他の記事を選ぶ

ナイキ エアズーム テンポ ネクスト%の特徴とおすすめポイント
2020/08/26 00:00

ナイキ エアズーム テンポ ネクスト%の特徴と
おすすめポイント

ナイキ エアズーム テンポ ネクスト%の特徴とおすすめポイント

NIKE エアズーム テンポ ネクスト%とは

ナイキから発売された注目の新作ランニングシューズ。耐久性に優れ、レースシューズのようでありながら、日常のトレーニング用に設計された一足。自己記録更新への挑戦をサポートしてくれます。

発売日 8月27日
価格 ¥24,200(税込)
重量 277g(メンズサイズ28cm)
オフセット 10mm

エアズーム テンポ ネクスト%はこんな方におすすめ

  • 自己ベスト更新のために、レースやトレーニングのランニング効率を高めたい方
  • 長距離ペース走を行う方
  • 人類最速のマラソン記録を出したテクノロジーを体感したい方

エアズーム テンポ ネクスト%はここが素晴らしい!

エアズーム テンポ ネクスト%はナイキの最新・最速であるアルファフライネクスト%のテクノロジーをベースに、日々のトレーニングでもレースでも使用できるように耐久性を強化したランニングシューズです。
ビジブルなズームエアがナイキ史上最高の反発性を生み出します。

特徴と変更点
エアズーム テンポ ネクスト%はここが素晴らしい!
1
FLYKNIT UPPER│アッパーにフライニットを採用

FLYKNIT UPPER│アッパーにフライニットを採用

アッパーにはフライニットを採用。
ヒールから中足部にかけて、内側にスエード素材を貼り付けることで、足をしっかりと固定し、足のブレを防ぐ。
履き口にはヒールパッドを採用し、快適な履き心地を提供する。

2

COMPOSITE PLATE│複合素材プレートを使用

トレーニング向けのシューズとしては初めて、プレートを採用
TEMPO NEXT %にはカーボンプレートではなく、ナイロン素材を中心としたカーボンよりも柔らかな複合素材のプレートを使用。長時間のトレーニングでも、体に負荷がかかりすぎないように考慮されている複合素材のプレートにより、安定性をもたらすとともに、エアの反発力を推進力にかえられるようになっている

3

ZOOM AIR PODS│衝撃吸収と反発性を提供

「エア ズーム アルファ フライ ネクスト%」と同様のZOOM AIR PODSを使用
NIKE史上最も反発性に優れたクッショニング材であるZOOM AIRが、約90%のエネルギーリターンをもたらす ZOOM AIRを使用することで、クッショニング性能を高めて衝撃吸収と反発性を提供
2つ横に並べて露出面を広く配することで様々な方向に自由に広がり、反発性を最大限に発揮

4
RUBBER OUTSOLE│耐久性とグリップを向上

RUBBER OUTSOLE│耐久性とグリップを向上

アウトソールの耐久性とグリップを高めるために、アウトソールのラバーを「エア ズーム アルファ フライ ネクスト% 」と比較して多めに採用。軽さも確保するために、必要最低限なラバーの量に調整。

エアズーム テンポ ネクスト%の着用レビュー

使用感
フィット感

・透けるほどの薄いフライニットにスエード素材・かかとのクッションを加えていることにより、最低限の素材でこんなに良いフィットが生まれるのか...!と感動しました。特にズームフライやペガサスターボで少し感じていたかかとの抜け感は解消され、足と一体化している感覚がありました。

ライド感

・プレートがズームフライ3で使用されているカーボンプレートより柔らかいので、かかとから中足部までスムーズに重心移動ができました。前足部のズームエアポッドの反発をしっかり活用できるように、自分のフォームや筋力を改善していかなければならないと思いました。

ペース

・1km4'30ペースよりも速いペースで効率のよい走りができていることを実感しました。まさにテンポ走にぴったりです。

・ズームエアポッドを利用して蹴り出すと、ストライドが伸びて加速している感覚があり、スピード感を楽しめました。

・ゆっくりなジョグでは効果が実感しづらかったので、ペース走やインターバルに使用したいなと思いました。

+1で一緒に使用したいもの

・ズームエアポッドでの反発をしっかり利用するため、前足部のシューズと足の一体感を高めることが大切だと思いました。すべらず、力を逃さにためにナノフロント素材を使用したソックスを履くことをおススメしたいです!

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー

湊 瑛穂(みなと あきほ)

  • ・ランニング歴13年 マラソン完走回数27回
  • ・自己ベスト2時間57分58秒(2018東京マラソン)
  • ・大阪国際女子マラソンなどの国際マラソン出場経験あり
  • ・トレイルランニング大会にも出場
    • ・第9回ハセツネ30K 第4位入賞
    • ・第25回ハセツネCUP 女子20代 第1位
    • ・第10回房総丘陵・養老渓谷トレイル 30K 優勝

まとめ

人類初のフルマラソン2時間切りのテクノロジーを体感できるエアズームテンポネクスト%。大切なレースや日々のペース走などのトレーニングで履いて、自分の可能性を高めましょう!

ランニングウォッチおすすめ8選!便利な機能や選び方についても解説
2020/08/17 00:00

ランニングウォッチおすすめ8選!
便利な機能や選び方についても解説

ランニングウォッチおすすめ8選!便利な機能や選び方についても解説

ランニングウォッチの役割って?

ランニングウォッチの役割って?

ランニング時の必携アイテム、腕時計。走った時間の記録を取ることで走力の向上が分かり、ペース配分を見るのにも役立ちます。

ランニングに特化したランニングウォッチは時間を計測する機能に加え、走った距離や時間などのデータの計測や記録ができます。毎日の記録を取ることでどれくらい走ったか、速くなったかなどが分かりモチベーションの向上にも役立ちます。

さらにGPS機能や心拍測定機能、スマホと連動する機能など、スマートウォッチとしての機能を持つものもあります。

ランニングウォッチの選び方|3つのポイント

ランニングウォッチの選び方|3つのポイント

シンプルなものから多機能なものまで、幅広い種類があるランニングウォッチ。高額で多機能なモデル=上級者向けというわけではなく、むしろ初心者に優しいコーチング機能がついていたりもします。

ランニングウォッチの選び方には以下のようなポイントがあるので押さえておきましょう。

  • (1)機能や性能で選ぶ
  • (2)使いやすさで選ぶ
  • (3)コスパで選ぶ

上記のポイントを参考に、自分にぴったりのランニングウォッチを選んでみてください!
1つずつ詳しく解説していきます。

(1)機能や性能で選ぶ

【基本的に必要な性能】
  • ・時間が分かる
  • ・ラップが測れる
  • ・防水性能
【プラスの機能】
  • ・GPS機能
  • ・音楽再生機能
  • ・心拍数を測る心拍測定機能
  • ・フォーム解析機能
  • ・コーチング機能
  • ・スマートフォン連携
  • ・バッテリー持続時間

どんなランニングウォッチでも基本的についている機能としては

  • ・時間がわかる
  • ・ラップが測れる
  • ・防水性能

の3つです。

時間は現在時間と、スタートボタンを押してからの時間経過がわかる機能。ラップタイム機能は区間のタイムを取れるので、例えば1kmごとの表示が出るたびボタンを押せばその距離をどれくらいのスピードで走ったかを記録できます。

防水機能は汗や突然の雨でも壊れないために重要な機能です。プールや海でのスイミングにも対応できるモデルもあります。

この3つの基本的な機能に加え、ランニングウォッチには走ったコースを記録できるGPS機能や、走るモチベーションを高めてくれる音楽再生機能、ランニングの強度のコントロールに使える心拍測定機能など、さまざまな機能がついているものがあります。

ランニングの初心者から上級者までレベル別のおすすめ機能・性能

ランニングの初心者から上級者までレベル別のおすすめ機能・性能

初心者

「はじめてだからタイムが測れたらそれだけで良いな」と思っている方もいるかもしれませんが、ランニング初心者の方にはGPSやコーチング機能がついた高機能モデルがおすすめです。どれくらいの距離をどれくらいのスピードで走っているのか、足を痛めるようなフォームで走っていないかなど、ランニング初心者の悩みや疑問を解消し、モチベーションを上げることでランニングを長続きさせることができます。

中級者~上級者

継続して走っている方にとってはGPS機能のほかに、心拍測定機能やフォーム解析機能がついているモデルがおすすめです。ランニングの質を高め、レベルアップ・記録更新につなげることができます。

ロングレースに挑戦する場合はバッテリー稼働時間も確認しましょう。トレイルランニングをされる場合は地図や方角の表示や高度・気圧の表示機能がついていると便利です。

また、トラックなど距離がわかっている場所を走る場合は、シンプルなラップ機能だけのものの方が扱いやすく便利な場合もあります。

(2)使いやすさで選ぶ

(2)使いやすさで選ぶ

操作性や、ぱっと見たときの文字の見やすさなどもランニングウォッチには重要です。画面を注視せずにラップを取りたい場合はシンプルな機能だけのものが使いやすいでしょう。簡単に不要なボタンが押されないかも要チェックです!

「フルマラソンの途中でバッテリーが切れた!」という事態にならないよう、バッテリーの稼動時間も見ておきましょう。文字盤が見やすいかどうかも使いやすさを左右します。カラー表示か白黒か、ウォッチフェイスを変えられるのか、走行中の画面表示が切り替えできるかなどもチェックしてみてください。

(3)コスパで選ぶ

ランニングウォッチは1万円を切るモデルから数万円するハイエンドモデルまで、価格帯もさまざまです。基本的にはGPS、心拍計、音楽再生機能など、機能がたくさんついていたり、バッテリー稼動時間が長かったりするほど高価になります。

高価格で多機能なものほど良いとは限りません。自分のレベルや目的など、性能と価格のバランスがいいランニングウォッチを選んでくださいね。

便利な機能付きやコスパの良いものまで!おすすめランニングウォッチ8選!

ここからは人気のランニングウォッチを8つ紹介します!ぜひランニングウォッチ選びの参考にしてみてください。

【シンプルな機能で操作も簡単!カラーも豊富】SOMA(ソーマ)/RUN ONE 50

【シンプルな機能で操作も簡単!カラーも豊富】SOMA(ソーマ)/RUN ONE 50

ラップ機能があれば十分という方におすすめのモデル。非常にシンプルで動作も簡単、ボタンや機能が少ないぶん誤作動なども起こしにくいランニングウォッチです。5気圧の防水設計で汗をたくさんかく夏場も安心。初心者の最初の1本や、トラックなど距離やコースが決まっている場所を走る方におすすめです。

【大きな文字で見やすい!】SEIKO(セイコー)/スーパーランナーズ ラージ

【大きな文字で見やすい!】SEIKO(セイコー)/スーパーランナーズ ラージ

こちらもストップウォッチ機能のみのシンプルなランニングウォッチ。文字盤が大きくはっきり見えるので、ダッシュの最中でも認識しやすく、便利です。バンドの穴が多くなっており、手首が華奢な女性な子供でも身につけやすいのも嬉しいポイント。

【ハイスペック!マルチスポーツを楽しめる】GARMIN(ガーミン)/ FOREATHLETE945

【ハイスペック!マルチスポーツを楽しめる】GARMIN(ガーミン)/ FOREATHLETE945

多くのランナーにとって憧れのアイテム、「GARMIN」のランニングウォッチ。こちらはトライアスロンにも対応しているモデルです。GPSを内蔵しており、文字盤にカラー地図を表示させる機能や、救援アラートを出す機能もついています。バッテリー稼働時間も長く、スマートウォッチモードで14日間、音楽再生・GPS・心拍計を起動させた状態でも32時間稼働可能。ウォッチを使用してガーミンペイという支払もできる優れものです。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

【ランニングのモチベーションを高めてくれる】GARMIN(ガーミン)/FOREATHLETE245M

【ランニングのモチベーションを高めてくれる】GARMIN(ガーミン)/FOREATHLETE245M

GPSや心拍測定機能はもちろん、音楽保存・再生もできるランニングウォッチ。お気に入りの音楽を再生することでランニングもモチベーションが高められます。GPSと音楽モードを起動させた状態で6時間稼働するので、音楽を流しっぱなしでフルマラソンを走り切ることもできます! 脈拍センサーにより、最大酸素摂取量やトレーニング効果、トレーニングのパフォーマンス状況も評価してくれますよ。

【コスパ抜群!初めてのGPSウォッチにおすすめ】GARMIN(ガーミン)/FOREATHLETE45S

【コスパ抜群!初めてのGPSウォッチにおすすめ】GARMIN(ガーミン)/FOREATHLETE45S

こちらは「GARMIN」の中でもコスパが抜群と言われるモデル。心拍数の測定やGPSを使ったペースや距離などの計測が可能。計測したデータは連動アプリで確認することができ、記録として残すことができます。単体で音楽を聞いたり通話したりする機能はありませんが、スマホを登録して連動させることでメールを文字盤に表示させたり音楽を再生したりできます。

【機能がしっかり!質感もかっこいい】GARMIN(ガーミン)/FOREATHLETE645 MUSIC

【機能がしっかり!質感もかっこいい】GARMIN(ガーミン)/FOREATHLETE645 MUSIC

最大500曲の音楽データを転送でき、Bluetoothイヤホン(別売)に接続すればスマホを持ち歩かずに音楽を楽しめます。別売のアクセサリ着用することで走っている時の上下動や、地面の設置時間、バランス、歩幅などを検知する機能がついており、フォームのチェックが可能。専用アプリでコーチングまでしてくれる頼もしいランニングウォッチです。反射が気にならず、見やすい文字盤も魅力です。ガーミンペイも使用可能。メタルづかいかっこよく、普段使いしやすいところがうれしい1本です!

