他の記事を選ぶ

【ソロキャンプの始め方】おすすめテントや料理道具・焚き火などの楽しみ方まで完全ガイド
2020/07/10 00:00

【ソロキャンプの始め方】おすすめテントや
料理道具・焚き火などの楽しみ方まで完全ガイド

【ソロキャンプの始め方】おすすめテントや料理道具・焚き火などの楽しみ方まで完全ガイド

ソロキャンプの魅力や醍醐味とは?

ソロキャンプの魅力や醍醐味とは?

自然に囲まれて1人、自由な時間をゆっくり過ごせるのが「ソロキャンプ」ならではの魅力です。また、誰にも邪魔されないので、キャンプでの過ごし方や楽しみ方は人それぞれ。大勢でいくキャンプとは、また一味違った楽しさや贅沢な時間を味わえるのも、お一人様キャンプの良さとも言えるでしょう。

さまざまなソロキャンプスタイルと楽しみ方

ソロキャンプとひとくちに言っても、オートキャンプスタイルから、バイクで旅するソロキャンパー、バックパックでソロキャンプを楽しむスタイルなど多様です。また、その楽しみ方も人それぞれです!ソロキャンプならではの楽しみ方について見ていきましょう。

楽しみ方その①:自分好みの料理を作る

ソロキャンプでは、自分で好きな料理を作ってキャンプ飯を楽しむのも魅力のひとつです!誰にも気を遣うことなく、自分好みの料理を、好きな時にゆっくりと楽しめます。

楽しみ方その②:焚き火をしながら贅沢な時間を味わう

キャンプでの醍醐味と言えば焚き火!誰にも邪魔されないので、1人で贅沢に焚き火を楽しめます。ビールを飲みながら、焚き火を眺める時間も素敵ですね。また、焚き火台1つでBBQも楽しめるのでオススメ!

楽しみ方その③:外でコーヒーを飲みながらゆったり過ごす

アウトドア用のコーヒー器具を持っていけば、自分でコーヒーを淹れて、山でも美味しくコーヒーが楽しめます。一杯のコーヒーを片手に、自然に囲まれながら至福のひと時を味わえるのは最高ですね。

ソロキャンプの道具選び!4つの基本

これからソロキャンプを始めよう!となった時に、まず悩むのが、キャンプの道具選びではないでしょうか?キャンプ道具は種類も豊富で、その中から選ぶのは意外と大変。ここでは、初心者が最低限押さえておきたいソロキャンプの道具選びのポイントを紹介します!

①やりたいことやキャンプスタイル

やりたいことによって、揃えるべき道具は変わってきます。どんなソロキャンプスタイルで、どんなことをやりたいか決めましょう。

また、初心者ソロキャンプであれば、最初からキャンプ道具一式を全て揃えるのではなく、優先順位を決めて、最低限必要なアイテムから揃えることをおすすめします。

②コンパクト性や軽量性

車なのか、バイクなのか、自転車なのか、移動手段によって持っていけるアイテムは変わります。車の場合、持っていく荷物の量はそこまで気にする必要はありません。しかし、バックパックでのキャンプスタイルの場合、持っていける荷物に限りがあります。移動手段などによって、コンパクト性や軽量性を重視して選びましょう。

③予算

ソロキャンプのアイテムも、低価格なものから高価格なものまで幅広く展開しています。そのため、予算に合わせて、アイテム選びは慎重に行いたいところ。最初から一気に揃えようと買い過ぎてしまい、後から後悔してしまうなんてことも…。もちろん、最初から一気に揃えなくてもOK◎ソロキャンプ用にセットでレンタルできるキャンプ場もあるので、手軽に楽しみたいという方は利用してみるのもオススメです。

④機能性・耐久性・汎用性

価格だけではなく、機能性や強度なども重視して選びましょう。特に、夏から冬までオールシーズン使える万能アイテムや、調理にも使える焚き火台など、さまざまなシーンで幅広く活用できる汎用性の高いものは、荷物を少なくできるのでオススメです。

ソロキャンプで最低限必要な道具一式って?

道具選びのポイントが押さえられたら、次にソロキャンプに必要な道具一式を見ていきましょう。

【ソロキャンプの道具一式】

<寝る>
  • ・テント
  • ・寝袋&マット
<くつろぐ>
  • ・タープ
  • ・テーブル
  • ・チェア
  • ・焚き火台
  • ・ランタン
<食べる>
  • ・調理に必要な器具やアイテム(クッカーなど)
  • ・クーラーボックス
  • ・バーナー

上記がソロキャンプで最低限揃えておきたいアイテムです。特にタープやテーブルなどのアイテムはゆったりとくつろぐのにあると便利。その他、料理を作る場合には、作りたい料理に合わせて調理グッズも必要に応じて揃えていくと良いでしょう!

1.ソロキャンプのマストアイテム:テント

まず、ソロキャンプで忘れてはならないのが「テント」。特に、コスパや軽量性、設営のしやすさ、テントの前室の有無などが選ぶポイントです。また、一人でも比較的設営しやすいワンタッチ式テントやワンポール式テント、ポップアップ式テントなどもオススメ。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

ツーリングにもおすすめのタラスのテント。収納時サイズは約52×14cm、重量は約2.6kgと、軽量かつコンパクトにたためるのが特長。また、インナーテントはオールメッシュ採用で、夏でも快適に過ごせます◎耐水圧は3,000mmと、雨の日でも安心して使えるのも嬉しいポイント。機能性や使い勝手、軽量性を兼ね備えたコスパ抜群のテントです◎

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム/ST+

遮光性に優れた素材の1~2人用のコンパクトテント。日光による温度上昇を抑えて、テント内も快適に過ごせます。また、「ダークルームテクノロジー」採用で、朝方までぐっすりと眠れるような作りに。さらに収納時は、直径19cm×49cmとコンパクトにまとまり、持ち運びにも便利です。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

2.あれば快適さが変わる:タープ

日よけや雨対策に役立つのが屋根の役目を果たす「タープ」。荷物に余裕があればぜひ持っていきたいアイテムです。また、荷物を最小限にするために、タープのみで行うタープ泊キャンプスタイルも楽しめます◎こちらも、軽量性やコンパクト性、設営のしやすさは重視したいとポイント。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/レクタ タープ AL 320X300

一人でも設営がしやすい長方形タイプのタープ。張り方次第で、さまざまなパターンの設営が可能です。テントと併せて設営することで、広いリビングスペースを作ることができます。また、UVカット加工でしっかりと紫外線対策ができます◎収納ケース付きで、軽量コンパクトに持ち運びもできます。

