

ヨガウェアを選ぶ際、注意したいポイントは以下の4つです。

  • ・動きやすいもの
  • ・体を締め付けないもの
  • ・動いた時に袖元や襟がはだけないもの
  • ・通気性や吸汗速乾性に優れたもの

上記ポイントについて、詳しく解説していきます。

動きやすいもの

ヨガはツイストや全身を伸ばすなど、さまざまな動きがあります。そのため、トップスは肩まわりが自由に動かせるものを選ぶとよいでしょう。ボトムスは膝や股関節周りを動かしやすいものを選ぶと、ヨガの基本の座りである「安楽座のポーズ」などが楽に行えますよ。

体を締め付けないもの

リラックスを目的としたヨガでは、ゆったりとしたウェアを選ぶのがおすすめです。例えば、ワイヤーなしのブラカップは胸の締め付けをなくしてくれます。また、開脚した際につっぱりを感じないボトムスを選ぶことで、衣類の締め付けによる違和感を最低限にできます。

動いた時に袖元や襟がはだけないもの

ヨガでは逆立ちや「ダウンドッグ」のような下向きポーズなど、肌がはだけやすい動きもあります。トップスは襟元や袖がはだけず、お腹まわりがフィットして隠せるものがよいでしょう。また、ボトムスはお腹やお尻を隠せるハイウエストのものを選ぶと、動いた時にうっかり肌が見えてしまう心配もなくなります。

通気性や吸汗速乾性に優れたもの

リラックス系、アクティブ系など問わず、ホットヨガの場合や汗をかきやすい方は、通気性や吸汗性は特にチェックしておきたいポイントです。消臭効果が期待できるものもあるので、気になる方は消臭機能の有無についても確認しておきましょう。

レディース向け!おしゃれで機能的なおすすめヨガウェア

レディース向けのヨガウェアには、トップス、タンクトップ、キャミソール、ブラトップやレギンス、ロングパンツなどがあります。以下、レディース用ヨガウェアを厳選してご紹介します!

トップス

ヨガトップスには、Tシャツやタンクトップ、ブラトップなどの種類があります。リラックス感を重視したいならゆったり着られるTシャツタイプ、アクティブに楽しみたいならタンクトップやブラトップなどを選ぶとよいでしょう。女性用のトップスを選ぶ際は、動きやすさやフィット感はもちろん、裾がめくれにくいかなどにも注意する必要があります。肌を隠したい人はしっかり隠せる丈か、ウエストで調節可能かなどもチェックしておきましょう。

【半袖Tシャツ】

HeM sports(ヘムスポーツ)/DTE袖ラップTシャツ

ヨガウェアの選び方|4つのポイント

ベーシックなクルーネックのTシャツ。パンツとのバランスがよい、少し長めの丈感です。さらりとした着心地でアンダーウェアを気にせず軽く着られます。汗をかいてもすぐに乾くので、ヨガウェアとして重宝すること間違いなしです!

DANSKIN(ダンスキン)/HEATHER GRAPHIC FRENCH

DANSKIN(ダンスキン)/HEATHER GRAPHIC FRENCH

吸汗速乾、UVケア(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)機能を備えた素材で、ヨガだけでなく、さまざまな運動におすすめのフレンチスリーブです。ナイロン混紡のなめらかな風合いが着心地よく、リラックスしてヨガを楽しめるでしょう。

【長袖Tシャツ】

DANSKIN(ダンスキン)/YOGI CLOTH FLARE TOP

DANSKIN(ダンスキン)/YOGI CLOTH FLARE TOP

UVケア(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)、吸汗速乾機能のほか、薄くソフトな風合いがヨガにぴったりのロングスリーブカバーアップ。バックスタイルのギャザーとフレアな裾が特徴です。裾のコードを絞ることでめくれ上がるのを防いでくれます。

NIKE(ナイキ)/ウィメンズ ヨガ レイヤー L/S トップ

NIKE(ナイキ)/ウィメンズ ヨガ レイヤー L/S トップ

通気性の高い柔らかな素材に速乾性テクノロジーを追加した、快適性が持続するナイキのヨガトップス。開いたネックラインと裾の大きなベントで自由な動きを可能にします。1枚でもレイヤーでも決まるデザインで、着こなしの幅も広がります!