【軽量で使いやすい!ソーラー充電で電池交換の心配なし】SEIKO(セイコー)/SUPER RUNNERS SOLAR S690

【軽量で使いやすい!ソーラー充電で電池交換の心配なし】SEIKO(セイコー)/SUPER RUNNERS SOLAR S690

シンプルで扱いやすいセイコーのランニングウォッチ。GPSなどはついておらず、ストップウォッチ機能、タイマー、アラームといったシンプルな機能のみ。薄型軽量モデルで、長くつけても重さが気になりません。ソーラー充電や最大300本のメモリーがついているのが嬉しいポイント◎

ランニングウォッチでいつものランニングをレベルアップさせよう

ランニングウォッチでいつものランニングをレベルアップさせよう

ランニングウォッチはシンプルで見やすいものから多機能なモデルまで、さまざまな種類があります。機能が多いほどいいというわけではなく、目的になったものを選ぶことで快適で楽しいランニングを実現できます。選び方の項目を参考に、自分にあったものを選んでみてくださいね。

【メンズ・レディース】季節別おすすめランニングウェア|おしゃれアイテムもご紹介
2020/08/17 00:00

【メンズ・レディース】季節別おすすめ
ランニングウェア|おしゃれアイテムもご紹介

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー
湊 瑛穂(みなと あきほ)
【メンズ・レディース】季節別おすすめランニングウェア|おしゃれアイテムもご紹介

ランニングウェア選びの4つのポイント

ランニングウェア選びの4つのポイント

ランニングを安全かつ快適にしてくれるウェアを選ぶためには、以下の4つのポイントを押さえておきましょう!

  • ・機能性
  • ・季節性
  • ・走る時間帯
  • ・デザイン性

機能性

ランニングウェアはまず、速乾性や通気性重視で選ぶのが基本です。ファッション用のT
シャツの素材としてよく使われる綿は、肌に優しいですが汗が乾きにくく、肌に張り付いてしまいます。そのため、速乾性のあるポリエステル性を選ぶと良いでしょう。

トップスは体にフィットするものから、ゆったりしたものまであります。形選びは好みで問題ないですが、肩まわりや腕が動かしやすいかはチェックしておきましょう。

ボトムスやインナーはサポート機能をチェックしましょう。テーピングのような加工が入ったランニングタイツは、関節や骨盤の負荷を軽減してくれますよ。

パンツはランニング用ポケットがあると便利です。ウエスト後部中央にファスナーつきポケットがあるものは、スマホなど重いものを入れても揺れにくくなっています。足さばきの邪魔もしないので、快適に走れます。
また、鍵や小銭を入れられるコインポケットがついたものもあります。

季節性

季節性

屋外スポーツであるランニングは、季節の移り変わりを感じられるのも魅力のひとつ。気候の変化に対応できるウェア選びをすると、快適かつ安全にランニングを楽しめます。

夏であればUVカットや防臭、抗菌効果、接触冷感のあるものがおすすめです。直射日光を受けると熱がこもったり疲れやすくなったりするため、キャップやアームカバーなどの日差しを遮るものがあるとよいでしょう。

冬は保温性や防寒、防風機能が備わったパーカーやウインドブレーカーがおすすめ。指先が冷たくなるため、手袋もあるといいですよ。

走る時間帯

走る時間帯

気温変動が大きい朝方や、暗くて見通しの悪い夜。熱中症や事故を防ぐためにも、走る時間帯に合わせたウェア選びも意識するといいでしょう。

気温変動が大きい時間帯は、Tシャツやタンクトップに合わせてアームカバーをつけるなど、温度調節のしやすいウェアが便利です。アームカバーなら脱いでもかさばらず、ポケットに収納できます。

暗い夜道には蛍光色など夜道でも目立つ色や、大きくて目立つリフレクトがついたものが安心です。交通量の多い夜道を走る時は、夜用サングラスもおすすめ。「夜にサングラス?」 と思われるかもしれませんが、対向車のヘッドライトの眩しさから目を守ってくれますよ。

デザイン性

手軽に始めやすいぶん、三日坊主になりやすいランニング。継続のモチベーションを上げるためにも、お気に入りのデザインを選ぶのがおすすめです。
クールでかっこいいもの、華やかでポップなカラーなど、さまざまなデザインがそろっています。

【季節別】ランニングウェアの基本アイテム

【季節別】ランニングウェアの基本アイテム

季節によっても押さえておきたいランニングウェア選びのポイントがあります!
ここでは春夏・秋冬に分けて選び方を解説していきます。

春夏のランニングウェア
  • ・半袖Tシャツ(タンプトップ)
  • ・ショーツパンツ

春夏のランニングウェアの基本は、トップスが半袖Tシャツまたはタンクトップ、ボトムはショートパンツ。加えて、女性はランニング向けのスポーツブラも必要です。
UV効果や通気性などの機能も考慮しながら、自分好みなデザインのウェアを選びましょう◎

秋冬のランニングウェア
  • ・半袖または長袖Tシャツ
  • ・ショーツパンツ+スポーツタイツ
  • ・パーカーまたはウインドブレーカー

防寒のため、着るものが増える秋冬。そのぶん、重ね着で個性を出しやすいのも楽しみです。
トップスは長袖Tシャツがあると便利。ボトムスはショートパンツにスポーツタイツを重ねると、動きやすさと防寒を兼ね備えることができます。

それだけでは寒い場合、防寒や防風効果のあるパーカーやウインドブレーカーがあるとよいでしょう。重ね着するぶん重たくなりやすいので、軽量のウェアを選ぶことをおすすめします!

【メンズ向け】ランニングウェアのおすすめアイテムをご紹介!

スタイリッシュな「NIKE」や「adidas」などの人気ブランド、高品質なのに低価格な「ATHFORM」など、さまざまなランニングウェアが市場に出回っています。
その中から季節別で、メンズ向けのおすすめランニングウェアを紹介していきます!

メンズ:春夏おすすめランニングウェア

春夏のメンズランニングウェアは半袖Tシャツ+ハーフパンツが主流です。暑がりの方や、肩周りが窮屈に感じる方にはノースリーブもおすすめ。

ゆったりしたものは風が抜けるため涼しく、ぴったりしたものは汗をかいても張り付きが気にならないので走りに集中できますよ。

【半袖Tシャツ】

ATHFORM(アスフォーム)/RUNクレイジーメッシュ半袖Tシャツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUNクレイジーメッシュ半袖Tシャツ

スポーツオーソリティのブランド「アスフォーム」のTシャツ。機能性と吸湿性に優れたポリエステル100%。ボタニカル柄とカラフルな色で、ランイングウェアもおしゃれに楽しみたいという方におすすめです。背面がメッシュになっているので、通気性が良く夏でも快適です!

NIKE(ナイキ)/DRI-FIT マイラーS/S トップ

NIKE(ナイキ)/DRI-FIT マイラーS/S トップ

大人気スポーツブランド「ナイキ」のTシャツ。DRI-FIT素材で通気性に優れ、ランニング初心者にも上級者にもおすすめの1枚です。豊富なカラーバリエーションと、着る人を選ばないシンプルかつクールなデザインが特長です。

【タンクトップ】

ATHFORM(アスフォーム)/RUN接触冷感リーフロゴノースリーブビッグTシャツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUN接触冷感リーフロゴノースリーブビッグTシャツ

肩周りが動かしやすく、腕振りを邪魔しないタンクトップ。ゆるっとしたシルエットで、肩の力の抜けた着こなしが楽しめます。生地には吸汗速乾性やUVカット機能、接触冷感加工が施してあり、夏場のランニングにも最適です。

ATHFORM(アスフォーム)/RUNサマーロゴノースリーブTシャツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUNサマーロゴノースリーブTシャツ

体にフィットするシルエットのタンクトップ。袖や裾のまとわりつきが気にならないため、走るのに集中できます。吸水速乾性とUVカット機能で、暑い日も快適な走りをサポートしてくれます。

【ショートパンツ】

ATHFORM(アスフォーム)/RUNクレイジーショートパンツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUNクレイジーショートパンツ

足回りの動きを邪魔しないショートパンツ。ウエスト後部中央にファスナーつきのランニングポケットがついています。ジップポケットなら、小物類を入れて走っても落とす心配がないので安心ですね!上記でご紹介のTシャツとのコーディネートも楽しめます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/SWALLOWTAIL VENT HALF PANT

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/SWALLOWTAIL VENT HALF PANT

大人気アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」のハーフパンツ。素材には耐久撥水加工が施され、アウトドアブランドらしい高い防風性を備えたパンツでオールシーズン使えます。汗をかいてもべたつきにくい素材で、快適性も抜群です。

メンズ:秋冬おすすめランニングウェア

「暖かさ」と「動きやすさ」を両立する必要がある秋冬のランニング。暗くなるのが早いので、夕方や夜のランニングにはリフレクターつきを選ぶと安心です。

【長袖Tシャツ】

ATHFORM(アスフォーム)/RUNベーシッククルー長袖Tシャツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUNベーシッククルー長袖Tシャツ

1着は持っておきたいベーシックなロゴTシャツ。柔らかい生地なので動きやすく、吸汗速乾性にも優れているので、不快な汗もすばやく吸収して発散させます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/L/S FLASHDRY 3D CREW

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/L/S FLASHDRY 3D CREW

アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」の長袖Tシャツ。速乾性に優れた素材と柔らかな着心地に加え、気になる静電気を抑える加工で快適性をアップしてくれます。腰にファスナーつきのポケットがあるのも嬉しいポイントです。

【ロングパンツ】

ATHFORM(アスフォーム)/RUNメカニカルストレッチパンツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUNメカニカルストレッチパンツ

先が細くなっているテーパードシルエットのロングパンツで、足さばきを邪魔せず快適に走れます。ひざ裏はメッシュ素材でムレを防止。便利なインサイドポケット付きでスマホも携帯できます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/FLEXIBLE ANKLE PANT

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/FLEXIBLE ANKLE PANT

普段使いもできるナチュラルなデザインのアンクルパンツ。ウエスト後部中央にファスナーポケットがついているので、小物を入れて走るのにも便利です。静電ケア設計で嫌な静電気も抑えてくれます。

【スポーツタイツ】

CW-X(シーダブリュエックス)/M ジェネレーターモデル2.0

CW-X(シーダブリュエックス)/M ジェネレーターモデル2.0

腰から脚までフルガードしてくれる安心の機能性タイツ。腰や股関節、おしり、ふともも、ひざ、ふくらはぎをサポートし体への負担を軽減してくれます。ランニング時の着地の衝撃からひざを守り、怪我防止に役立ちますよ!