3.快適な睡眠に必須のアイテム:寝袋&マット

キャンプで睡眠に欠かせないのが寝袋とその下に敷くマット。ソロキャンプでは運びやすいコンパクト性を兼ね備えたものがオススメです。特に、夏~冬まで使える汎用性の高いアイテムであれば、オールシーズン使うことができますよ!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ 15度

重量は約1.0kgと軽量なマミータイプの寝袋です。身体にフィットし、省スペースなマミー型は、荷物を最小限に抑えたいソロキャンパーにオススメ。また、首元は、サーマル仕様で、暖かさの調整が可能◎収納ケース付きで、コンパクトにまとまり持ち運びにも便利です!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットS

こちらは、表面がフロッキー加工された肌障りの良いシングルサイズのマット。バルブを開けることで空気が自動的に入るので、マットを膨らませるのに時間がかかって大変…なんてこともありません。また、厚さ5cmのウレタンフォーム採用で、弾力性に優れ快適な寝心地をサポートしてくれます。

4.くつろぎ空間を作る:テーブル&チェア

一人キャンプをゆったり過ごすのに欠かせないテーブルとチェア。テーブルとイスはそれぞれ高さが揃った物を選ぶのがベストです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ) /ウッドロールテーブル S

天板をロール状にして、非常にコンパクトに収納ができるウッドロールテーブル。天然木「ホワイトアッシュ」を採用し、強度と耐久性を兼ね備えたタフな造りになっています。収納ケース付きでコンパクトに持ち運びがしやすいのもポイント。

TARAS BOULBA(タラスブルバ) /TBアッセンブルウッドチェア

分解してコンパクトに持ち運びができるウッドチェア。野球のバットなどにも使われる天然木を使用し、強度と耐久性を併せ持ち、しっかりとした造りに。ソロキャンプで、ゆっくりとくつろいだり、座りながらの長時間の作業にも最適です◎

5.夜の楽しみが広がる:焚き火台

一人キャンプでの醍醐味ともいえる「焚き火」。ソロキャンプでも、持ち運びができる焚き火台でれば、手軽に楽しむことができます。また、網付きの焚き火台であれば、焚き火だけでなく、調理にも使えるのでオススメです。

BUNDOK(バンドック)/焚火スタンドハンディ

コンパクト収納で、持ち運びしやすいバンドックの焚き火台。通気性の優れたメッシュシートは、薪に火が付きやすく、効率よく燃やすことができます!また、細かい網目のため、気になる灰の落下もありません。組み立ても簡単なので、手軽に焚き火を楽しみたいというソロキャンパーにオススメです。

6.ソロキャンプで照明は必須:ランタン

キャンプ場は、自然が多い場所なので夜になると灯りが必要です。特に、ソロキャンプで安全に使用したいのであれば、LED式ランタンがオススメ。ランタンにも種類があるため、移動方法や用途に合わせて選びましょう。

COLEMAN (コールマン) /バッテリーガードLED ランタン/200 (レッド)

コンパクトサイズでソロキャプにも最適なコールマンのLEDランタン。消灯中の過放電を防止するバッテリーガードで、電池を長持ちさせてくれます。また、温かみのある暖色で、おしゃれな雰囲気を楽しめます。キャンプはもちろん、災害時などのいざ!という時にも、安心して使えるアイテムです。

7.あらゆる料理シーンで活躍する:バーナー

コーヒーを沸かしたり、ご飯を炊いたり何かと料理シーンに欠かせないのが「バーナー」。ソロキャンプでは、携帯性を重視して選ぶのがオススメ。

イワタニ/カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

軽量コンパクトで持ち運びにも便利なコンパクトバーナーです。手軽なカセットガスが燃料なので、ツーリングにも最適。また、炎を風からガードしてくれるゴトク構造でキャンプなど野外での使用にピッタリです。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

SOTO/レギュレーターストーブ FUSION

キャンプでも快適に使える優れた台風性能を備えたバーナーです。さらに、マイクロレギュレーター搭載で、安定した火力を維持できます。持ち運び時には、4本のゴトクを折り畳み、コンパクトに収納ができるので、荷物もかさばりません。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

8.美味しいキャンプ飯を作る:料理道具

美味しいキャンプ飯を食べるのに欠かせない、調理アイテム。自分の作りたい料理に合わせて、調理器具を選びましょう!ここでは、料理を作る際の、定番アイテムの1つとしておすすめのクッカーを紹介します。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/スキレット

じっくりとムラなく火が通る鋳鉄(ちゅうてつ)製のスキレット。鍋の内側の側面が厚く、蓄熱性も高いため、素材の美味しさを最大限に活かして調理することができます。ステーキを焼いたり、アヒージョを作ったり、さまざまな料理が楽しめます。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン) /ホットサンドクッカーIH

前後を取り外すことで、フライパンとしても使える便利なホットサンドクッカー。家庭でも使えるIH対応なのも嬉しいポイント◎具材次第で、スイーツや、ご飯を作れたりと、一つ持っておくとキャンプでも幅広く料理を楽しめます。

ソロキャンプに最適な場所とは?キャンプ場の選び方

ソロキャンプに最適な場所とは?キャンプ場の選び方

ソロキャンプを良い思い出にするためには、キャンプ場選びも大切。ここでは、一人でも快適に楽しめる、キャンプ場選びのポイントを解説します。ぜひ、キャンプ場選びの参考にしてみて下さい!

ソロキャンプの専用サイトがある

ソロキャンプ専用のスペースがあるキャンプ場であれば、周りも一人で泊まりに来ている人が多く、過ごしやすいのでオススメです。また、ソロキャンプ専用のスペースがあるキャンプ場では、一泊当たりの料金も安く設定しているところも多く、気軽にキャンプを楽しみたい方にもオススメ!また、車やバイクでキャンプを楽しみたい場合は、乗り入れができるオートサイトのあるキャンプ場を選びましょう。

設備やセキュリティが充実している

キャンプ場選びでは、トイレやシャワー、お風呂などの設備が充実しているかどうかも重要。
特に、女子ソロキャンプや、初心者ソロキャンプであれば管理人が常駐している施設や、管理棟があるキャンプ場が安心です。

テントや寝具などキャンプ道具がレンタルできる

キャンプ場によってはキャンプ道具をプラス料金で貸し出してくれるところもあります。最初から、ソロキャンプ道具一式を一気に揃えるのは不安という方や、バイクや電車を使うなど、荷物を最小限にしたいという場合は、レンタルの利用もオススメです。