【タンクトップ/キャミソール】 

Suria(スリア)/ダイパターンブラ

NIKE(ナイキ)/ウィメンズ ヨガ レイヤー L/S トップ

タイダイ風のプリントが個性的なブラ。派手になりすぎず人と差がつくデザインで、少し長めの着丈がハイウエストのボトムスと相性抜群です!高いストレッチ性とカバー力で、シルエットを整える効果も期待できます。速乾性もあるので、ホットヨガにも最適ですよ。

ROXY(ロキシー)/ALIVE ROXY

ROXY(ロキシー)/ALIVE ROXY

縦ロゴの箔プリントとカラープリントのデザインが目を引くノースリーブ。フィッシュテールのシルエットも可愛いですね。吸汗速乾性の高いQUICKDRYと通気性を確保する後ろ身頃のメッシュ素材で、快適な着心地を実現しました。

【ブラトップ】

DANSKIN(ダンスキン)/SKINISH BRA

DANSKIN(ダンスキン)/SKINISH BRA

アンダーゴムを使っていないため、締め付け感の少ないストレスフリーな着心地が特徴のカップ付きブラトップ。衿ぐりと裾はフリーカット縫製で、ごわつきなく肌あたりがよい仕上がりです。吸汗速乾、抗菌防臭加工、UVプロテクト機能でヨガに最適のインナーといえるでしょう。

Reebok(リーボック)/ヒーロー ミディアムインパクト ストラッピー ブラ-メガヘリテージ

Reebok(リーボック)/ヒーロー ミディアムインパクト ストラッピー ブラ-メガヘリテージ

背中はスタイリッシュなストラップデザインで、ファッション性と機能性を両立したプルオーバーブラ。メッシュパネルと、肌触りがよく吸湿性の高い素材を使っているため、汗を大量にかくホットヨガでも軽やかな着心地が続きます。

ボトムス

ヨガのボトムスには、レギンスやロングパンツなどがあります。アクティブ系のヨガなどで足を多く動かすなら、足にフィットするレギンスがぴったりです。リラックス系のヨガならゆったりしたタイプのロングパンツを選ぶとよいでしょう。ボトムスはお腹やお尻を隠せるハイウエストタイプを選ぶと、動いた時に肌が見える心配がありません。

【レギンス】

HeM sports(ヘムスポーツ)/DTEハイウエストレギンス

HeM sports(ヘムスポーツ)/DTEハイウエストレギンス

ハイウエストでお腹もお尻もしっかり包み込んでくれるレギンス。ソフトゴムでお腹まわりの窮屈感なく動けます。シームを内側だけにしているので脱いだ後も跡が残りません。ホットヨガにも対応した吸湿速乾性で、汗をかいても快適です。

DANSKIN(ダンスキン)/TECH JACQUARD LEGGINGS

DANSKIN(ダンスキン)/TECH JACQUARD LEGGINGS

立体感のあるジャガードストレッチ素材を採用し、吸汗速乾、UVケア(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)機能も搭載。スポーティなデザイン、すっきりしたシルエットでインドアもアウトドアも、さまざまなシーンに合わせられるレギンスです。

suria(スリア)/ダイパターンレギンス ブルー

suria(スリア)/ダイパターンレギンス ブルー

タイダイ風の柄が、派手すぎないながらも周りと差をつける個性的なレギンス。ウエストの切り替えで、腰まわりをすっきり綺麗なシルエットに見せてくれます。なめらかな肌触りと高いストレッチ性、速乾性も兼ね備え、汗や服のつっぱりを気にせずヨガに集中できます!