C3fit(シースリーフィット)/ELEMENT AIR LONG TIGHTS

C3fit(シースリーフィット)/ELEMENT AIR LONG TIGHTS

膝周りの補強が入ったC3fitのランニングタイツ。運動時の衝撃を吸収し、膝への負担を軽減してくれます。膝上は、サポート構造をなくし動きやすさを両立。フロントファスナー仕様で、タイツの着脱も簡単です◎

【ウインドブレーカー】

ATHFORM(アスフォーム)/RUNウィンドジャケット

CW-X(シーダブリュエックス)/M ジェネレーターモデル2.0

ちょっと肌寒い日や雨がぱらつきそうな日に、さっと羽織れるウインドジャケット。水を弾く撥水機能もついています。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/ SWALLOWTAIL VENT HOODIE

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/ SWALLOWTAIL VENT HOODIE

「ザ・ノース・フェイス」の撥水性や軽量性に優れた動きやすいウインドブレーカー。ウェア全体の通気性の向上を考えてベンチレーションが配置されています。しっかりした作りながら、コンパクトに携行できるポケッタブル仕様になっています!

【女性向け】ランニングウェアのおすすめアイテムをご紹介!

女性のランニング初心者は特に、体の線が出るぴったりしたフォルムのウェアが多いのに驚かれるかもしれません。しかし、一度袖を通してみれば動きやすさに驚くはず!最近はゆったりシルエットのウェアも増えてきていますので、お好みのシルエットで選びましょう。

ここでは、季節別で女性向けおすすめランニングウェアを紹介していきます。

レディース:春夏おすすめランニングウェア

レディースの春夏のランニングウェアも、メンズ同様半袖Tシャツにショートパンツが基本です。UVカット機能がついているタイツやアームカバーを使用することで、日焼けを気にせずランニングが楽しめます。

【半袖Tシャツ】

NIKE(ナイキ)/ アイコン クラッシュ エピック ラックス トップス

NIKE(ナイキ)/ アイコン クラッシュ エピック ラックス トップス

「JUST DO IT」というナイキのメッセージが、和風にアレンジされた面白いデザインの半袖Tシャツ。クールな中にもかわいらしさが光る1枚です。軽量デザインですっきりと着こなすことができます◎

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)/ UA SPEED STRIDE SHORT SLEEVE

NIKE(ナイキ)/ アイコン クラッシュ エピック ラックス トップス

「アンダーアーマー」のシンプルな半袖Tシャツ。汗を瞬時に吸収し乾かしてくれるので、ウェア内を常にドライで快適な状態に保つことができます。カラーはオレンジ、ブルー、ピンク、ブラックの4色展開。

【タンクトップ】

NIKE(ナイキ)/ナイキ ウィメンズ タンク GLAM

NIKE(ナイキ)/ナイキ ウィメンズ タンク GLAM

ナイキらしいスタイリッシュなタンクトップ。引き締めカラーの黒とゴールドの縁取りは女性に人気のデザインです。ぴったりしたフォルムで裾や袖のぱたつきが気にならず、速乾性にも優れ、走りを快適にしてくれます。

NIKE(ナイキ)/AS W NK ICNCLSH TANK BETTER

NIKE(ナイキ)/AS W NK ICNCLSH TANK BETTER

夏らしい華やかな色合いのタンクトップ。脇が大きく開いたスタイルで、スポーツブラをチラ見せするコーデが楽しめます。通気性に優れ熱がこもらないので夏場のランニングに最適です。

【ショーツパンツ】

ATHFORM(アスフォーム)/レディースRUNリーフ柄ロゴショートパンツ

ATHFORM(アスフォーム)/レディースRUNリーフ柄ロゴショートパンツ

ランニング用としては少し長めの丈で、初心者にも履きやすいショーツパンツ。腰裏中央にファスナーつきのポケットがついています。スマホや小銭などちょっとした小物を入れるのに便利◎

New Balanc(ニューバランス)/ベーシック5インチショーツ(インナーなし)

New Balanc(ニューバランス)/ベーシック5インチショーツ(インナーなし)

人気ブランド「New Balance」のミッドライズのショーツパンツ。ドローコードがついているので、ウエストのサイズが変わってもずり落ちてくる心配はありません。ハンドポケットと内側ポケットも装備しています!

レディース:秋冬おすすめランニングウェア

秋冬のレディースランニングウェアは、長袖Tシャツ+ショートパンツまたはスカート+タイツが主流です。暗くなるのが早い夕方は、ぜひ明るい色のウェアで気持ちを華やかにしてくださいね。明るい色のウェアを選ぶことで、事故防止にもつながります!

【長袖Tシャツ】

NIKE(ナイキ)/ナイキ ウィメンズ マイラー L/S トップ

ATHFORM(アスフォーム)/レディースRUNリーフ柄ロゴショートパンツ

シンプルな「ナイキ」のロゴが入ったロングTシャツ。着回しを選ばないので、派手目のタイツやパーカーで遊んでみるのもいいですね◎速乾性に優れた素材で、走りを快適にサポートしてくれます。

ATHFORM(アスフォーム)/レディースRUN接触冷感長袖リーフロゴTシャツ

ATHFORM(アスフォーム)/レディースRUN接触冷感長袖リーフロゴTシャツ

ゆったりしたシルエットの長袖Tシャツ。接触冷感機能があるので、半袖か長袖か迷いがちな秋口や、気温変化の激しい朝夕にもおすすめ。背中に大きく入った「ATHFORM」のロゴもインパクト抜群です!

【ロングパンツ】

NIKE(ナイキ)/ナイキウィメンズ エッセンシャル 7/8 パンツ

NIKE(ナイキ)/ナイキウィメンズ エッセンシャル 7/8 パンツ

伸縮性素材ですっきりしたシルエットが特長のナイキのロングパンツ。先が細くなっているので、足さばきを邪魔しません。さらに着用感が快適なウエストバンドで、履き心地も抜群です。

ATHFORM(アスフォーム)/RUN レディースメカニカルストレッチパンツ

ATHFORM(アスフォーム)/RUN レディースメカニカルストレッチパンツ

「アスフォーム」の吸汗速乾性に優れた機能パンツ。ポケット内部にスマートフォンなどを入れるインサイドポケットがついています。再帰反射で夜のランニングシーンでも役立ちますよ!

【スポーツタイツ】

CW-X(シーダブリュエックス)/W ジェネレーターモデル2.0

CW-X(シーダブリュエックス)/W ジェネレーターモデル2.0

サポート力抜群のCW-Xのハイサポートモデル。独自の段階着圧設計で、着地の衝撃を弱め、膝へのダメージを軽減します。サポートラインは縫い目を無くすことで、心地よい履き心地を実現!カラダへの負荷がかかるフルマラソンにもおすすめです。

C3fit(シースリーフィット)/INSPIRATION LONG TIGHTS

C3fit(シースリーフィット)/INSPIRATION LONG TIGHTS

血行促進効果やむくみ軽減効果がある段階着圧設計のロングタイツ。優れた着圧設計でランニング時の筋肉のブレを抑え、運動効率をアップします!さらに、独自の立体設計で、膝裏の生地の溜まりを減らし、スムーズな動きを可能にします。

【ウインドブレーカー】

ATHFORM(アスフォーム)/RUNレディースメカニカルストレッチジャケット

ATHFORM(アスフォーム)/RUNレディースメカニカルストレッチジャケット

吸汗速乾性はもちろん、再帰反射も付いた「アスフォーム」のウインドブレーカー。さらに背中の通気口から熱を逃がして内部のムレを軽減。肌寒い日のランをパッと華やかにしてくれるデザインもポイントです。

その他ランニングおすすめアイテム

ランニングウェアとセットであると良いアイテムをご紹介していきます!

【アンダーウェア】

男性は特に長距離を走る時、下着や乳首がすれて痛みが出る場合があります。アンダーウェアが1着あると安心ですよ。

女性は、スポーツブラが必須アイテム。ランニング用のホールド力の高いものを必ず身につけてください。揺れで痛みが出たり、バストの形が崩れたりするのを防いでくれます!

CW-X(シーダブリュエックス)/JOINT SUPPORTER

CW-X(シーダブリュエックス)/JOINT SUPPORTER

短距離はもちろん、フルマラソンなど長距離を走る時にも重宝する下着。股関節サポート機能で、股関節への負荷を減らすほか、骨盤をサポートし体幹を安定した状態に維持できます。
軽やかな履き心地でランも快適◎

NIKE(ナイキ)/ナイキ ウィメンズ MED パッド ブラ

NIKE(ナイキ)/ナイキ ウィメンズ MED パッド ブラ

圧縮素材を採用した「ナイキ」のスポーツブラ。レーサーバッグのデザインで、肩甲骨の動きを邪魔せず、バストをしっかりと押さえてくれます。パッドは取り外し可能で、キープ力を高めてくれます。

【インナー】

必須アイテムではありませんが、あると便利なのがスポーツ用インナー。疲れで姿勢が崩れるのを防いでくれます。

CW-X(シーダブリュエックス)/M ジュウリュウトップ ノースリーブ

CW-X(シーダブリュエックス)/M ジュウリュウトップ ノースリーブ

肩甲骨や広背筋、腹斜筋をサポートしてくれるメッシュタイプのジュウリュウトップ。肩甲骨の左右のバランスを支え、可動域を広げてくれます。着るだけで、カラダ全体の動きがスムーズになり、疲労を軽減します。

CW-X(シーダブリュエックス)/WOMENS セカンドボディ CN

CW-X(シーダブリュエックス)/WOMENS セカンドボディ CN

着るだけで動きやすさが向上する機能性トップス。伸びの良い伸縮性素材に加え、縫製パターンにもこだわり、快適な走りを実現。さらに、皮膚や脂肪、筋肉の無駄な揺れを抑える着圧設計で、走りに集中できます。

【ソックス】

靴下も男女ともにランニング専用のものがあるといいでしょう。つま先破れにくく頑丈になっているものやかかとが分厚くクッション性のあるもの、グリップ性のあるもの、土踏まずをサポートしてくれるものなど、たくさんの種類があります!自分にぴったりのソックスを探すのも楽しいですよ。

LOTTO(ロット)/ダブルグリップソックス

LOTTO(ロット)/ダブルグリップソックス

超極細ポリエステルナノファイバー「ナノフロント」を採用したランニング用ソックス。ナノフロントをかかととつま先に配置することで、摩擦力を生み出し大きなグリップ力を発揮します。土踏まずをしっかり支える機能もついています。

ATHFORM(アスフォーム)/テーピングアーチサポートソックス

ATHFORM(アスフォーム)/テーピングアーチサポートソックス

足首とアーチを支えるテーピング効果のあるランニングソックス。足にフィットする履き心地と足裏の滑り止め加工で、運動パフォーマンスを向上させてくれます。ランニング初心者や中級者におすすめ。

ランニングウェアのおしゃれな着こなし術

ランニングウェアのおしゃれな着こなし術

せっかくなら、ランニングウェアもおしゃれに楽しく着こなしたいですよね!
好きなものを身につけられると、ランニングのモチベーションにもなるでしょう。長く使うためにも好きな色やデザインのウェアを手に入れてくださいね。

ここではおしゃれに着こなすためのポイントや、実際のおしゃれアイテムをご紹介します。

ランニングウェアをおしゃれに着こなすポイント
  • ・メインカラーを決めて統一感をもたせる
  • ・アクセントとなるようなカラー小物を取り入れる

まず、選ぶカラーによっておしゃれに見えるかどうかが大きく変わります。メインカラーによって全体の統一感をもたせつつ、ポイント・アクセントとなるカラーの小物を投入するのが誰にでもできる簡単テクニックです。

メインカラーは男女ともに黒が人気です。ポイントには白、オレンジ、ブルーなど、スポーツウェアらしい鮮やかでスポーティーなカラーを小物で投入するとバランスがとりやすいでしょう。

キャップ、サングラス、シューズ、ウエストポーチなどでも色を入れてみてください。女性はシンプルなトップスに派手目のランニングタイツを合わせるのもトレンドです。

おしゃれに見える小物アイテム

男女それぞれのおすすめ小物アイテムを紹介していきます!

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/GRAPHICS CAP

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/GRAPHICS CAP

短めのツバと、ストレッチ性素材でフィット感が心地よい「ザ・ノース・フェイス」のキャップ。後部はパンチングを施し、通気性も抜群です。ファッション性の向上はもちろん、日差し対策や、額から流れる汗止めとしても役立つアイテムです。

NIKE(ナイキ)/TERMINUS M AF

NIKE(ナイキ)/TERMINUS M AF

軽量性と耐久性を兼ね備えたスポーツ用サングラス。アッパーフレームには通気穴があり、エアフローを向上させます。サングラスの着用は、紫外線をカットして疲労軽減にも繋がりますよ!走りをより快適にするために取り入れたいアイテムです。

ATHFORM(アスフォーム)/ヘッドバンド

ATHFORM(アスフォーム)/ヘッドバンド

顔にかかる髪や額からの汗が気になる…という方におすすめのアイテム。UVカット機能と、再帰反射付きのヘッドバンドです。マジックテープ着脱タイプでサイズ調整がきくため、大人はもちろん、お子様にも使えます。

ランニングウェアの選び方のポイントを押さえて、自分好みのウェアで楽しくランニングを続けよう

屋外スポーツであるランニング。そのぶん、ウェアには機能性や、季節の変化に対応できる着こなしが求められます。
ランニングを長く楽しく続けるためにも、好きなデザインを選ぶのも重要です。お気に入りのウェアを見つけて、ぜひランニングを楽しんでください!