ソロキャンプを安全に楽しむための3つのポイント

ソロキャンプを安全に楽しむための3つのポイント

魅力いっぱいのソロキャンプですが、最後まで楽しむためには、いくつか注意したい点があります。以下の3つのポイントを参考に、安全で楽しいキャンプにしましょう。

キャンプに適した万全な装備

キャンプをする上で、頭に入れておきたいのが「キャンプ場は夏でも天候が変わりやすい」といことです。そのため、冬の対策はもちろん、夏であっても、寝袋やその他の防寒グッズなど寒さ対策をしっかりと行いましょう。また、気温の変化にも柔軟に対応できるよう万全な装備でキャンプを快適に楽しみましょう。

万が一の備えをしておこう

一人行動の場合、怪我をしてしまった際の対応もあらかじめ考慮する必要があります。万が一に備えて、エマージェンシーキットなどを持参しておくと良いです。その他、防犯グッズや、常備薬など必要な物も忘れずに持っていくようにしましょう。

火の後始末や後片づけ

ソロキャンプで焚き火や火を使う場合、火の管理や始末は重要です。特に、火がついている最中は、絶対にその場を離れないようにしましょう。また、テントやゴミの片づけなども、ルールを守って、しっかりと処分して、楽しく気持ちのいいソロキャンプにしましょう!

自分だけの楽しみ方でソロキャンプを満喫しよう

ソロキャンプの魅力から、おすすめキャンプ道具、キャンプ場の選び方、安全に楽しむためのポイントまで紹介しました。ソロキャンプに行くまでは、道具を揃えたり、一人で楽しめるかなど、不安もあるかもしれませんが、その先に、自然の中での新たな楽しみや、非日常の素敵な体験ができるかも?ぜひこの記事を参考に、マイペースにソロキャンプを初めてみましょう!

関連記事

ソロキャンプおすすめテント18選!キャンプスタイルに合ったテント選び
2020/07/10 00:00

ソロキャンプおすすめテント18選!
キャンプスタイルに合ったテント選び

ソロキャンプおすすめテント18選!キャンプスタイルに合ったテント選び

ソロキャンプテントの選び方5つ

ソロキャンプテントの選び方5つ

テント選びは、機能性や設営のしやすさ、コストなど何を重視するかで変わってきます。ここでは初めての方が特に押さえておきたい、ソロキャンプ用テント選びの基本的なポイントを解説していきます!

①目的

ソロキャンプと一口に言っても、オートキャンプ、ツーリング、登山など、目的はさまざま。実は、目的によって買うべきテントは異なってきます。自分やってみたいキャンプのスタイルに合わせてテントを選びましょう。

②設営のしやすさ

②設営のしやすさ

テントの種類によって設営のしやすさやその方法は全く異なります。ソロキャンプの場合は1人でも比較的設営しやすいソロテントが以下3つです。

  • ポップアップ型…収納袋から取り出して広げるだけで立ち上がるタイプ
  • ワンポール型…1本のポールで立ち上がる三角錐の形をしたタイプ
  • ワンタッチ型…骨組みを傘のように持ち上げることで設営できるタイプ

メジャーであるドーム型テントは、テント内が広く快適ですがソロキャンプの場合、設営が少し面倒なのが難点です。

③前室の有無

テントには、前室がついているものとそうでないものがあります。
テント内のスペースに余裕を持たせたいなら、前室付きのテントがおすすめです。また、前室が広いテントなら雨風や日差しを避けることができます。
ちょっとした調理もできたりとタープを持たずテントのみで身軽にキャンプを楽しみたい方にもぴったりです。

④軽量・コンパクト

④軽量・コンパクト

車、バイク、電車などの公共交通機関など、移動手段によって荷物の許容量は全く異なります。ソロキャンプでは、すべての荷物を1人で運ばなければいけません。交通手段も加味して、できるだけ軽量でコンパクトに収まるものを選ぶことをおすすめします!

⑤価格

ソロキャンプ用テントの価格は安いものなら1万円前後から選ぶことができますが、機能性の高いものなどはそれだけ値段も高くなります。自分が絶対に必要だと思う機能やスペックを選んで、予算と相談しながら自分にとって一番コスパのよいテントを選びましょう!

おすすめソロキャンプテント18選

テントの選び方を押さえたところで、これからソロキャンプを始めたい!と考えている方に、おすすめのソロキャンプ用テントをご紹介します。キャンプスタイルやコスパなど、さまざまな視点からおすすめポイントを開設していますので、テント選びの参考にしてみてください!

バイクツーリングにもおすすめ!前室が広いテント

バイクツーリングにもおすすめの、前室が広いテントを5つ紹介します。中には荷物を置けるだけでなく、バイクを収納できるものも!タープ代わりにしたり、簡単な調理をしたりと、前室が広いテントは身軽ながら快適な環境を作り出してくれます。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

重量約2.6kg、収納時は約52×14㎝と軽量・コンパクトなテントです。オールメッシュのインナーは夏でも、快適に過ごしやすいのが特長。フレームはうお座型の吊り下げ式で、簡単設営なのに風にも強い構造です。前後室が確保できるので、ヘルメットや靴など、ちょっとした荷物を置くこともできて使い勝手も抜群◎

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームST(オリーブ/サンド)

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームST(オリーブ/サンド)

軽量・コンパクトなのに広めの前室が嬉しい、ツーリングに最適なテント。ポールポケット式で一人での設営もラクラクです。さらにお値段もリーズナブル!別売りのポールを使えば屋根を作ることもでき、タープのように使えます◎

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム/ST+

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム/ST+

広めの前室に加え、遮光性が高いのが特徴のドーム式テント。テント内の温度上昇を防ぐ機能で、涼しいテントで気持ちよく眠ることができます。設営が簡単な上、直径19cm×49cmとコンパクト収納。ツーリングでの持ち運びにもってこいです!

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム LX

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム LX

前室が高く開放感抜群のコールマンのツーリングドームシリーズ。このLXは2~3人用のちょっと大きめサイズですが、収納時は直径24×60cmと小さくまとまりツーリングにもおすすめです。テント内部も広めだから、ゆったり眠ることができます。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ポップアップュシェルターテント II

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ポップアップュシェルターテント II

ポップアップ式で、収納ケースから取り出して開くだけでインナーテントが完成します。設営の手間をできる限り減らしたい方におすすめです!インナーは別売りのコットに接続可能で、快適な睡眠を確保することができますよ。

バックパックでの登山でも使える!軽量×コンパクトなテント

荷物を背負って長い山道を行く登山では、いかに軽量かつコンパクトに収納できるテントを選ぶかが重要です!ここでは、登山に最適な軽量・コンパクトなテントを4つご紹介します。

NEMO(ニーモ)/リカーブ 2P

NEMO(ニーモ)/リカーブ 2P

重量なんと666g!軽量化を追求し、収納サイズも54×13cmとコンパクト。登山での携帯にピッタリのテントです。さらに雨風の侵入を防ぐウォータープルーフや、両サイドに作れる前室など、登山でのテント泊に嬉しい機能も備えています。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

NEMO(ニーモ)/コディアック 2P

NEMO(ニーモ)/コディアック 2P

重量約1.8kg、収納時サイズは50×16cmと長距離の移動もできる軽さとサイズ。しかも変わりやすい山の天候にしっかり対応してくれる、最新の機能をいくつも備えています。変わりやすい山の天気にもこのテントがあれば安心です!