【ロングパンツ】

adidas(アディダス)/WD2M3/4パンツ

adidas(アディダス)/WD2M3/4パンツ

ヨガだけでなくウエイトトレーニングなど、さまざまなワークアウトをこなす方にぴったりの汎用性の高いパンツ。汗を気にせず快適な状態でトレーニングを行えます。リサイクル素材を使っているので、環境に優しいのも嬉しいポイントです。

【ショートパンツ】

DANSKIN(ダンスキン)/HEATHER LIGHT CROP PANTS

DANSKIN(ダンスキン)/HEATHER LIGHT CROP PANTS

UVケア(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)、吸汗速乾機能を備えたクロップパンツ。ナチュラルタッチの薄手カットソーで、腰回りはゆったりしながらも裾まわりはフィット感があります。女性らしい足首を強調したデザインと、すっきりしたシルエットが特徴です。

【その他】

HeM sports(ヘムスポーツ)/レディース ピーチテーパードパンツ

HeM sports(ヘムスポーツ)/レディース ピーチテーパードパンツ

ゆったりとした腰まわりから、裾にかけて細くなるシルエットのテーパードパンツ。サイドの切り替えを前に振ることで、足が細く長く見える効果があります。切り替えはフラットシーマーなので裏のあたりもなく違和感のない着用感がヨガにぴったりです。

冬場や冷え対策におすすめのヨガウェアイテム

冬場のヨガは服装に注意が必要です。ヨガを行う前後で体感温度が変わったり、汗が冷たくなって身体が急激に冷えたりすると、体調も崩してしまうかもしれません。冷え対策には脱ぎ着が簡単なパーカーなどのアウターがおすすめです。ここでは、冷えから解放してくれるヨガウェアを厳選してご紹介します。

NIKE(ナイキ)/ウィメンズ ヨガ STMT CLN カバーアップ2

NIKE(ナイキ)/ウィメンズ ヨガ STMT CLN カバーアップ2

ヨガの前後にさっと着られる、ゆったりとしたレイヤーです。柔らかく断熱性に優れたサーマル素材が温かさを持続。DRI-FITテクノロジーが汗を逃し、さらりとした着心地を与えてくれます。冬場も温かく快適にヨガを楽しめますね。

HeM sports(ヘムスポーツ)/裏パイルジップパーカー

HeM sports(ヘムスポーツ)/裏パイルジップパーカー

肌触りがよい裏起毛の柔らかなパイル生地を使用したパーカーです。裏パイルは、パイル部分に空気がたまり、程よい温度感を感じられます。裾をすぼませてルーズになりすぎないシルエットで、リラックスしながらもすっきりした着心地。ヨガボトムスに合わせやすいデザインです。

HeM sports(ヘムスポーツ)/HEMヨガソックス

HeM sports(ヘムスポーツ)/HEMヨガソックス

吸汗性のある生地と、足裏に滑り止めを付けたヨガ用ソックス。5本指タイプで、足先部分がカットされているため素足のような感覚でヨガをすることができます。足が冷えやすい冬場にぴったりのアイテムです!

迷ったら?ヨガウェアの人気&定番ブランドはこれ!

ここまで、ヨガウェアの選び方やおすすめのウェアをご紹介してきました。それでもウェア選びに迷ってしまう方に、人気の定番ブランドをご紹介!いずれもヨガが楽しくなる、見た目も機能も充実のウェアが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

NIKE(ナイキ)

NIKE(ナイキ)

有名スポーツブランドのNIKE。初心者から上級者まで着られるヨガウェアを展開しています。新素材「ナイキインフィナロン」は、どんな動きやポーズにもフィットするヨガ専用の素材です。また、リラックス系からアクティブ系まで、さまざまなヨガフローをサポートする、NikeTraningClubアプリを活用することもでき、ウェア以外にもヨガに役立つツールが用意されています。

DANSKIN(ダンスキン)

DANSKIN(ダンスキン)