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー
【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー

湊 瑛穂(みなと あきほ)

  • ・ランニング歴13年 マラソン完走回数27回
  • ・自己ベスト2時間57分58秒(2018東京マラソン)
  • ・大阪国際女子マラソンなどの国際マラソン出場経験あり
  • ・トレイルランニング大会にも出場
    • ・第9回ハセツネ30K 第4位入賞
    • ・第25回ハセツネCUP 女子20代 第1位
    • ・第10回房総丘陵・養老渓谷トレイル 30K 優勝
キャンプチェアはスタイルに合わせて選ぶ!コンパクトからおしゃれ椅子まで
2020/08/17 00:00

キャンプチェアはスタイルに合わせて選ぶ!
コンパクトからおしゃれ椅子まで

キャンプチェアはスタイルに合わせて選ぶ!コンパクトからおしゃれ椅子まで

キャンプチェアを選ぶポイント

くつろいだり食事をしたり、キャンプでは椅子に座って過ごす時間も多くなります。それだけに、チェア選びはキャンプの快適さを左右する大事なポイントでしょう!座り心地や素材、携帯性など、キャンプチェアを選ぶポイントを確認しましょう。

座り心地

座り心地

キャンプの時間を快適に過ごすために、まず重視したいのがチェアの座り心地。フィット感や立ったり座ったりしやすいかなど、自分に合った座り心地を探しましょう。キャンプチェアは形や柄など種類も豊富で迷いやすいので、オンラインショップで好みの椅子を見つけて、実際に店舗で試してみるのも良いですよ。

スポーツオーソリティでは、通販で選んだ商品をお好きな店舗で確認、受取ができる「ネット注文 店舗受取サービス」を行っています。豊富な種類から欲しいアイテムを選べて、購入前に商品の確認や試着もできるため、安心して購入が可能です。ぜひご利用ください!

耐荷重・耐久性のチェック

耐荷重を超えて使うのは危険なので、購入前に耐荷重を詳細に確認しておくことが大切です。体格の大きい方は、特に注意しておきたいポイントでしょう。また、素材によっても耐久性は変わってきます。シートの素材だけでなく、フレームの素材についても確認しておきましょう。

携帯性や軽さ・収納がしやすいか

携帯性や軽さ・収納がしやすいか

キャンプでは、チェアの他にもたくさんの荷物を持ち運ぶことになります。重量や収納時のサイズを確認しておかないと、重くて運びきれないなんてことも。
テントやタープなど、どうしても重くてかさばりがちなアイテムもあります。そのため、キャンプチェアは、軽くて楽に運べる携帯性の高いものがおすすめです。特にバックパックなど少ない荷物でキャンプに出かける際やソロキャンプの場合は、軽量で丈夫なものが良いでしょう。

さらにキャンプチェアは、収納タイプもさまざまです。収納すると細長くなり、軽くて持ち運びやすい収束タイプ、快適性を重視した折り畳みタイプなどがあります。移動中のストレスを減らすためにも、軽量・コンパクトで持ち運びやすいチェアを選びましょう。

素材で選ぶ

キャンプチェアによく使用されるフレーム素材はスチールやアルミです。スチールは頑丈さが特徴ですが、サビに弱く、重いのが欠点といえます。アルミは軽量でサビに強いですが、頑丈さはスチールに劣ります。また、アルミとスチールの良さをあわせた、軽量かつ丈夫なジュラルミンを使っているものもあります。

座った時に直接触れるシート部分の素材もこだわりたいところ。よく使われているのはポリエステル素材やナイロン素材です。軽くて丈夫な上にお手入れも簡単です。中にはコットン混紡材を使用した、肌触りが優しく雰囲気のあるチェアもあります。また、コットン混紡生地やポリエステルの難燃加工された素材は、焚き火などの際に最適です。
持ち運びやすさや強度、雰囲気や肌触りなど素材のチョイスもキャンプチェア選びに欠かせない要素です。

キャンプスタイルに合わせる

キャンプスタイルに合わせる

キャンプ椅子を選ぶうえで必ず押さえておくべきポイントは、自分のスタイルに合ったものを探すことです。キャンプの時間を気持ちよく過ごせる自分のキャンプスタイルに合ったチェアを選びましょう!チェアの高さや形はキャンプスタイルにも関わってきます。以下の表でチェックしてみて下さいね。

キャンプチェア高さ別の特徴

チェアのスタイル
特徴やメリット
ハイスタイル
ハイスタイル
・ダイニングチェアと同じくらいの高さ
・背もたれに体を預けることができ、安定感抜群
・座面が高く、普段の生活と変わらない感覚で座れる
・立ったり座ったりしやすく、調理や食事がしやすい
ロースタイル
ロースタイル
・深く腰掛けられるものが多く、リラックスしやすい
・コンパクトに収納できるものが多い
・地面に近く、焚き火に薪をくべたりしやすい
座椅子
座椅子
・室内で生活しているような環境を作りやすい
・軽くてコンパクトなので携帯しやすい
・背もたれを倒してマットとして使えるものも
・比較的リーズナブルなものが多い
ベンチタイプ
ベンチタイプ
・1つで2人以上使用できる
・荷物置きとしても使える
・チェア2つ用意するよりコンパクト

【タイプ別】おすすめキャンプ椅子11選!

キャンプ椅子の選び方を押さえたところで、タイプ別のポイントとおすすめのチェアを紹介いたします!軽量で持ち運びやすいものから、おしゃれさが人気のものまで幅広くピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイスタイル

背もたれに体を預ければ、包み込んでくれるような安定感が特徴のハイスタイルチェア。立ったり座ったりがしやすいので、調理や食事をするのにも楽に動けます。座面が高く普段座っている椅子とあまり変わらない感覚で使うことができるため、初心者でもゆっくりくつろぐことができるでしょう。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/サイドテーブル付イージディレクターチェア

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/サイドテーブル付イージディレクターチェア

折り畳まれたフレームを広げるだけで、張りのある座面が出来上がりの簡単設計。木目調のサイドテーブルは、飲み物を置くのにぴったりです。反対のサイドには小物が収納できるポケットも付いているので、ちょっとした小物を入れておくこともできます。テーブルの上やズボンのポケットもスッキリするでしょう!

サイズ
約78×48×90(h)cm
収納時サイズ
約45×85×12cm
質量
約5.85kg
耐荷重
80kg
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
スチール

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/サイドテーブル付アルミディレクターチェア

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/サイドテーブル付アルミディレクターチェア

アルミ製のフレームなので、全体の重量が約1.9kgととても軽くて持ち運びしやすいチェアです。折り畳み式なので設置も簡単。こちらもサイドテーブルが付いているので小物や飲み物を置くことができます!

サイズ
約85×44×86(h)cm
収納時サイズ
約86×47×9(h)cm
質量
約1.9kg
耐荷重
約80kg
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
アルミニウム

COLEMAN(コールマン)/サイドテーブルデッキチェアST(オリーブ)

COLEMAN(コールマン)/サイドテーブルデッキチェアST(オリーブ)

便利なカップホルダー付きのサイドテーブルがついたデッキチェア。高い安定感で、立ったり座ったりするのがとても簡単です。重量はそれなりにありますが、持ち運び用のハンドルがついているので重量以上に楽に運ぶことができますよ。

サイズ
約87×52×77(h)cm
収納時サイズ
約16×52×77(h)cm
質量
約5.5kg
耐荷重
約100kg
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
スチール

ロースタイル

座面の高さが低く、背もたれが深いロースタイルチェアは足を伸ばして座ることができるので、リラックスしやすいのが特徴です。焚き火を眺めながら長い時間、座ってゆっくりと過ごしたい方に最適です。薪をくべるのにも丁度良い高さですよ。また、背が低いのでコンパクトに収納でき、携行性が高いものも多いです◎。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBアッセンブルウッドチェア

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBアッセンブルウッドチェア

フレーム部分には天然木のホワイトアッシュを使用。強度と耐久性に優れ、野球のバットなどにも使われる材質です。また、座面と背面には軽量で高い強度を持つ「コーデュラ」を使用しています。素材がキャンプの風景にマッチして、一味違う雰囲気を与えてくれるでしょう。分解してコンパクトに収納できるため、キャンプの他にフェスや子どもの運動会などさまざまなシーンで活躍してくれます。

サイズ
約62×54×68(h)cm
収納時サイズ
約16×18×73cm
質量
約3.6kg
耐荷重
80kg
シートの素材
ナイロン
フレーム素材
天然木(ホワイトアッシュ)

COLEMAN(コールマン)/コンパクトフォールディングチェア(デニム)

COLEMAN(コールマン)/コンパクトフォールディングチェア(デニム)

座面高約28cmの低さで、ゆったりできる座り心地抜群のローチェア。アームレストに天然木を採用しており、肌触りの良さがさらにゆったりとした気持ちにさせてくれます。持ち運びに便利なハンドルも付いているから楽に携帯できます!

サイズ
約53×54.5×62(h)cm
収納時サイズ
約53×9×56(h)cm
質量
約2.1kg
耐荷重
約80kg
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
アルミニウム

COLEMAN(コールマン)/コンパクトフォールディングチェア(オリーブ)

COLEMAN(コールマン)/コンパクトフォールディングチェア(オリーブ)

座り心地にこだわった、コールマンのコンパクトロースタイルチェア。肌触り抜群のウッドアームレスト付きなのも嬉しいポイントですね。キャンプ場など自然にマッチするオリーブカラーです。

サイズ
約53×54.5×62(h)cm
収納時サイズ
約53×9×56(h)cm
質量
約2.1kg
耐荷重
約80kg
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
アルミニウム

座椅子

軽量でスリムな座椅子タイプは、携行性の高さが魅力です。キャンプだけでなく、ピクニックなどにもぴったり!さらに、背もたれを倒せばマットとしても利用できます。比較的リーズナブルなものが多いので、キャンプ初心者の方にもおすすめですよ。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ロールアップチェア

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ロールアップチェア

収納ケースが付いてさらに持ち運びやすい折り畳み収納方のチェア。花火大会やお花見、運動器など、レジャーシートの上に座っているとだんだん疲れてきませんか?このチェアをシートの上に置いて座るだけで、快適性が格段に上がりますよ!

サイズ
約40×40×40(h)cm
収納時サイズ
約14×14×40cm
質量
約690g
シートの素材
ポリエステル

LOGOS (ロゴス)/デザインロールチェア(JAPON)

LOGOS (ロゴス)/デザインロールチェア(JAPON)

丸めて収納できるので、持ち運びもラクラク!これならロースタイルのキャンプのみならず、いろんな場所に気軽に連れて行くことができますよ。さらに、接地面に耐水素材を採用しており、濡れた芝の上に置いても大丈夫。ロゴスオリジナルのかわいい和柄もいろんなシーンにマッチします!

サイズ
約50×50×47cm
収納時サイズ
約15×15×50cm
質量
約920g
耐荷重
約80kg
シートの素材
ポリエステル(PVCコーティング)

COLEMAN(コールマン)/コンパクトグランドチェア ライム 2011

COLEMAN(コールマン)/コンパクトグランドチェア ライム 2011

しっかりした強度のアルミフレームで、安心して背中を預けることができるのが特徴。鮮やかなライム色のチェアは、コンパクトに収納できてフェスやピクニック、海水浴などにもピッタリです!