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Hilleberg(ヒルバーグ)/ソウロ-レッド

Hilleberg(ヒルバーグ)/ソウロ-レッド

登山家も認める強さと軽さを誇るソウロじゃ、重量約2.4kg、収納時は直径19.5×53cmと持ち運びやすい登山にピッタリのテントです。どこでも簡単に設営ができる自立式構造と、悪天候にも耐える高い機能性を持っています。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Hilleberg(ヒルバーグ)/スタイカ-グリーン

Hilleberg(ヒルバーグ)/ソウロ-レッド

スタイカは、カヌー旅行者のために作られた完全自立式のテントです。設営が難しい環境下でも簡単に店と設営ができる上に、頑丈で安定性が高い特徴も兼ね備えています。また、前室も両サイドに作れるので、快適なスペースが確保できるのも魅力です。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

初心者にもおすすめ!コスパ抜群◎のテント

機能面も大切ですが、初めての方ならコストも気になるところ。ここでは、初心者の方も扱いやすく、かつコスパの高いテントをご紹介します!

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/ポップアップュシェルターテント II

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/ポップアップュシェルターテント II

ポップアップ式だから設営の手間がかからない上、コンパクト収納できる優れもの。価格もなんと1万円弱で購入でき、とてもリーズナブルです!初期費用なできるだけ抑えたいけど、初めてのキャンプでテント設営が不安という方に最適ですよ。

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームST(オリーブ/サンド)

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームST(オリーブ/サンド)

広めの前室は、簡単な調理や荷物の置き場など、さまざまな用途で活躍します。コンパクト収納で設営簡単だからツーリングにも最適。さらに価格も2万円以下と、値段もお手頃で、使い勝手も抜群◎なテントです!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

耐水圧・耐久性に優れたフライ・フロアシートと、オールメッシュのインナーテントは、通気性が良く、快適な睡眠を確保できます。軽量コンパクトで持ち運びもラクな上、前後室もあり、荷物の出し入れにも便利!お値段高めなソロテントの中で、これだけ便利なテントが2万円弱で手に入るのは嬉しいですね。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

タラスブルバのツーリングテントに新しく加わったカーキカラーです。収納ケース付きで、コンパクトに持ち運べるのはもちろん、耐水圧や耐久性に優れるなど機能性も充実。さらにお求めやすい価格で、初心者キャンパーにもオススメです!

おしゃれでデザイン性の高いテント

ソロキャンプでは、1人の空間をゆっくり楽しむのも醍醐味。せっかくの1人きりの空間、おしゃれに楽しみたい!という方のためにデザイン性抜群のテントを厳選しました◎

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームLX(ナチュラルカモ)

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームLX(ナチュラルカモ)

ナチュラルカモ柄をメインに、自然に映えるデザインが特徴のコールマン「STOMP SERIES」のドームテント。ベンチレーションで室内の温度上昇を軽減し、快適に過ごせます。さらに別売りのキャノピーポールを使うことで、前室ができるのでゆったり空間を楽しめます。

LOGOS(ロゴス)/ツーリングドゥーブル・SOLO-B

LOGOS(ロゴス)/ツーリングドゥーブル・SOLO-B

テントサイトに馴染むアースカラーと、テント前面が大きく張り出した特徴的なデザインが目を引くロゴスのソロテントです。大きな前室はバイクを収納できる広さで、雨天時はタープ代わりにバイクを駐車するスペースとしても使えますよ。

Ogawa/ステイシーSTーⅡ(2020モデル)

Ogawa/ステイシーSTーⅡ(2020モデル)

ogawaの、ソロキャンパーに大人気テント「ステイシーST-2」のカーキカラー!テントサイトにマッチするナチュラルカラーと、アクセントの赤が映える素敵なデザインですね。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

冬から夏まで使える!4シーズン対応のテント

季節ごとに適したテントを使うのがベストですが、夏用や冬用などそれぞれ揃えるのは大変ですよね。そこで、夏から冬まで使えるオールシーズン使えるおすすめのテントを2つ紹介します。

Hilleberg(ヒルバーグ)/ソウロ-レッド

Hilleberg(ヒルバーグ)/ソウロ-レッド

フライシートの上部に取り付ける「シールドルーフ」は、テントに積もった雪が落ちやすい仕組みになっています。入り口はウォール・メッシュの二枚構造で、メッシュだけにすれば通気性も向上。オールシーズン使用可能なテントです!

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Hilleberg(ヒルバーグ)/スタイカ-グリーン

Hilleberg(ヒルバーグ)/スタイカ-グリーン

頑丈な上、様々な天候が想定されたつくりが特徴の4シーズンテント。アウター生地はKerlon素材を使用し、耐光性・耐水圧どちらも優れています。また、上部に大型の換気口があるので雪などの悪天候時も十分に換気可能です。前後室を大きく開くことができ、夏も開放的に過ごすことができますよ。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

自分にぴったりのテントを選んで、自由な空間や時間を楽しもう!

ソロキャンプテントの選び方5つ

どんなテントを選ぶかで、キャンプの楽しみ方や快適さも変わります。今回ご紹介したソロキャンプ用テントの選び方のコツや、おすすめテントを参考にして、自分にぴったりのテントを探してみましょう!自分で一生懸命選んだテントでのキャンプは、きっと最高の体験になりますよ。

関連記事

【キャンプに必要な調理器具一覧】収納に便利なコンパクトセットなどもご紹介
2020/07/10 00:00

【キャンプに必要な調理器具一覧】
収納に便利なコンパクトセットなどもご紹介

【キャンプに必要な調理器具一覧】収納に便利なコンパクトセットなどもご紹介

キャンプに必要な調理器具の種類

キャンプに必要な調理器具の種類

キャンプで一番の楽しみと言っても過言ではない「ごはん」。そのごはんを美味しく作るために欠かせないのが調理用具です!