1882年ニューヨーク発のブランド「DANSKIN」。ヨガはもちろん、ダンス、トレーニング、ランニングなどに適した高機能かつ身体を綺麗に見せるシルエットにこだわったウェアが特徴です。しっかりと肌に馴染み、さまざまなヨガの動きにしなやかにフィットするため、リラクゼーション効果が期待できます。

adidas(アディダス)

adidas(アディダス)

人気スポーツブランド「adidas」。機能面はもちろんデザイン性にも優れており、そのまま外に出かけられるくらいファッションとしても男女問わず人気があるブランドです。第2の肌のように身体を包み込み、体の動きに沿って伸縮する素材で、ヨガだけでなく多目的に使えるトレーニングウェアとして重宝します。

Reebok(リーボック)

Reebok(リーボック)

イギリス発祥のスポーツブランド「Reebok」。シンプルかつカジュアルで、さまざまなアイテムと相性が良く、スタイリングしやすいデザインが特徴です。また、モーションセンステクノロジーなど独自の技術で、一人ひとりの身体の動きに合わせて柔軟にサポートしてくれるため、しっかりとした安定感が得られます。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

アスリートの能力を最大限発揮できる高機能なウェアをいくつも生み出している「UNDER ARMOUR」。ヨガウェアとしても適しており、人気が高まっています。シンプルかつスタイリッシュで、高いデザイン性を備えている一方、機能性も抜群です。動きやすく、通気性や速乾性なども考えられた作りでヨガをサポートしてくれます。

ROXY(ロキシー)

ROXY(ロキシー)

ROXYは、ビーチカルチャーとアクティブなライフスタイルを愛する女性のために生まれたレディースブランドです。アスリート向けの側面とフェミニンなファッション性を融合したスタイルを提案しています。

通気性や吸水速乾性に優れた素材やUVカット機能がついているものもあり、着心地も抜群です。ファッション性の高いデザインで、ヨガはもちろん、さまざまなシーンに合わせることができます!

お気に入りのウェアを見つけて、ヨガを楽しもう!

お気に入りのウェアを見つけて、ヨガを楽しもう!

今回は、ヨガウェア選びのポイントを4つ解説しました。ポイントを押さえた服装を選ぶことで、よりリラックスしてヨガに集中できます。厳選したおすすめヨガウェアや人気ブランドもぜひチェックして、お気に入りのウェアでヨガを楽しんでくださいね!

初心者から上級者まで!ヨガマット選び方ガイド&おすすめ人気ランキング
2021/01/06 00:00

初心者から上級者まで!
ヨガマット選び方ガイド&おすすめ人気ランキング

初心者から上級者まで!ヨガマット選び方ガイド&おすすめ人気ランキング

最適なヨガマットを選ぶには?おすすめの選び方3つ

最適なヨガマットを選ぶには?おすすめの選び方3つ

自分に合ったヨガマットを選ぶなら、まずはどんなスタイルのヨガをしたいのか、どんな場所で使いたいのかを考えましょう。また、ご自身のレベルに合ったものを選ぶことも重要です。選び方について詳しく解説していきます。

ヨガの種類に合わせて選ぶ

ヨガは、大きく「静的ヨガ」と「動的ヨガ」の2種類に分けられます。リラックス効果を高める静的ヨガは座位ポーズが多いため、滑りにくくクッション性の高いマットがおすすめです。

動的ヨガは次々とポーズが変わり、全身をストレッチするため、手足で体を支えるグリップ力が重要です。静的ヨガに比べて汗の量も増えるので、耐久性が高くお手入れしやすいマットがよいでしょう。

ヨガをする場所に合わせて選ぶ

ヨガをする場所によっても選び方は異なります。自宅用であれば安全性を優先して選ぶとよいでしょう。ヨガ教室などスタジオであれば、薄めのマットを持っていくことでレンタルマットの上に敷けて、持ち運びもしやすいのでおすすめです。

外でヨガをするなら、水洗いなどお手入れがしやすいマットを選ぶといつでも清潔に使えます。最近では折り畳みできるヨガマットなど、持ち運びにも優れたものがあるので、外に持ち出す方は選択肢に入れてみるのもよいでしょう。