サイズ
約39×52.5×43.5(h)cm
収納時サイズ
約10×14×61(h)cm
質量
1.3kg
耐荷重
約80kg
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
アルミニウム

ベンチタイプ

ベンチタイプの大きな特徴は、一つあれば二人以上で座ることができるという点です。また、人数分のチェアを用意するより荷物を減らすことができ、コンパクトにまとめることができます。さらに、地面が濡れている時は荷物を置く場所として使うのも良いでしょう。

COLEMAN(コールマン)/リラックスフォールディングベンチ(オリーブ)

COLEMAN(コールマン)/リラックスフォールディングベンチ(オリーブ)

幅108cmで、大人が二人でゆったり座れるサイズ感が嬉しいベンチ。安定感のあるフレーム構造で、安心して腰掛けることができます。また、アームレストは肌触りの良い天然木を使用しているので見た目もおしゃれで、肘をかけてもぐらつきません。持ち運びしやすいようにハンドルが付いており、折りたたんで簡単に運べます。

サイズ
約108×58×67(h)cm
収納時サイズ
約108×10×60(h)cm
質量
約3.8kg
耐荷重
160kg(80kg×2)
シートの素材
ポリエステル
フレーム素材
アルミニウム

LOGOS (ロゴス)/グランベーシック チェアfor2

LOGOS (ロゴス)/グランベーシック チェアfor2

約32cmの低めに設定された座面で、ロースタイルに最適な二人がけのチェアです。アームレストに木材を使用し、高級感ある仕上がり。可動部分は錆に強いステンレスを使っているので錆び付いて折り畳めないということもありません。また、別売りの専用カバーを装着すれば座り心地抜群で暖かいソファに早変わり!寒い時期にも大活躍ですね。

サイズ
約112×59×72cm
収納時サイズ
112×13×62cm
質量
5.0kg
耐荷重
約260kg
シートの素材
ポリエステル(PVCコーティング)
フレーム素材
アルミニウム

お気に入りのキャンプチェアで快適なひと時を過ごそう!

お気に入りのキャンプチェアで快適なひと時を過ごそう!

今回はキャンプチェア選びの重要性と種類、おすすめのチェアをご紹介しました。
キャンプチェアの選び方次第で、キャンプの快適さは全く異なるものになると言っても過言ではありません!
今回ご紹介したキャンプチェアの選び方を参考に、自分好みのチェアを探してみてはいかがでしょうか?こだわりのチェアで素敵なキャンプの時間を満喫して下さいね。

キャンプの寝心地・過ごしやすさはマットで決まる?おすすめマットもご紹介!
2020/08/17 00:00

キャンプの寝心地・過ごしやすさはマットで決まる?
おすすめマットもご紹介!

キャンプの寝心地・過ごしやすさはマットで決まる?おすすめマットもご紹介!

キャンプマットとは?

キャンプマットとは?

キャンプマットとは、アウトドアシーンで使うマットのこと。寝袋と地面の間に敷く寝袋マットや、テントの中に敷き詰めるインナーマットなどがあります。車中泊やちょっとしたレジャーシートがわりに使えるようなものもあり、1枚持っておくと便利です。

寝袋マットとインナーマットの違い

寝袋マットとは、地面と寝袋の間に敷くマットのことです。比較的小型のものが多く、シングルサイズやダブルサイズのものなど大きさもさまざま。インナーマットはテントの中に敷き詰めて使うマットのことで、比較的大型のものが多くなっています。テントの大きさに合わせて選びましょう!

キャンプマットの効果と必要性

キャンプマットの効果と必要性

キャンプマットって本当に必要なの?と思う方もいるのではないでしょうか?実はマットがあるのとないのでは、キャンプの快適さがかなり変わってきます!
ここでは、キャンプマットの効果や必要性について解説していきます。

断熱効果

キャンプマットの効果として大切なのが、断熱効果です。
特に秋冬は地面からの冷えがきつく、寒くて眠れないという場合も…。そんな時、断熱効果が高いキャンプマットがあると、快適な睡眠につながります◎夏場でも地域や標高によっては夜の冷え込みが厳しい場合があるので、季節に関わらず用意しておくといいでしょう。
重ねて使うことで断熱効果を上げることもできますよ。

地面の凹凸を防ぐ

就寝時やテントでくつろぐとき、意外と気になるのが地面の凹凸です。特に地面がごつごつしやすい山キャンプや、お子さんとのファミリーキャンプでは厚めのマットが1枚あるとかなり快適に過ごせます◎
また、起床時の体のだるさを軽減してくれる効果もあるので泊りのキャンプでは必須アイテムといえるでしょう。

キャンプマットの種類・特徴

キャンプマットは大きく分けて空気を入れて膨らませるタイプと、発泡式タイプの2種類があります。空気を入れるタイプには、バルブを開けると自動的に空気を吸って膨らむインフレーターマットと、ポンプで空気を入れるエアマットがあります。
発泡式タイプには強度に優れたウレタンマットと、安価で手に取りやすい銀マットがあります。

インフレーターマット

インフレーターマット

インフレーターマットは空気を入れて膨らませるタイプのマットです。中には空気だけでなくスポンジも入っており、寝心地が抜群。バルブを開ければ勝手に空気を吸い込んで膨らんでくれるので、ファミリーキャンプなど設置にあまり手間をかけたくない人におすすめです。空気を抜けばコンパクトにまとまるので、持ち運びも楽ちん◎

エアマット

エアマット

屋外でも寝心地に妥協したくない人におすすめなのが、エアマット。包み込まれるような快適な寝心地と、畳んだ時のコンパクトさを両立できます。ただし、空気を注入するのに道具や時間が必要です。時間に余裕のある大人のキャンプにおすすめです!

ウレタンマット

ウレタンマット

エアマットに比べクッション性はやや劣るものの、断熱性と耐久性に優れたウレタンマット。過酷な環境で扱っても傷つきにくいため、山キャンプや自転車・バイクなどでの移動を伴うキャンプにもおすすめです。

銀マット

銀マットは安価にもかかわらず、抜群の断熱性を発揮してくれる高コスパアイテム◎。自分で切って好きなサイズにすることもでき、濡れたり汚れたりしても布でさっと拭けばOK。地面の凹凸の解消には少々弱めで単品の使用には向かないため、他のマットとの併用がおすすめです。キャンプマットを安く手に入れたい方や、季節に応じて手持ちのマットに1枚プラスしたい方には最適でしょう。

キャンプマットの選び方

キャンプマットの選び方

キャンプマットの必要性が分かったところで、気になるのが選び方ですよね。キャンプマットを選ぶ際には、以下のようなポイントを押さえておきましょう!

  • ・収納性で選ぶ
  • ・素材で選ぶ
  • ・サイズで選ぶ
  • ・キャンプに行く時期に合わせて選ぶ

収納性、素材、サイズはもちろん、キャンプに行く時期も重要なチェックポイントです。
防水性のある素材や真冬でも大丈夫な断熱性能など、欲しい機能がついているかチェックしてみてください。重ねて使う場合は厚さにも注意が必要です。

おすすめキャンプマット8選!

ここからはおすすめのキャンプマットを、寝袋マットとインナーマットに分けてご紹介します。さまざまな厚みや大きさのものがあるので、使用シーンに応じて選びましょう!

おすすめの寝袋マット

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットS

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットS

使用時の大きさは200×65×5cm。眠る時以外もちょっとしたマットや腰かけとして使えるので、1枚あると便利です。5cmの厚みがあるため、長く座ったり横になったりしても地面の凹凸や冷たさが気になりません◎

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットW

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットW

先に紹介した商品のダブルサイズです。使用時のサイズは200×130×5cmで、シングルの倍の幅があるので大柄な方も安心。収納時の大きさは67×30cmで、重さは4.3kgです。

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/インフレータブルマットS

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/インフレータブルマットS

スポーツオーソリティのプライベートブランド「アルパインデザイン」のインフレーターマットです。使用時のサイズは188×58×2.5cm。手に取りやすい価格なので、「一度試しにマットを使ってみたい」という方におすすめです。
収納時のサイズは14×59cm、重さ1.1kg。薄くコンパクトなので車中泊や山小屋での宿泊にも◎

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/インフレータブルマットW

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/インフレータブルマットW

上記でご紹介したモデルのダブルサイズです。使用時の大きさは182×110×2.5cm。手に取りやすい価格にもかかわらず薄型・軽量のモデルで、インナーマットとの重ね使いにもおすすめ!収納時の大きさは23×58cm、重さは2.2kgです。

COLEMAN(コールマン)/キャンパーインフレーターマットハイピーク/ダブル

COLEMAN(コールマン)/キャンパーインフレーターマットハイピーク/ダブル

大人気アウトドアブランド「コールマン」のインフレーターマット。収納時のサイズは直径31cm×70cmのコンパクトながら、バルブを開けるだけで10cmのしっかりした厚みのあるマットに展開します。アメリカのブランドのため、使用時のサイズは200×128×10cmと大柄な方にも安心の大きさ。ファミリー向けとしてもおすすめです!

おすすめインナーマット

ここからはテントの中を快適にしてくれるおすすめインナーマットをご紹介します。
テントの中に敷くだけでなく、レジャーシートの下などに敷いて使うこともできますよ。
1枚あるとアウトドアの幅を広げてくれるアイテムです。

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/アウトドアマットレス

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/アウトドアマットレス

スポーツオーソリティのプライベートブランド「アルパインデザイン」のアウトドアマットレス。2分割できるので、まっすぐ横並びにするもよし、正方形にするもよし。シーンに合わせた使い方ができます。

アルミロールマット M

アルミロールマット M

キャンプといえばこれ!という方も多いのではないでしょうか。高い断熱性と抜群のコスパで人気のアルミマットです。好みの大きさにカットして使ったり、上にマットを敷いたり、カスタマイズも楽しめます。

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品 フォールディングテントマット300

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品 フォールディングテントマット300

300×200cm以上の大きさのテントに対応したクッション性の高いフォールディングマットです。厚さが7mmもあるので、テントの中に敷き詰めれば、子どもたちが思いっきり転げ回っても安心!テントの中を快適空間にしてくれるアイテムです。

マットを利用してより快適なキャンプを楽しもう!

マットを利用してより快適なキャンプを楽しもう!

キャンプを思いっきり楽しむためにも、快適に過ごせる空間や睡眠の質は大切です。マットが1枚あると慣れない屋外でもゆっくり過ごせ、ぐっすり眠ることができますよ。マットを利用して快適なキャンプを楽しんでくださいね!

【おすすめキャンプ用品26選】必要な持ち物から便利グッズまで徹底解説!
2020/08/17 00:00

【おすすめキャンプ用品26選】
必要な持ち物から便利グッズまで徹底解説!

【おすすめキャンプ用品26選】必要な持ち物から便利グッズまで徹底解説!

キャンプ用品はこう選ぶ!選び方のポイント

キャンプ用品はこう選ぶ!選び方のポイント

テントやテーブル、調理用具などキャンプを始めるには必要なアイテムがたくさんあり、それぞれのアイテムにも幅広い種類があります。キャンプ用品の基本の選び方とコツを覚えて、自分のスタイルに合ったアイテムを揃えましょう!

初めてでも安心!キャンプ用品の基本の選び方

キャンプ用品を選ぶ際にまず押さえておきたいポイントは以下の通りです。

  • ・使用人数
  • ・やりたいこと
  • ・機能性・耐久性・汎用性
  • ・予算

キャンプ用品の選び方のコツ

キャンプに慣れてくれば、自分の好みやスタイルも明確になってくるはず。より自分に合ったキャンプ用品を選ぶためのコツは以下の通りです。

  • ・収納性
  • ・重さ
  • ・季節に合わせて
  • ・キャンプスタイルに合わせて
  • ・サイトの種類

まず、意外と忘れがちなのが収納性や道具の重さ。慣れてきたらさらに持ち運びやすいものに買い換えるのもよいでしょう。

また、季節によっても必要なアイテムは変わってきます。季節に合わせて、より快適性の高いものを買い足したり、オールシーズン対応のものに買い替えたりするのもおすすめです。

ソロキャンプや登山キャンプ、ツーリングキャンプなどキャンプスタイルはさまざま。やりたいスタイルに合わせてギアを増やしていくのも良いですね。また、車を乗り入れられるオートサイト、広大なスペースに好きにサイトを作れるフリーサイトなどによっても持っていくべき道具は異なります。さらに、高地なら気温が低く、海のそばなら風が強いなど、地形や気候も考慮することも快適なキャンプのためには重要です!