キャンプ用の調理用具は、持ち運びに便利な軽量コンパクトなもの、焚き火などで使えるものなど、家庭用の調理用具とは異なる便利な機能を備えたものが、数多く販売されています。

まずは基本の必須アイテムから揃えていきましょう。

必須アイテムの一覧

  • ・クッカー(鍋)
  • ・フライパン
  • ・BBQコンロ/グリル
  • ・ガスバーナー
  • ・ナイフ
  • ・まな板
  • ・シェラカップ
など

必須アイテムは、作りたい料理の種類や量に応じて、器具のサイズを選びましょう。容量だけでなく、口径のチェックもお忘れなく。さらに、慣れてきたらキャンプのスタイルに応じて、以下の調理用具を揃えていくといいでしょう。

あると便利&料理の幅が広がるプラスαアイテム一覧

  • ・ダッチオーブン
  • ・ケトル
  • ・ホットサンドメーカー
  • ・コーヒーハンドドリップセット
  • ・飯ごう
など

例えばキャンプ料理の定番「カレーライス」と付け合わせ料理を作るなら、人数などの状況によりますが、必須アイテムに、プラスαでこれだけの道具があるといいでしょう。特に、ダッチオーブンを追加することで、本格的な焚き火料理を楽しんだり、山頂で挽きたてのコーヒーを楽しんだりとキャンプがぐっと自分仕様に、楽しくなりますよ◎

次に調理器具別で選ぶポイントやおすすめのアイテムを紹介します。

①まずはこれから!鍋&フライパンセットのクッカーおすすめ3選

アウトドアで簡単な調理をしたいときに役立つのが、持ち運びに便利な鍋・フライパンのセット「クッカー」です。調理したいものが入る直径と容量で選ぶと良いでしょう。材質は軽量・安価なアルミ製や、保温性や耐久性に優れたステンレス製のものが多く販売されています。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ALUMICOOKER.S

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ALUMICOOKER.S

安価で軽量なアルミ性クッカーセット。直径約10cmの鍋2つがセットになっている便利な1人用セットです。容量は大0.64L、小0.35L。コーヒーを淹れる、カップラーメンのお湯を沸かすなど、簡単な調理ができる大きさです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ALUMICOOKER.M

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ALUMICOOKER.M

上記のアルミクッカーセットSを内部に収納できるMサイズ。直径約12cmの鍋2つがセットになっており、容量は大1.0L、小0.5Lです。袋ラーメンを茹でたりできるサイズで、調理に便利です。

LOGOS(ロゴス)/TOURING COOKER SET

LOGOS(ロゴス)/TOURING COOKER SET

ポット大・ポット小・フライパン、トレイ、マグがセットになったステンレス製クッカーセット。5つの鍋が直径13.5×高さ11.5cmのサイズに収納可能!これひとつあれば十分に料理が楽しめます。

②本格的なキャンプ料理が可能!大きさ違いで持ちたいフライパン3選

キャンプの料理の幅を広げてくれるのがフライパン。できれば大小2種類あると調理の幅が広がります。軽量なアルミや軽くて長持ちするチタン、頑丈なステンレス、焦げつかない鉄と素材もさまざま。大きさや蓋の有無も重要です。作りたい料理や予算、使用頻度に応じて選びましょう。

UNIFLAME(ユニフレーム)/ダッチオーブン スキレット

UNIFLAME(ユニフレーム)/ダッチオーブン スキレット

直径25cm、深さ5cm、柄を含めた全長が39cmの大きな鉄製スキレット。ステンレス製の蓋がついており、生米から作れるパエリアや、釣った魚を丸ごと使ったアクアパッツァなど、豪快な料理が楽しめます。

UNIFLAME(ユニフレーム)/スキレット7インチ

UNIFLAME(ユニフレーム)/スキレット7インチ

直径18cm、深さ4cm、柄を含めた全長が31cmのやや小ぶりな鉄製スキレット。ちょっとしたステーキや魚の切り身をグリルするのにいい大きさです。蓋付きで蒸し料理も可能なので、餃子を焼いたりもできますよ。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/スキレット

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/スキレット

直径15cm、柄も含めた直径が25cmのスキレット。朝食の目玉焼きを作ったりするのに便利な大きさです。蓋は付属していませんが、小ぶりで取り回しがいいので、バーベキューをしているグリルの脇でアヒージョなども作れますよ。

③キャンプ場でもおうちキャンプでも大活躍!BBQグリル&コンロ3選

キャンプの醍醐味、BBQ!ガスを使用するコンロか炭火を利用するグリルか、どちらを選ぶかで調理できる料理も利便性も異なります。フタをして蒸せるもの、オーブン機能がついているものもあるので作りたい料理に合わせて選んでみましょう!

イワタニ/アウトドアこんろ タフまる

イワタニ/アウトドアこんろ タフまる

風を気にせず使えるアウトドアにピッタリなコンロ。ヒートパネル搭載で、火力を落とさず、カセットボンベのガスをほぼ完全に使い切ることができます。また、安全装置搭載で、火を使う際の危険も防止してくれます。

イワタニ/カセットフー マーベラスII

イワタニ/カセットフー マーベラスII

取り外し可能なトップカバーと、暴風リングで、野外での料理に最適なコンロ。別売りの「イワタニアクセサリーシリーズ」も使用でき、さまざま料理が楽しめます。また、本体の取っ手付きで持ち運びにも便利◎

UNIFLAME(ユニフレーム)/BBQユニセラTG-Ⅲ

UNIFLAME(ユニフレーム)/BBQユニセラTG-Ⅲ

315mm×250mmのBBQグリル。高さは190mmなので、卓上での使用も可能。1~2人でBBQを楽しめる小ぶりなサイズで、おうちキャンプにも最適ですよ。足を畳むと厚さわずか85mmになるので、車などにも積み込みやすい大きさです。

④手軽に料理・湯沸かしができる!ガスバーナー

キャンプ場で料理やお湯を沸かすのに重宝する「ガスバーナー」。シングルバーナーやツインバーナー、トーチ型などさまざまなタイプがあります。シングルバーナーはソロキャンプやサブバーナーとして、ツインバーナーは、家族やグループキャンプなどに最適です。使用人数はもちろん、燃料タイプもチェックして選びましょう!

UNIFLAME(ユニフレーム)/ツインバーナー US-1900

UNIFLAME(ユニフレーム)/ツインバーナー US-1900

見た目がスタイリッシュでかっこいいカセットボンベ式のツーバーナー。ハイパワーからとろ火まで火力調整も簡単にできます。作りが丈夫な上に重さ約3.9kgと軽量なのも嬉しいポイント。親切設計で、お手入れもしやすく女性にもおすすめです!