ヨガのレベルに合わせて選ぶ

自分のヨガのレベルに合わせてマットを選ぶことも重要です。初心者やリラックスしたヨガがしたい方であれば、まずはスタジオのレンタルマットや、比較的安めのマットを利用してみるのもよいでしょう。

定期的にヨガを行う中級者になれば、素材や滑りやすさにもこだわりたいところです。ヨガが日常になっている上級者なら、耐久性やクッション性など質の高いヨガマットを検討したいですね。

【基礎知識】ヨガマットを選ぶ際に押さえておきたいポイント

【基礎知識】ヨガマットを選ぶ際に押さえておきたいポイント

ここまで解説した選び方を踏まえて、ヨガマットを選ぶ際に押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

  • ・厚さ
  • ・素材
  • ・サイズ

厚さ

ヨガマットの厚さは1mm~10mmを超えるものまでさまざまです。以下、3つに分けてそれぞれの特徴やどんな人におすすめか見ていきます。

【薄手1mm~2mm】
薄手のマットは持ち運びに便利です。旅先や出張など出かける際もバッグやスーツケースに忍ばせておける携帯性が魅力といえます。出先でもヨガがしたい方や、ヨガ教室などに持っていく方にぴったりですね。ただし、フローリングなど固い床には向きません。スタジオなどで使用する際は、レンタルマットの上に敷いて使うとよいでしょう。

【標準3mm~5mm】
標準的な厚さのヨガマットは、比較的持ち運びしやすく、クッション性・安定感などバランスに優れています。初心者の方の最初の1枚としてはもちろん、ヨガ教室に定期的に通う中級者以上の方も便利に使える厚さといえるでしょう。自宅用だけでなくヨガ教室などに持っていくのにも向いています。

【厚手6mm~12mm】
厚手のヨガマットは、クッション性と安定感、グリップ力が高いのが特徴です。ただし、厚みがある分重く、持ち運びにくいため、自宅用など決まった場所で使用する方に向いていると言えます。また、厚みは初心者であれば6mm程度、安定性やクッション性を重視したい方は6mm以上がおすすめです。

素材

ヨガマットに使われている素材の種類には以下のようなものが挙げられます。

  • ・PVC(ポリ塩化ビニル)
  • ・TPE(熱可塑性エラストマー)
  • ・天然ゴム(天然・合成)

PVC(ポリ塩化ビニル)
価格も比較的お求めやすく、クッション性や安定感のバランスがよい定番素材のマット。色やデザインも選びやすいので初心者の方が初めて選ぶ1枚にぴったりですよ。ただし、水洗いできなかったり、汗でグリップ効果が弱まる可能性があったりするため、長く使いたい方には不向きな点もあります。

TPE(熱可塑性エラストマー)
環境に配慮されたエコ素材「TPE」。軽さに加え、高いグリップ力とクッション性がTPEの特徴です。また、水拭きができるので簡単にお手入れしていつも清潔に使えます。値段は比較的高めの素材ですが、耐久性もあるのでヨガを長く続けていきたい方におすすめです!

天然ゴム(天然・合成)
安定性、クッション性、グリップ力、耐久性のどれもが高い素材で、本格的にヨガを続けたい方におすすめです。合成ゴムなら素材の臭いもあまり気になりません。
ただし、重くて持ち運びが難しいので、自宅で毎日ヨガをする方向けといえるでしょう。また、天然ゴムは水洗いができないものもあり、お手入れには十分注意する必要があります。

サイズ

一般的なヨガマットのサイズは170cm×60cm程度です。ご自身の身長やヨガのスタイルによって、合うサイズを選びましょう。基本的に大きめのマットの方が動きやすく、快適に使えます。例えば、身長が160cmの方は170cmサイズを選ぶなど、自分の身長より10cmほど長いマットを目安に選ぶとよいでしょう。

ヨガマット人気おすすめランキング

ここからは、人気のヨガマットをランキング形式でご紹介します。どれもおすすめですので、ご自身のヨガスタイルやレベル、使いたい場所などを考えながらチェックしてみてくださいね!