これさえあればOK!初心者から上級者まで押さえておきたいキャンプの定番アイテム

これさえあればOK!初心者から上級者まで押さえておきたいキャンプの定番アイテム

キャンプを楽しむために、初心者から上級者まで押さえておきたい定番アイテムをご紹介します。

【キャンプに必要な持ち物リスト】
  • ・テント
  • ・寝袋
  • ・マット
  • ・テーブル
  • ・チェア
  • ・バーナー
  • ・ランタン
  • ・焚き火台/バーベキューグリル
  • ・調理器具
  • ・食器(カラトリーなど)

テントで眠ったり焚き火台やグリルを使ったアウトドア料理したり、森林浴に天体観測など、日常では味わえないアクティビティがキャンプの魅力の1つ。まずは自分がキャンプでやりたいことに必要なアイテムをチェックし、準備を行いましょう。

テント

日差しや雨風から寝床を守ってくれる、キャンプに必要不可欠なテント。ドーム型や2ルーム型、ティピー型など種類も幅広く、ソロからファミリー用までサイズもさまざまです。テントのタイプによって建てやすさや内部空間の広さなどが異なるので、自分のキャンプスタイルに合ったテントを見つけましょう!

COLEMAN(コールマン)/ タフスクリーン2ルームハウス (タン)

COLEMAN(コールマン)/ タフスクリーン2ルームハウス (タン)

1人でも簡単に設営ができるアシスト機能が嬉しい、ファミリーサイズの2ルーム型テントです。ベッドルームだけでなく、広いリビングスペースを備えています。「タフスクリーン」の名前の通り、強風や雨にも負けない強固な作りも特徴です!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/キャタピラー2ルームシェルター ジュニア

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/キャタピラー2ルームシェルター ジュニア

内部空間が広い、少人数向けの2ルームテント。インナーテントを外せば、シェルターとして日除けに使うことができます。アーチ状の内部にテーブルやチェアを置けば、他のキャンパーを気にせずゆっくり過ごすことができますよ!また、フライとルーフシートは難燃加工で、焚き火の火の粉で穴が開く心配もありません。

寝袋

寝袋はキャンプや登山のほか、防災用品としても使われる携帯用寝具です。形は封筒型、マミー型などが主流です。素材も、軽くて保温性が高いダウンや比較的安価で手入れもしやすい化繊素材など、好みに合わせて選ぶことができます。

また、寝袋を選ぶ際はスペックを細かく確認すると安心です。特に寒い冬場のキャンプに持っていくなら、限界使用温度をチェックしておきましょう!

COLEMAN(コールマン)/マルチレイヤースリーピングバッグ

COLEMAN(コールマン)/マルチレイヤースリーピングバッグ

アウトレイヤー・ミッドレイヤー・フリースの3層構造の組み合わせでオールシーズン対応できる便利な寝袋です。また、洗濯機で丸洗いできるのでいつでも清潔。思った以上に暑かったり寒かったりとキャンプでは想定外の気温が睡眠に大きく影響します。この寝袋なら気温を気にせず、快適に過ごすことができますよ。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ 15度

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ 15度

密着度が高く体との隙間が少ないため、封筒型よりも保温性が高いマミー型。適応温度15℃の春夏用寝袋です。重量1kg、収納時27cmと軽くてコンパクトなので気軽に持ち運べます。首元はサーマル仕様で、暖かさを調節できるので、気持ちよく眠ることができますよ!

マット

硬くてデコボコの地面に直接寝袋で眠ると、背中や腰を痛めてしまう可能性も。また、寝袋だけでは地面の冷気をシャットアウトできず、底冷えしてしまいます。マットの役割の1つとしては、そういった寝づらさを解消し睡眠の質を高めるというものです。

コスパ重視の銀マット、快適性重視のエアーマット、断熱性の高いウレタンマット、機能性重視のインフレーターマットとさまざまな特徴を持ったマットがあります。

Alpine Design(アルパインデザイン)/インフレータブルマットS

Alpine Design(アルパインデザイン)/インフレータブルマットS

バルブを開けると自動的に膨らむ、軽量コンパクトなシングルサイズのインフレーターマット。厚さ2.5cmのウレタンフォームは軽いうえ弾力性も十分で、生地内部にPVC加工を施し、強度と防水性を確保。高い機能性・携帯性がキャンプでの快適な睡眠をもたらしてくれます◎

Alpine Design(アルパインデザイン)/インフレータブルマットW

Alpine Design(アルパインデザイン)/インフレータブルマットW

バルブを開けると自動的に膨らむ、軽量かつコンパクトなダブルサイズのインフレーターマット。シングルサイズと同じ性能で、幅が約2倍なので、2人でもちょっと広めのテントにもぴったり!1人用を2枚持っていくよりもコンパクトに収まるので荷物も減らせて大助かりですね。

テーブル

キャンプの快適さを高めるファニチャー。テーブルは、料理や食事をしたりランタンや飲み物を置いたりとさまざまな場面で活躍します!選ぶ際、収納サイズや何人で使う大きさかなども重要ですが、まず考えるべきは「高さ」です。

料理を楽しみたいならハイスタイル、焚き火を眺めながらゆったりとくつろぎたいならロースタイルがおすすめ。高さ調節ができるタイプもあるので、迷ってしまう方はそちらを選ぶのもよいでしょう!

Alpine Design(アルパインデザイン)/アルミ4フォールディングテーブル160X80

Alpine Design(アルパインデザイン)/アルミ4フォールディングテーブル160X80

長さ160cmの大型キャンプテーブル。高さも2段階調節が可能なので、ハイスタイルもロースタイルも対応できるハイブリット仕様です。4つ折りにしてコンパクトに持ち運べるのが嬉しい◎高さが少しでも合わないと料理はしづらいものですが、このテーブルは高さの微調整もできるので扱いやすさ抜群です!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBアルミローテーブルL

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBアルミローテーブルL

こちらも高さが調節できる便利な、軽量のアルミテーブル。高さ49cmから70cmまで調節可能です。高さが合っているかどうかは、快適さを大きく左右します。このテーブルなら自分に丁度良い高さを実現することができます◎また、脚部が天板と一体になっているので、ワンタッチで簡単に組み立てられて手軽さも抜群です!

チェア

テーブルとセットでキャンプの快適さをアップするのがキャンプチェア。キャンプでは椅子に座って過ごす時間が意外と多いため、チェア選びが快適さを決めると言ってもよいでしょう。

チェアを選ぶときはテーブルと高さを合わせることがとても大事です。ハイスタイル、ロースタイルどちらが自分のキャンプスタイルに合っているかを考えてチェア選びをしましょう!

COLEMAN(コールマン)/コンパクトフォールディングチェア(デニム)

COLEMAN(コールマン)/コンパクトフォールディングチェア(デニム)

ゆったり深く座れる、座面高約28cmのデニム柄ローチェア。触り心地がよく高級感のある天然木をアームレストに採用しているので、気持ちよく体を預けて休むことができます。折りたためばとってもコンパクトに収納可能◎持ち運びに便利なハンドル付きで、キャンプの他にもピクニックにイベントに、どこでも気軽に携帯することができますよ。

COLEMAN(コールマン)/レイチェア(デニム)

COLEMAN(コールマン)/レイチェア(デニム)

3段階にリクライニング調節できるハイバックチェア。背もたれを好きな角度に調節して背中を預ければ、ゆったりとした座り心地に時間を忘れてしまいそうですね。読書やちょっとしたお昼寝にもぴったりです。収納時は自立するため、設置や撤収もラクラク!フレームは軽量アルミ、可動部分はスチールで軽量ですが丈夫な作りなので安心して使うことができますよ◎

バーナー

お湯を沸かしてお茶やコーヒーを楽しんだり、料理を作ったりするのに便利なバーナー。コンロが一口のシングルバーナーと二口のツーバーナーがあります。

焚き火があれば事足りると思う方もいるかもしれません。しかし、天候や熟練度に左右される焚き火より、確実かつ簡単に火を使うことができるバーナーを1つ用意しておくことで、キャンプの快適さは格段に上がりますよ!

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品 パワーハウス LPツーバーナーストーブII

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品 パワーハウス LPツーバーナーストーブII

スリムで持ち運びが便利は高出力LPツーバーナーです。使用時は蓋部分がウインドスクリーンとして機能するので、耐風性抜群!さらに、3500kcal×2のハイパワーなので、アウトドアとは思えない料理のしやすさが魅力です。重量が約4.2kgと重めなので、ツーリングや登山より、オートキャンプ向きのアイテムといえるでしょう!

イワタニ/アウトドアこんろ タフまる

イワタニ/アウトドアこんろ タフまる

耐荷重20kgだからダッチオーブンも置けるバーナー。風の影響で火が消えにくい設計なので、アウトドアで存分に力を発揮します。ご家庭のカセットコンロと同じような形で、ガスも同じものを使うことができ、使い方が分からないなんて心配もありません。別売りのプレートを使うことで、焼肉屋鉄板焼き、たこ焼きまでいろんな料理を楽しむことができます。

バーナー

ランタンは、自然の中で活動するキャンプでただ1つの明かりです。テーブルやテント内に置いてキャンプサイトを照らしたり、夜のトイレなどで暗い足元を安全に移動するために使ったり、キャンプになくてはならないアイテムです。

燃料によって、LED、ガス、ガソリンなどの種類に分けられます。LEDランタンは省エネかつテント内で安全に使える唯一のランタン。ガスランタンは、バーナーと同じガスボンベを使うことができるのが特徴です。ガソリンランタンは、この中で最も光量が大きく、キャンプサイトに十分な明かりを与えてくれます。

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品 2500ノーススターLPガスランタン

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品 2500ノーススターLPガスランタン

手軽に使えるLPガスを燃料にした、約320CPの大光量ランタン。470g缶一本で約4~8時間と十分な時間使うことができます。発光体となるマントルの取り付けは、ワイヤークリップでワンタッチ装着が可能です。使いやすく、明るい光を出してくれるので、メインランタンとしてサイト全体を照らすのに丁度良いアイテムです◎

COLEMAN(コールマン)/ルミエールランタン2011

COLEMAN(コールマン)/ルミエールランタン2011

見た目が可愛いキャンドル風のガスランタン。マントル不要だから手軽に使うことができます。光量は決して大きくはないですが、230g缶で約28~38時間と長時間使用することが可能。ゆらゆらと揺れる炎を、椅子に座ってぼうっと眺めているだけでも癒されますよ。軽くて小さいから持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです!

焚き火台/バーベキューグリル

キャンプといえば焚き火!揺れる炎を眺めてゆっくり過ごすのもキャンプの醍醐味の1つと言えるでしょう。直火禁止のキャンプ場も多いので、焚き火を楽しむなら焚き火台を用意しておくことをおすすめめします。

また炭火を入れて調理するバーベキューグリルも、キャンプならではの雰囲気を楽しめるアイテムです。焚き火とグリル、両方できるハイブリットもあるので、自分のキャンプスタイルに合わせて選びましょう!

UNIFLAME(ユニフレーム )/ファイアグリル

UNIFLAME(ユニフレーム )/ファイアグリル

地面を傷めることなく焚き火ができるアイテム。BBQやダッチオーブンを使った料理も楽しめるファイアグリルです!手頃なお値段で焚き火も料理も楽しめるお得なアイテムです。パンチ穴のあいたロストルが、効率よく薪や炭を燃やしてくれます。約20kgの耐荷重で、ダッチオーブンを乗せて調理することも可能です。折りたたんでコンパクトに持ち運べるので、いろんなシーンで活躍してくれます!

Alpine Design(アルパインデザイン)/ステンレスBBQグリル

Alpine Design(アルパインデザイン)/ステンレスBBQグリル

本体と網をつなぐアームで、網を外すことなく浮かせることができます。炭を足したり動かしたりするのが簡単な設計のBBQグリルです。足の高さを2段階に調節でき、ハイスタイルにもロースタイルにも対応可能。自分好みのスタイルに合わせることができるのは嬉しいポイントですね!トングや火ばさみをかけるフックもついているので置き場所にも困りません。

調理器具

キャンプでは、持っていける荷物の量が限られてしまいます。そのため、調理器具も重量やサイズが大きすぎないものを選ぶ必要があります。調理器具にはクッカーと呼ばれるアウトドア用の鍋やフライパン、スキレットやダッチオーブンなどさまざまな種類があります。サイズもソロからファミリー用まで幅広いので、自分好みの調理器具をそろえていきましょう!

UNIFLAME(ユニフレーム )/FAN5/NEW DX

UNIFLAME(ユニフレーム )/FAN5/NEW DX

大鍋、片手鍋、フライパン、ライスクッカー、メッシュバスケットと、これひとつで大抵の料理を作ることができるセット。大鍋の容量は約5.5L、片手鍋でも約2Lとキャンプには十分な大きさなので、4~5人分の調理をまかなうことができます。付属の収納ケースで1つにまとめることが可能◎グループキャンプやファミリーキャンプで大活躍してくれそうですね!