SOTO(ソト)/REGULATOR BURNER

SOTO(ソト)/REGULATOR BURNER

「マイクロレギュレーター」を搭載したシングルバーナー。外での連続使用や、外気温が低くても、安定した火力が保てるのが特長です。さらに、4本のゴトクを折りたたんでコンパクトに収納できます。燃料は経済的なカセットガス使用で、初心者にもおすすめ!

Snow Peak(スノーピーク)/HOME&CAMP バーナー カーキ

Snow Peak(スノーピーク)/HOME&CAMP バーナー カーキ

キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、おうちでも普段使いができる便利な卓上コンロ。ボトル形状に折りたためる画期的な収納で、バックに入れて持ち歩くのにも最適です。収納式のゴトクは、大きめの鍋でもしっかりと安定して使えて使い勝手も抜群!

⑤下ごしらえの必須アイテム!こだわりのアウトドアナイフ3選

食材の皮むきをしたり、切ったりするのに必要不可欠なアウトドアナイフ。ナイフ型のものと包丁型のものがあるので、用途に応じて使い分けるのが良いでしょう。アウトドア用には錆びにくいもの、グリップが手に馴染むものを選んでください。

HIGHMOUNT(ハイマウント)/オピネルナイフ6

HIGHMOUNT(ハイマウント)/オピネルナイフ6

フランスで120年の歴史を誇る「オピネル」のナイフ。パブロ・ピカソも愛した実用的なナイフで、刃が柄の内部に収納できてコンパクトに。切れ味がよく、錆びにくいステンレス製。ブレードは約73mmの小ぶりなサイズです。

HIGHMOUNT(ハイマウント)/オピネルナイフ10

HIGHMOUNT(ハイマウント)/オピネルナイフ10

上の商品と同じくフランスのブランド「オピネル」のナイフです。こちらはブレードが約100mmの大振りサイズ。調理の時はもちろん、魚をさばいたり、着火のための小枝を切ったりするのにも使えるサイズです。

HIGHMOUNT(ハイマウント)/オピネルナイフ8

HIGHMOUNT(ハイマウント)/オピネルナイフ10

同じくオピネルの、ブレードが85mmのタイプ。調理に使いやすいサイズ感です。
ちなみにオピネルのナイフにはステンレス製とカーボン製のものがあります。初心者や手入れが面倒…という方にはステンレス製を、切れ味重視の方にはカーボン製をおすすめします。

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

⑥あるとないとじゃ大違い!機能的なアウトドア用まな板3選

食材を切るのに欠かせないまな板。刃当たりの優しい木製のものや、薄型・軽量のプラスチック製のものがあります。折り畳みができるものや、内部にナイフが収納できるものがあるので、用途に応じて選んでください。

SnowPeak(スノーピーク)/マナイタセットM

SnowPeak(スノーピーク)/マナイタセットM

品質の高さとスタイリッシュなデザインでキャンパーの支持を集めるブランド「スノーピーク」のまな板セットです。内部に包丁が収納できる折り畳みタイプ。使用時の大きさは250mm×200mmで、1人分のちょっとした調理に便利な大きさです。

SnowPeak(スノーピーク)/マナイタセットL

SnowPeak(スノーピーク)/マナイタセットM

上と同じく「スノーピーク」のまな板セット。内部に包丁が収納できる折り畳みタイプで、使用時の大きさは360mm×236mm。普通の調理にはまず困らない大きさです。コーナーに滑り止めがついており、滑りやすい作業台でも安定して使えます。

UNIFLAME(ユニフレーム)/FAN5まな板

SnowPeak(スノーピーク)/マナイタセットM

天然素材を使用したラウンド型がオシャレな木製まな板。定番のキャンプクッカーfan5シリーズ(DX・duo)のメッシュケース内に一緒にまとめて収納ができます。肉や野菜を切ったり、パンを載せたりと使い勝手も抜群です!

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

⑦使い勝手抜群な万能アイテム!シェラカップ

「シェラカップ」は、お湯を沸かしたり、目玉焼きを焼いたり、ご飯も炊ける万能アイテムです。ステンレスやチタンなどの金属製の素材でできた頑丈なカップで、アウトドアシーンにぴったり。素材や、容量など、使用シーンに合わせて選びましょう。

CHUMS(チャムス)/ブービー シエラカップ 210ML

CHUMS(チャムス)/ブービー シエラカップ 210ML

目盛り付きで軽量カップとしても使える便利な「シェラカップ」。ステンレス製で錆びにくく、お手入れもラクで長く使えます◎直火でチーズフォンなど料理を楽しんだり、ドリンクを飲むコップとして使うのにもちょうど良いサイズです!

⑧キャンパーの憧れアイテム!黒光りするまで育てたいダッチオーブン3選

ダッチオーブンとは、煮る・焼く・蒸すなど、なんでもできる万能鍋です。耐火性に優れ、炭火の上に直置きしたり、蓋の上に炭を置いて上下から加熱したり…。キャンプならではの楽しみ方ができるのが魅力。鋳鉄製やステンレス製などの素材や、自宅で使用できるかどうかなども選ぶ際のポイントです。

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/ダッジオーブン8インチ

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)/ダッジオーブン8インチ

ソロキャンプや、焼きリンゴなどの小物料理に便利な8インチの鋳鉄製ダッチオーブンです。鋳鉄製のダッチオーブンは使用前に野菜くずを炒めて油をなじませる「シーズニング」という工程が必要ですが、それが不要なシーズニングレス仕様です。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ダッジオーブン10インチ

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ダッジオーブン10インチ

上の商品より一回り大きい10インチ。丸鶏1羽分が入るくらいの大きさで、2~4人くらいでの使用に適しています。ファミリーにぴったり。本体が5.3kgとかなり重いので、車でのキャンプ向きのアイテムです。

UNIFLAME(ユニフレーム)/ダッチオーブン12インチハーフ

UNIFLAME(ユニフレーム)/ダッチオーブン12インチハーフ

ピザやパエリアなど、上火で焦げ目をつけたいときに最適なダッチオーブンです。付属のリッドリフターで、本体の移動や、蓋の開け閉めにも便利。さらに、蓋は鉄板としても使える便利アイテムです!