8位 DANSKIN(ダンスキン)/フォルダブルヨガマット

8位 DANSKIN(ダンスキン)/フォルダブルヨガマット

軽量かつリサイクル生産が可能な循環素材TPE(熱可塑性エラストマー)を使用したヨガマット。折り目付きで簡単に折りたたみ可能なうえ、持ち運びに便利なトートバッグ付きです。水洗いもできる素材なので毎日清潔に、どこへでも持ち運んで使えますね。

サイズ (W)178×(H)61cm(5mm)
厚さ 5㎜
重さ 826g
素材 熱可塑性エラストマー(TPE)
収納ケースの有無 専用トートバッグ

7位 SPORTSAUTHORITY(スポーツオーソリティ)/ポータブルヨガマット

7位 SPORTSAUTHORITY(スポーツオーソリティ)/ポータブルヨガマット

折り畳みタイプでコンパクトに収納できるので、旅行などへの持ち運びにも便利なヨガマット。クッション性が高く、フローリングでも滑りにくいため、自宅やスタジオでしっかり動けます!フィットネスからストレッチまで幅広く使えるヨガマットです。

サイズ L173cm×W61cm
厚さ 4㎜
重さ -
素材 塩化ビニル樹脂
収納ケースの有無 あり

6位 SPORTS AUTHORITY (スポーツオーソリティ)/4MMヨガマット

6位 SPORTS AUTHORITY (スポーツオーソリティ)/4MMヨガマット

静的・動的ヨガどちらにも使うことができ、特に立位の多いヨガにおすすめの1枚です。グリップが強いので初心者でも使いやすく、初めてのヨガマットにもぴったり!付属の収納ベルトで持ち運びもラクラクです。

サイズ L173cm×W61cm
厚さ 4㎜
重さ -
素材 塩化ビニル樹脂
収納ケースの有無 収納ベルト付き

5位 DANSKIN (ダンスキン)/TWO COLOR YOGA MAT 5mm

5位 DANSKIN (ダンスキン)/TWO COLOR YOGA MAT 5mm

表裏でカラーが違う、リバーシブルタイプのヨガマット。片面はエンボスセンターライン入りで手足の位置を確認しやすい設計です。クッション性がありながら、厚さ5mmと持ち運びもしやすいので、自宅にスタジオにといろいろな場所で使えます。

サイズ -
厚さ 5㎜
重さ 760g
素材 熱可塑性エラストマー(TPE)
収納ケースの有無

4位 suria(スリア)/SURIA HDエコマットプラス 6mm

4位 suria(スリア)/SURIA HDエコマットプラス 6mm

ビギナーやシニアの方におすすめの厚さ6mmのヨガマット。素材はTPE(熱可塑性エラストマー)を採用し、地球環境にも優しいエコなマットです。高いクッション性が肘や膝をサポートし、寝たり座ったりの姿勢でも安定感が高く、よりヨガに集中できます。流れるように動くピラティスにもおすすめですよ。

サイズ 約61×183
厚さ 6㎜
重さ 約0.9kg
素材 TPE
収納ケースの有無

3位 SPORTSAUTHORITY (スポーツオーソリティ)/6MMヨガマット

3位 SPORTSAUTHORITY (スポーツオーソリティ)/6MMヨガマット

体重がかけやすく安定しやすい6mmタイプのヨガマット。床の固さを感じにくいので、座位や仰向けポーズ、静的ヨガにおすすめです。リバーシブルタイプで、カラー毎にデザイン入りなのもおしゃれな1枚です。

サイズ L173cm×W61cm
厚さ 6㎜
重さ -
素材 塩化ビニル樹脂
収納ケースの有無 収納ベルト付き

2位 suria(スリア)/SURIA HDエコマットプラス 4mm

2位 suria(スリア)/SURIA HDエコマットプラス 4mm

エコ素材TPE(熱可塑性エラストマー)を使用した、発砲率にもこだわった高密度なスリアオリジナルのヨガマット。従来のTPEマットにはないコシのあるしっかりとしたクッション性が特徴です。リラックスヨガからホットヨガ、アクティブに動くヨガなどにもおすすめですよ。