COLEMAN(コールマン)/アルミクッカーコンボ

COLEMAN(コールマン)/アルミクッカーコンボ

こちらもワンセットで必要な調理器具が揃うクッカーセットです。料理中、フライパンに料理がくっついてしまったり、洗い物をしても汚れが取れないなんてことありませんか?このアイテムは内側にノンスティック加工がしてあるので、くっつきにくく汚れも取れやすいので調理も洗い物もラクラク!キャンプでは意外と洗い物が大変。汚れが落ちやすいのは嬉しいポイントですね◎

食器(カラトリーなど)

食事に欠かせない箸やスプーンといったカトラリーやプレートなどの食器は、キャンプご飯をより楽しく、より美味しく見せてくれるアイテムです◎

キャンプに持っていくカトラリーは、荷物にならないようサイズ・重量などに気を付けて選びましょう。他にも、素材やデザインなど選ぶためのポイントがあるので、お気に入りのカトラリーと食器を見つけてくださいね!

Alpine Design(アルパインデザイン)/テーブルウェアセット 4

Alpine Design(アルパインデザイン)/テーブルウェアセット 4

グリーンとピンクのボタニカル柄がシンプルで可愛い、軽くて丈夫なメラミン製の食器セットです。耐熱温度100℃で熱いお茶やコーヒーなども入れられます。外で使うものなので、壊れや変形の心配がないのはありがたいですね。セット内容はマグカップ・ボウル・ランチプレートが各色2セット入っており、ファミリーでの利用にもぴったりです。

Alpine Design(アルパインデザイン)/カトラリーセット 4(ケース付)

Alpine Design(アルパインデザイン)/カトラリーセット 4(ケース付)

スプーン、フォーク、ナイフを各4本揃えたカトラリーセット。持ち手には天然木を使っているので握りやすく、見た目も高級感があります。竹でできた収納ケースは見た目もよく安全にカトラリーをまとめられます!キャンプだけでなく家でも便利に使えるのも嬉しいポイント◎

キャンプに慣れてきたら!さらにプラスしたい上級者向け便利グッズ

キャンプに慣れてきたら!さらにプラスしたい上級者向け便利グッズ

キャンプに慣れてくると自分のキャンプスタイルや、やりたいこともより具体的になってきます。自分のキャンプスタイルに必要なものや次のキャンプでやってみたいことなどが分かってきたら、必要なアイテムを買い足していくことも考えてみましょう。

さらにプラスで持っておきたいアイテムには、以下のようなものがあります。

  • ・タープ
  • ・グランドシート&インナーマット
  • ・クーラーボックス
  • ・アウトドアワゴン
  • ・収納ボックス

タープ

快適な居住空間を広げ、夏場の強い日差しや雨風からリビング空間を守ってくれるのがタープ。種類もレクタタープやヘキサタープ、スクリーンタープなどさまざまです。
特に広い前室やキャノピーがないテントを持っていくなら、キャンプを快適にするためにもタープの購入を検討しましょう。

張り方もいろんなアレンジができるので、個性的なサイトを作り出すこともできますよ!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/レクタタープAL 320X300

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/レクタタープAL 320X300

設営しやすくアレンジもしやすい長方形タイプのタープ。UVカット加工で紫外線90%カット!耐水圧も約3000mmで雨にも強いから、強い日差しや急な悪天候にもしっかり対応してくれます。また、ポールにはアルミニウムを採用しているため総重量約2.9kgと軽量なのも嬉しいポイント◎

グランドシート&インナーマット

グランドシートは、テントの底面を地面から守ったり湿気を防いだりしてくれます。また、インナーマットはテント底面の快適性を高め、ゴツゴツした地面の感触から守ってくれます。どちらもテントで過ごす時間を快適にするために揃えておきたいアイテムです!

LOGOS(ロゴス)/テントピッタリグランドシートSOL

LOGOS(ロゴス)/テントピッタリグランドシートSOL

ソロテントにぴったりのグランドシートです。フロアシートと地面の間に敷き、フレームに結びつけるだけで完成。PEラミネートクロスで地面からの浸水や湿気を防いでくれるので、朝起きた時にテントの床面がしっとり湿っているなんてこともありません!ソロテントサイズ以外のサイズもあるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

Alpine Design(アルパインデザイン)/アウトドアマットレス

Alpine Design(アルパインデザイン)/アウトドアマットレス

凹凸を吸収してくれる発泡ポリエステルを使っているので、ゴツゴツした地面で体が痛いといった事態を防ぐことができます。また、2分割できるので、縦に並べて横になったり正方形に並べて何人かで座ったりといろいろな使い方ができます。ベルトを使ってコンパクトに収納することもできるので持ち運びも困りません!

クーラーボックス

飲み物の温度や肉や魚の鮮度を保ってくれるクーラーボックス。食中毒の予防にも一役買ってくれる大事なアイテムです!発泡ウレタンを使ったハードタイプやアルミ蒸着とポリエチレンなどのソフトタイプ、発泡スチロールなど種類もさまざまなので自分のキャンプスタイルに合ったものを選びましょう。

COLEMAN(コールマン)/エクスカーションクーラー30QT (オリーブ)

COLEMAN(コールマン)/エクスカーションクーラー30QT (オリーブ)

約28Lの容量に保冷力2日と、少人数キャンプに十分な性能を持ったクーラーボックス。ベイルハンドルで持ち運びしやすく、置いておけばテーブルやベンチ代わりに利用することもできる便利アイテム◎掃除しやすい加工がされており、いつでも清潔に使うことができますよ。

アウトドアワゴン

オートキャンプ場のように車で入り込めない場合、荷物の積み下ろしはとても大変。そんな時、アウトドアワゴンがあれば、重い荷物もまとめて余裕で運ぶことができます。キャンプを楽しむ前に疲れてしまった…なんてことがないよう、アウトドアワゴンを揃えておくことをおすすめします!

COLEMAN(コールマン)/アウトドアワゴン(デニム)

COLEMAN(コールマン)/アウトドアワゴン(デニム)

大型タイヤでスムーズに荷物を運び込むことができるワゴン。キャンプ道具をこの中に入れて置いておくのにも便利で、使わない時はコンパクトに畳むこともできる優れもの。キャンプだけでなく、野球のようなスポーツで道具を運び出すのにも便利なアイテムです◎

収納ボックス

キャンプ道具をスッキリさせてくれるアイテム。ゴチャゴチャになりがちなキャンプ道具をきれいに仕分け・収納するのにぴったりです。ゆっくりと穏やかなキャンプ時間を過ごすためにも、収納ボックスを使って散らからないように工夫しましょう!

COLEMAN(コールマン)/ラギッドマルチコンテナーLL

COLEMAN(コールマン)/ラギッドマルチコンテナーLL

汚れを落としやすく丈夫な仕様のキャリーケースです。ディバイダーが付いていて整理するのに便利!カトラリーや食器、バーナーなどの荷物を1つにまとめて収納しておけるので、ゴチャゴチャせずスッキリとしたサイトを保つことができます。

初心者から上級者まで愛用できるキャンプ道具の定番!おすすめメーカー・ブランド3選

キャンプ用品選びではブランドにも注目しましょう。アウトドアブランドは、それぞれが「我が社のブランドはこう」と言える特徴や世界観を持っています。
ここでは、初心者から上級者までが愛用するおすすめアウトドアブランドを3つご紹介します。

① タラスブルバ

①タラスブルバ

1976年、ASICSより日本発のアウトドアブランドとして誕生したタラスブルバ。2010年に1度は生産が終了するものの、2017年にスポーツオーソリティのプライベートブランドとして復活を遂げました!「自然の知恵」「技術と科学」「人々の思い」の3つのキーワードを掲げてものづくりに励む和製アウトドアブランドです。高い品質に加え、他のブランドに比べて価格もリーズナブルなものが多い特徴があります。

② コールマン

②コールマン

コールマンは、日本で広く知られているアウトドアブランドの1つではないでしょうか。歴史も古く、1900年頃にアメリカでガソリン式ランプの販売からスタートしたのが始まりです。「ダークルームテクノロジー」など、快適性を追求した技術やデザイン性の高いアイテムが魅力のアウトドアブランドです。

③ スノーピーク

③スノーピーク

スノーピークは、1958年に創業した日本のアウトドアブランドです。完全国内生産の品質と機能性が支持されており、お洒落なデザインも人気の理由になっています。
比較的高価な製品が多いスノーピークの製品ですが、実は長期間使えるように品質を保証しており、製造上の欠損が原因の場合は無料で修理を受け付けています。このような手厚いアフターサービスも高い人気の理由と言えるでしょう。

キャンプ道具はレンタルもできる!

キャンプ道具はレンタルもできる!

キャンプ用品は安価なものばかりではないので、購入前によく吟味されたい方もいると思います。また、実際の使い心地が知りたい方も多いと思います。

そんな時はキャンプ用品のレンタルを利用してみるのもよいでしょう!一式レンタルしてくれるキャンプ場もあります。試してみたいアイテムがあったり、いくつか候補があって迷っていたりする場合は買う前に1度レンタルをしてみると、お気に入りのキャンプ用品を見つけられるかもしれません◎

自分に合った道具を揃えてキャンプに出かけよう!

キャンプを始めるために必要なアイテムを選ぶ基本や、選び方のコツについてご紹介してきました。ビギナーの方は基本アイテムを押さえて、慣れてきたら徐々にやりたいことに合ったものを買い足していくのがおすすめです。

上級者の方も新たにアイテムを買い足すことで、いつものキャンプをグレードアップさせられたり、一味違ったキャンプを楽しめたりするでしょう。
今回おすすめしたアイテムも参考に、ぜひお気に入りのキャンプ道具を見つけてみてください!

キャンプでのテント選びのポイントを解説!おすすめテントも種類別に紹介
2020/08/17 00:00

キャンプでのテント選びのポイントを解説!
おすすめテントも種類別に紹介

キャンプでのテント選びのポイントを解説!おすすめテントも種類別に紹介

テントを選ぶポイント

テントを選ぶ際に気をつけたいポイントを5つご紹介します。ポイントを押さえて、自分のキャンプスタイルに合ったテントを見つけましょう。

目的に応じてサイズを選ぶ

目的に応じてサイズを選ぶ

テントにはソロ向けの小さいものからファミリー向けの大型サイズまで、いろいろな大きさのものがあります。テントを選ぶ際は何人で、誰とキャンプを楽しみたいのかを1つの基準として考えましょう。家族で楽しむなら初心者や女性でも設営がしやすいか、子どもが一緒でも安全に使用できるかも考慮しておくと安心です◎

快適性や機能性で選ぶ

快適性や機能性で選ぶ

テント内でゆっくりと過ごすのは、キャンプにおける醍醐味の1つといえるでしょう。キャンプを存分に楽しむためにも、快適にくつろいだり眠ったりできる環境やスペースを作ることが大切です!

また、自然を楽しむ上では、季節や急な天気の変化も考慮しておきましょう。防寒や通気性、防水(耐水圧)などの機能もチェックしておくと快適に過ごすことができます。

その他にも人数や、キャンプに使う道具などをふまえて快適に過ごせるかを意識したテント選びを心がけましょう!

デザイン性で選ぶ

デザイン性で選ぶ

テントはデザインもさまざま。形も、一般的なドーム型のテントから大人数向けのロッジ型、特殊な形状のものもあります。キャンプに慣れてちょっと個性を出したいなら、デザインや形重視でテントを選ぶのもおすすめです!

価格で選ぶ

キャンプ道具を一式そろえるには費用がかかってきます。初心者がキャンプを始めるのに最初のハードルになることも多いのではないでしょうか?
最近ではお手頃な手に取りやすい価格 のテントでも十分にキャンプを楽しめますよ◎アイテム選びで迷ったら、店員さんや先輩キャンパーさんに相談してみるのをおすすめします!予算に合ったものを選べるようアドバイスをもらえるはずですよ。

設営のしやすさで選ぶ

設営のしやすさで選ぶ

テントを選ぶとき、考えておきたいのが設営のしやすさです。キャンプ初心者であれば、できるだけ設営の難しくないものを選ぶのがおすすめです。
また、参加人数や誰とキャンプをするかによって、選ぶべきサイズやテントの造りは変わってきます。やりたいキャンプに最適なテントをチョイスしましょう!