※お取扱いのない店舗もございます。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

⑨カップ麺や温かい飲み物を楽しみたい人の味方!ケトル3選

灰などの混入を気にせず、一度に大容量のお湯が沸かせるケトル。カップ麺を作ったり、温かい飲み物を淹れたい時にあると便利なアイテムです。形は早く沸かせるやかんタイプとコンパクトな縦長タイプがあります。素材は丈夫なステンレス、軽量なアルミ、保温力に優れたホーローがあります。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミケトル

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミケトル

素早くお湯が沸かせるやかんタイプのアルミ製ケトルです。ソロキャンプにも便利な450Lのお湯を沸かすことができる大きさです。取手やつまみがシリコーンコートになっており、熱くなりにくいのもポイントですね。

UNIFLAME(ユニフレーム)/山ケトル

UNIFLAME(ユニフレーム)/山ケトル

1.5Lのお湯が沸かせるUNIFLAMEの「山ケトル」。軽量なアルミ製なので、その名の通り山荘泊の登山などにも活躍してくれそうですね。大容量なのでファミリーキャンプなどでも大活躍してくれますよ。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ステンレスパーコレーター

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ステンレスパーコレーター

縦型のステンレス製パーコレーター。ストレーナーが内蔵されており、フィルターやドリッパーを使わず温かいコーヒーを沸かせるアイテムです。540mL、3カップのコーヒーを一度に作ることができますよ。

⑩「朝食はパン派」の方必見!美味しく焼けるホットサンドメーカー3選

ホットサンドメーカーには電気式と直火式の2種類があります。キャンプに持っていくならコンセントのいらない直火式がおすすめ!パンの耳まで入るか、焼き目はどうか、具がどれだけ入るかなどを基準に選びましょう。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ダブルホットサンドクッカー

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ダブルホットサンドクッカー

一度に2人分のホットサンドができるダブルタイプ。ご夫婦や気のおけない友人とのキャンプで使いたいですね!耳を切り落とした状態の角切り食パンが使えます。厚さは3.2cmとさほど厚くないので、比較的シンプルな具材向き。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ホットサンドクッカー IH

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/ホットサンドクッカー IH

食パンが耳まで入るサイズのホットサンドクッカーです。IH対応で、前後を分解して2枚のフライパンとして使える便利仕様。家庭での普段使いもできそうです。厚さ3.7cmで、具材もたっぷり入りますよ。

COLEMAN (コールマン)/ホットサンドイッチクッカー

COLEMAN (コールマン)/ホットサンドイッチクッカー

ツーバーナーで、食パンやホットケーキも手軽に美味しく焼けるホットサンドイッチクッカー。ランタンマークをサンドイッチに刻印できるのもポイント!ノンスティック加工で食材がこびり付かないのも嬉しい◎

⑪大自然の中でコーヒーを味わいたいこだわり派におすすめ!コーヒードリッパー・ミル3選

大自然の中で美味しいコーヒーを味わいたい方も多いのでは?アウトドア用のコンパクトに折り畳めるドリッパーや、持ち運びに便利なアウトドア用ミルも市販されています。ミルには豆を挽く過程を楽しめる手動式と、大量の豆を一気に挽くことができる電動式がありますよ。コンセントがないキャンプでは、手動を選ぶといいでしょう。

UNIFLAME(ユニフレーム)/UFコーヒーミル

UNIFLAME(ユニフレーム)/UFコーヒーミル

鋭い切れ味を保てるステンレス刃の手動コーヒーミル。ミル部をカップの中に収納できるため、折りたたんだ大きさは直径80mm×高さ90mmと超コンパクト! 小柄ながら上部ホッパーには約50gの豆が入るため、ドリップなら約500mL分のコーヒーが淹れられます。

HMコーヒーミル

UNIFLAME(ユニフレーム)/UFコーヒーミル

ステンレス製の手動コーヒーミル。セラミック製の刃でコーヒーの風味を損なうことなく挽くことができます。粒度の調節ができるので、細挽きで濃く淹れてカフェオレにしたり、金属フィルター様に粗挽きにしたりと、好みのコーヒーが楽しめます。

UNIFLAME(ユニフレーム)/コーヒーバネット専用フィルター4人用

UNIFLAME(ユニフレーム)/コーヒーバネット専用フィルター4人用

UNIFLAMEの折りたたみ式ドリッパー「コーヒーバネット」の専用フィルターです。これは4人用のgrandeサイズ。円錐型のフィルターはお湯を注ぐ速さで自在に抽出度合いを調節でき、こだわり派におすすめです。

⑫焚き火で美味しくご飯を炊こう!キャンプ気分を盛り上げる飯ごう3選

飯ごうは野外で使用できる携帯用炊飯器のことです。鍋のようで使いやすい「円形」と、ソラマメのような形の「兵式」、2つの形が主流です。中に中蓋がセットされているもの、蓋がフライパンとして使用可能なものなど、さまざまな種類がありますよ。

TARAS BOULBA(タラスブルバ) /ご飯鍋(5合)

TARAS BOULBA(タラスブルバ) /ご飯鍋(5合)

金物のまち燕三条で作られたステンレス製で、5合のご飯を炊くことができます。外側に米と水の目盛りが1合ごとについており、秤が要らないのも日本製の嬉しい心配り。飯ごうには珍しくIH対応で、普段使いもできそうです。

LOGOS(ロゴス)/マルガタハンゴウ5ゴウ

LOGOS(ロゴス)/マルガタハンゴウ5ゴウ

キャンプ気分を盛り上げてくれる黒い五合炊きの飯ごうです。軽く、火の通りが速いアルマイト製。容量2.67Lで、丸型なので鍋としても使いやすくなっています。サイドには2.5合と5合の水の量を示す目盛りつき。

LOGOS(ロゴス)/ヘイシキハンゴウ

LOGOS(ロゴス)/ヘイシキハンゴウ

キャンプといえばこれ!ミリタリー感がたまらない、黒いアルマイト製の兵式飯ごうです。4合のお米が炊けるほか、汁物や蒸し物の調理も可能で、蒸しパンやプリンなども作れます。おかずを詰めてお弁当箱にも。

【キャンプ初心者におすすめ】調理器具セット3選

「キャンプ用の調理器具を1から全て揃えるのは大変…」という初心者におすすめなのが、調理器具セットです。セットになっているためコンパクトにまとまり、収納しやすいのが魅力!下記で人気のセットをご紹介します。

UNIFLAME(ユニフレーム)/FAN5/NEW DX

UNIFLAME(ユニフレーム)/FAN5/NEW DX

ライスクッカー 、フライパン、大鍋、片手鍋、メッシュバスケットの5点がセットになった4~5人用の調理器具セットです。ファミリーキャンプに最適。大きさがピタリと揃っているので、コンパクトに重ねて収納できますよ。ケトルの欄でご紹介した「山ケトル1500」のサイズ違い、「山ケトル900」(別売)をスタッキングすることもできます。

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品パッカウェイクッカーセット

COLEMAN(コールマン)/キャンプ用品パッカウェイクッカーセット

快適さと高い安全性でキャンパーから支持されるアメリカのブランド「コールマン」のクッカーセットです。アルミ製の片手鍋、フライパン、蓋がセットになったソロキャンプにもぴったりなコンパクトセット。収納したときの大きさはわずか直径18.5cm、高さ14cm!セット品なので蓋が鍋とフライパンの両方に使えて便利です。

COLEMAN(コールマン)/アルミクッカーコンボ

COLEMAN(コールマン)/アルミクッカーコンボ

上の商品と同じく「コールマン」のクッカーセットです。ポット、ライスクッカー、フライパン、ザル、内蓋、軽量カップ、蓋がセットになっており、これ一つあれば大体の料理はこなすことができるでしょう。フライパンのハンドルが取り外せるのも便利です。

お気に入りのキャンプ用調理器具を少しずつ増やしていこう!