サイズ 約61×183
厚さ 4㎜
重さ 約0.9kg
素材 TPE
収納ケースの有無 なし

1位 HeM sports(ヘム スポーツ)/リバーシブルヨガマット

1位 HeM sports(ヘム スポーツ)/リバーシブルヨガマット

センターラインが入っているので、手足の位置や重心の確認がしやすいヨガマット。初心者からのステップアップを目指す方におすすめの1枚です。においも少なく、焼却しても有害物質が発生しない環境に優しいTPE(熱可塑性エラストマー)を使用しています。ゴムのような弾力と柔らかな肌触り、優れたグリップ力が魅力です。

サイズ L173CM × W61CM
厚さ 4㎜
重さ -
素材 TPE(熱可塑性エラストマー)
収納ケースの有無 別売り

ヨガマットとあわせて揃えておきたいアイテム

ここでは、ヨガマットとあわせて持っておくと便利なアイテムについて紹介します。

DANSKIN(ダンスキン)/NANOFRONT YOGA RUG

DANSKIN(ダンスキン)/NANOFRONT YOGA RUG

髪の毛の7500分の1の細さの超極細ポリエステルナノファイバーで高いグリップ力を持つヨガラグです。ヨガマットの上にラグを敷くことで手足の汗を吸収し、より安定したポーズが取れるようになります。コンパクトなサイズ感なので折りたたんで持ち運びやすく、ホットヨガやレンタルマットに重ねて衛生的にも使えるアイテムです。

HeMsports(ヘム スポーツ)/ヨガブロック

HeMsports(ヘム スポーツ)/ヨガブロック

正しいヨガポーズのサポートをしてくれるヨガブロック。疲れたときには足や腰を乗せ、筋肉や腱に負担をかけないようにする役割があります。体の固い人や初心者におすすめです!センターラインを目印に、重心のバランスを取りやすい設計です。

ヨガマットは洗える?洗い方やお手入れ方法について

ヨガを行うと、汗などがマットに付くのが気になるという方も多いのではないでしょうか。ヨガマットは水洗いできるのか、水洗いできない場合のお手入れはどうしたらよいかについて解説します。

水洗いができるヨガマットの素材と洗い方

ヨガマットは素材によって水洗いできるものとできないものがあります。TPE(熱可塑性エラストマー)やPER(ポリマー環境樹脂)、EVA(エチレン酢酸ビニールポリマー)などは水洗いができるものが多い傾向です。室内で使うのであれば、毎日のお手入れは水拭き後に乾拭きでOK。汚れなどが目立つ場合はバスタブにぬるま湯を張って中性洗剤を入れ、1時間程度つけ置きするとよいでしょう。

水洗いができないヨガマットの素材とお手入れ方法

天然/合成ゴムやPVC(ポリ塩化ビニル)は水によって劣化を早めてしまうため水洗いに向きません。ですが、水洗いができない素材もお手入れは可能です。
使用後に付いた汗や皮脂を抗菌シートで拭き取るだけでも違いますので、毎回使用後にお手入れしましょう。市販のヨガマットクリーナーもおすすめです。スプレーしてタオルで拭きあげるだけ。除菌だけでなくアロマ効果があるタイプもあるので、試してみるのもよいでしょう。

自分に合ったヨガマットを見つけて、ヨガを楽しもう!

自分に合ったヨガマットを見つけて、ヨガを楽しもう!

今回はヨガマットの選び方とおすすめアイテムをご紹介しました。ヨガマットは、ヨガスタイルや使う場所、レベルに合わせて、自分に合ったものを選ぶことが大切です。これからヨガを始めたい方も、定期的にヨガを行っている方も、今の自分に合った1枚をぜひ探してみてくださいね!