テントの種類とおすすめテントを紹介

テントの種類

タイプ
特徴
こんな人におすすめ!
ドーム型
・設営しやすい
・比較的安価
・重量が軽いものが多い
・室内空間が広い
・風に強い
・初心者
・ツーリングキャンプ
・ソロ~2、3、4人 の家族
2ルーム型・トンネル型
・寝室に加え広いリビングスペースがある
・雨や虫を防ぐ構造
・4~5人の家族
※テントサイズによっては5人以上も可
ティピー型
・天井が高く居住性に優れる
・設営や撤収方法がシンプル
・デザインがおしゃれ
・4~5人の家族
※テントサイズによっては5人以上も可
ワンタッチ・ポップアップ型
・設営・撤去が簡単
※風などに弱い場合がある
・比較的安価
・忘れ物が少ない
・ピクニック
・デイキャンプ
ロッジ型
・天井が高く、広い空間が得られ居住性に優れる
・デザイン性が高い
・4~5人の家族
※テントサイズによっては5人以上も可
特殊タイプのテント
・特殊な形状で個性を出せる
・複合的な機能を持っている
・キャンプ経験者向け
※「エアチューブ」は初心者も設営簡単

※人数は目安です。テントによって最適人数は異なります。

テントの種類は大きく分けて上記の通りです。それぞれの特徴の詳細とおすすめのテントを紹介していきます◎

【サイズが選びやすく組み立ても簡単】ドーム型テント

一般的に普及しており、サイズも豊富、。人数に応じて選びやすいのがドーム型テントです。他のテントに比べて比較的安価なものが多く、ポールが少なく軽量なので、設営がしやすいため初心者には 最適でしょう。が特徴 です。さらにドーム型の形状は風の影響を受けにくく安心。組み立ても分かりやすいためです!、ビギナーや初心者でも キャンプを楽しみやすいタイプです!

COLEMAN(コールマン)/ATHENA DOME/270(CK)

COLEMAN(コールマン)/ATHENA DOME/270(CK)

夏場は熱気がこもりがちなテント内も、通気性抜群のサークルベンチレーションシステムで快適な温度に保たれます。フライにはポリエステルリップストップを採用し、軽くて丈夫な上、防水・撥水加工もバッチリ!室内は天井も高く広々としているので、家族でゆったりと過ごすことができますね。

Snow Peak (スノーピーク)/AMENITYDOME M

Snow Peak (スノーピーク)/AMENITYDOME M

ポールとスリーブの色を合わせてガイドにしているため、テント設営が初めての方も間違わずに設営可能です。さらに広めの前室は収納力抜群!ちょっとテントを離れるときや夜眠るとき、外に荷物を置いておくのは不安ですよね。そんな時に荷物を置いておけるスペースがあると、安心して過ごすことができます。

COLEMAN(コールマン)/WM NOTOS DOME/270

COLEMAN(コールマン)/WM NOTOS DOME/270

コールマン最高峰のモデルであるウェザーマスターシリーズのテント。非常に高い耐水圧と換気性能を有しているため、一見玄人向けのテントのように思うかもしれません。しかし、ノトスドームは初心者でも短時間で簡単に組み立てられるように設計されているのが特長です。あらゆる快適さを追求したこのテントがあれば、設営の失敗や悪天候などを心配する必要はありません!

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

【テント内が二部屋構造!】2ルーム型・トンネル型

寝室としての役割に加え、リビングスペースも兼ね備えているのが2ルーム型・トンネル型のテントです。タープの役目を果たすリビング部分は、急な雨や強い日差しを遮ってくれます。テントとタープが1つになった構造は、設営の手間や収納スペースを減らす効果もあり便利です◎

COLEMAN(コールマン)/TOUGH SCREEN 2ROOM HOUSE

COLEMAN(コールマン)/TOUGH SCREEN 2ROOM HOUSE

アシスト機能がついているので1人でも設営ラクラク。ファミリーキャンプでお父さんが大活躍できます!広い前室、室内の空気を循環させるサークルベンチレーションが高い快適性を実現。雨風にも強いつくりだから、悪天候でも楽しいキャンプの思い出をつくれるはずです◎おしゃれで落ち着いた雰囲気のカラー「タン」は、スポーツオーソリティ限定色なので、ぜひチェックしてみてください!

LOGOS(ロゴス)/チャレンジセットNEOS 3ルームドゥーブル

LOGOS(ロゴス)/チャレンジセットNEOS 3ルームドゥーブル

風は通しながら虫や紫外線から守る、超大型のデビルブロックルームが付いたとにかく広い3ルームテントです。車とのリンクも簡単に行え、さらにテントの大きさにぴったりサイズの防水マット・グランドシートもセットだから、初のファミリーキャンプにも◎。

COLEMAN(コールマン)/アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

COLEMAN(コールマン)/アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

5~6人で使える巨大テント。インナーの高さは185cmあり、大人が余裕で立てるほどです。インナーを外せば超巨大なシェルターとして使え、中にチェアやテーブルを置いてくつろぐこともできますよ。サイドに大きなメッシュ窓が付いているので、開放的かつ快適に過ごせるでしょう!

【広い空間でゆっくりくつろげる】ティピー(モノポールテント)型

とんがり帽子のような三角形が特徴のティピーテントは、底辺をペグダウンしたら中心にポールを一本立てるだけでできる、シンプルなテントです。

設営がしやすく収納サイズもコンパクトなのでビギナーにもおすすめ!見た目もおしゃれで個性的なものが多いのも魅力です。高さがあるため、居住性にも優れています◎雨よけがないものも多いため、タープとセットで利用するのがおすすめです。

COLEMAN(コールマン)/エクスカーションティピー/325

COLEMAN(コールマン)/エクスカーションティピー/325

雨が入り込むのを防ぐ前室がついている、3~4人用の使いやすいティピーテント。ちょっとした荷物も置けるから便利ですね。さらに、重量は約6kgとコンパクトにまとまり持ち運びもスムーズ。設営の手間も掛からない上価格もお手頃だから、初心者やビギナーにもおすすめのテントです!

COLEMAN(コールマン)/エクスカーションティピー/325+

COLEMAN(コールマン)/エクスカーションティピー/325

エクスカーションティピー325の良さに加え、フライの性能をアップ!日光を90%ブロックしてくれる素材は、室内の温度上昇を抑えてくれるから夜もぐっすり眠れます。夏の暑い時期でも快適に過ごせますよ。さらに、インナーシートとグランドシートもセットで付属しているので、ティピー型テントを快適に楽しめます!

LOGOS(ロゴス)/ナバホ ティピー400

LOGOS(ロゴス)/ナバホ ティピー400

シンプルな構造のティピーテントで組み立て簡単。フレームには丈夫で軽いジュラルミンを採用しています。フライシートには開閉可能なベンチレーションを搭載。結露の心配もありません。おしゃれなナバホ柄は、個性的なキャンプサイトを演出してくれますよ!

【ビギナーでも扱いやすい!】ワンタッチ・ポップアップ型

ワンタッチで設営完了。組み立てやすさNo. 1のタイプです!収納はコンパクトですが、サイズの割に重いものもあるため、登山やツーリングなどには少し不向きかもしれません。しかし、ものによってはペグダウンも不要、広げるだけなので手間もかからないという大きな利点があります。

車でのキャンプや、ピクニックなど短い時間で楽しみたい場合は設営の手軽さが最大限活かされるでしょう!

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ポップアップシェルターテントII

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ポップアップシェルターテントII

開いてフライシートをかぶせるだけの簡単設営!コンパクトに収納できるだけでなく重量約2.5kgと軽量なので、キャンプはもちろんピクニックなどにも気軽に持っていくことができます。インナーを別売りのコットに接続すれば快適な寝床も作れて本格キャンプも楽しめますよ。

COLEMAN(コールマン)/クイックアップドーム/W+

COLEMAN(コールマン)/クイックアップドーム/W+

本格的なドーム型テントに見えるのに設営はとっても簡単!インナーシートは広げるだけ、フライシートを被せてペグダウンすれば完成です。さらに、日光を90%遮断できるフライシートは、夏場でも室内の温度上昇を軽減してくれます。ショルダーストラップもついているので、夏場の野外フェスやツーリングキャンプにもおすすめです!

COLEMAN(コールマン)/クイックアップドーム/S+

COLEMAN(コールマン)/クイックアップドーム/S+

クイックアップドームの一人用サイズです。クイックアップドームのダークルームテクノロジー など高い性能はそのままに、さらに軽量コンパクトになっています。これだけ高性能なテントなのに初心者でも手を出しやすい価格は嬉しいですね。設営や撤去もしやすくソロツーリングにもおすすめです!

【自分だけの特別な空間を創り出す】ロッジ型

その名の通り、まるでロッジのような佇まいのテント。ロッジ型は他のテントに比べ、値段が高く重量のあるものが多くなっています。しかしその分、室内の天井部分は端の方まで高さが保たれているものが多く、開放的な空間を作り出してくれます。
また、レトロなデザインもロッジ型の特徴。人とはちょっと違った雰囲気を創り出すことができます。

ogawa(オガワ)/オーナーロッジタイプ52R

ogawa(オガワ)/オーナーロッジタイプ52R

まるで山小屋のような見た目がおしゃれな5人用のオガワのオーナーロッジ。正面の格子デザインが素敵ですね。側面は全方向にメッシュが完備され、通気性だけでなく開放感も抜群!テント内は広くファミリーやグループキャンプなどでも快適に過ごせます。せっかくのキャンプをこだわりの空間で楽しみたいという方におすすめです。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

LOGOS (ロゴス)/リバイバルコテージ L-BJ

LOGOS (ロゴス)/リバイバルコテージ L-BJ

長期滞在を想定して作られているため、室内の有効スペースの広さや通気性といった居住性の高さが魅力のテント。両サイドをポールで立ち上げれば大型のキャノピーとしても使えます。人数や利用シーンによって様々な使い方ができるのがリバイバルコテージです!

ogawa(オガワ)/ティエラ5-EX-2

ogawa(オガワ)/ティエラ5-EX-2

ティエラは、ogawaのロングセラーシリーズで、バランスの良さが特徴です。インナーは快適性を重視しT/C素材を使用。完全防水素材PVC採用で、安心の防水性能に加え、強度・耐候性などの性能も高く居住性も抜群です。夏も冬も、アウトドアを楽しみたいご家族におすすめしたい逸品です。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

【他のキャンパーと差がつく!】特殊な形状や構造のテント

これまでご紹介したテントタイプ以外で、形状や構造が特殊なものも存在します。例えば「エアフレーム」という空気を注入して組み立てるタイプのテントは、設営の手間がかからずビギナーでも扱いやすいのが特徴です。

また、普通のテントにはない形状のテントならキャンプ場で目立つこと間違いなし!個性的なテントサイトを作ることができますよ◎

LOGOS(ロゴス)/エアマジック リビングハウス

LOGOS(ロゴス)/エアマジック リビングハウス

設営に手間がかかるという大型テントの弱点を、空気を注入する「エアチューブ」によって解決した簡単設営のテント。専用のポンプで空気を注入すれば、短時間での設営が完了!大きなテーブルや大人数分のチェアを置けるリビングスペースは、前後のキャノピーを立ち上げればさらに広く使えます。ファミリーやグループキャンプにおいて、この次世代スタンダードテントは心強い相棒になってくれるでしょう。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

ogawa(オガワ)/トリアングロ

ogawa(オガワ)/トリアングロ

まるでインナーの上に大きなタープを被せたような作りの特殊な構造のトリアングロ。このタープのような部分、実は大きなフライシートなんです。もちろん単体でも使用でき、タープ泊も可能。さらにインナーは前後左右4面それぞれがメッシュになっており、夏も快適です。さまざまなキャンプスタイルが楽しめるこのテントなら素敵な時間を過ごせること間違いありません!

目的にあったテントを選びでキャンプを思い切り楽しもう!

目的にあったテントを選びでキャンプを思い切り楽しもう!

テントを選ぶ際のポイントやおすすめのテントについて、タイプ別に紹介してきました!キャンプを最大限楽しむために欠かせないテント。設営のしやすさやデザイン、サイズや快適さなど選ぶポイントがたくさんあります。誰と何人で行くか、どんなことをしたいのか、目的に合ったテントを選んでキャンプを思い切り楽しみしょう!