キャンプに必要な調理器具の種類

今回はキャンプ初心者が揃えるべき調理用具や、あるとさらに便利なアイテムを紹介しました。まずは作りたい料理や量を決め、それに応じて道具を増やしていくといいでしょう。初心者用のクッカー セットを利用するのも便利です。ぜひ道具を揃えて、キャンプ料理を存分に楽しんでくださいね!

【ランニング初心者に必要な一式】ウェアやシューズ、長続きのコツは?
2020/07/08 00:00

【ランニング初心者に必要な一式】
ウェアやシューズ、長続きのコツは?

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー
湊 瑛穂(みなと あきほ)
【ランニング初心者に必要な一式】ウェアやシューズ、長続きのコツは?

ランニングの嬉しいメリットや効果的な走り方

ランニングの嬉しいメリットや効果的な走り方

ランニングには、継続することで得られる多くのメリットがあります。そのメリットと、効果的な走り方についても触れながら解説していきます。

  • ・ダイエット効果
  • ・生活習慣の改善
  • ・ストレス発散
  • ・全身持久力の向上

ダイエット効果

ランニングをコツコツ続けることで筋肉量が増え、基礎代謝アップが目指せます。特に朝は、身体が脂肪を消費しやすい状態にあるため、ランニングによるダイエット効果が高まると言われています。また、ゆっくりしたペースで走る有酸素運動だと、脂肪が燃焼しやすくなります。ただし朝は体が動きにくいため、入念なストレッチも忘れずに。

生活習慣の改善

ランニングは生活習慣の改善や健康にも良いでしょう。また、夜のランニングは適度な疲労でぐっすりと眠れるようになり、睡眠の質も高まります。有酸素運動は、生活習慣病の予防にもおすすめです。

ストレス発散

外の空気を吸いながら走ることで、ストレス解消にもなります。朝や夜の時間帯は、昼間に比べ涼しいため、走りやすくリフレッシュできるでしょう。適度な運動は脳の活性化も期待できます。行き詰まっていた思考が改善してすっきりすることもありますよ。

全身持久力の向上

ランニングは全身を使って運動します。そのため、ランニングを継続していくと全身を長時間動かし続ける力が向上します。持久力をアップさせたい方にもおすすめの運動です。

初心者が揃えておきたいランニングウェア

初心者が揃えておきたいランニングウェア

ランニングは他のスポーツに比べ、事前に揃えるものがそれほど多くはないのも魅力の1つ。しかし、ランニングに適した機能を備えているウェアなども多数あり、走りやすさや快適性が変わってきます。

【ランニングに必要な装備一式】

  • ・半袖Tシャツ
  • ・ショーツパンツ
  • ・アンダーウェア
  • ・スポーツタイツ
  • ・ランニングシューズ
  • ・ソックス

ランニングの基本は半袖Tシャツ+ショーツパンツスタイルにランニングシューズです。ただし、アンダーウェアやタイツ、ソックスも、走る際に身体をサポートしてくれるので揃えておきたいアイテムです。

ランニング初心者におすすめのウェアやアイテムをご紹介!

それではさっそく、初心者ランナーにおすすめのウェアやアイテムをご紹介していきします。

① 半袖Tシャツ

まず、ランニングの基本装備として、揃えておきたいのが半袖Tシャツです。特に、ランニングは脚だけではなく腕ふりなど、上半身も動かすので、ストレッチ性があって動きやすく、汗をすばやく吸収し、速乾性のあるものがおすすめ!さらに着心地も重視すると、走る際の快適さも変わってきます。

ATHFORM(アスフォーム)/RUNベーシックメッシュDRY半袖Tシャツ

【メンズ】

RUNベーシックメッシュDRY半袖Tシャツ

【レディース】

RUNレディースメッシュDRY半袖Tシャツ

ポリエステル100%素材の半袖Tシャツ。吸汗速乾のDRY加工、紫外線しゃへい率80%以上のUVCUT加工が施されており、快適なランニングのサポートをしてくれます。また、前肩部にはリフレクターテープがあり、夜のランニングでの安全性もばっちりです。

② ショーツパンツ

ランニングパンツにもさまざまな種類があります。その中でもショーツパンツは、丈が短いのが特長。丈が短いぶん、肌と擦れる部分も少なく、快適に走ることができます。短い丈に抵抗がある方も、ショーツパンツの下にタイツを履くことで、気にすることなくランニングが楽しめますよ!

ATHFORM(アスフォーム)/ドッキングショートパンツ(メンズ)

ショーツとショートレギンスが一体になっているタイプのショーツパンツ。これ一枚で楽にスタイリングできます。また、吸水速乾性に優れ、汗も素早く吸収し、嫌なベタつきも押さえてくれます。さらに紫外線カット加工で日焼け対策も!

ATHFORM(アスフォーム)/サイドポケットショートパンツ(レディース)

吸水速乾素材で、サラっとした着心地の女性用のショーツパンツ。ウエスト近くにストレッチメッシュポケットがあるため、細かい小物を入れて携帯しながら走ることができる便利アイテムです!紫外線カット加工で、日中のランニングにも最適。

③ アンダーウェア

Tシャツやハーフパンツだけでなく、1枚プラスでアンダーウェアを着ることで、股ずれや揺れ、汗冷えなどのランニング中の悩みを解決できます。特に女性の場合、スポーツブラは必須!胸のクーパー靭帯は一度切れたら戻らないので、ランニング中の揺れから守る必要があります。

CW-X (シーダブリュエックス) /ジュウリュウトップ (メンズ)

肩甲骨や広背筋、腹斜筋をサポートし、カラダ全体を使った効率のよい動きへと導き、運動時の疲労を軽減させてくれます。通気性の良いメッシュ素材を使用し、ムレにくく汗をかいても快適です!その他、吸汗速乾性や、UVカット、ストレッチ性にも優れる機能性に優れたアイテム。

CW-X (シーダブリュエックス) /メンズスポーツショーツ

安定感を考えた立体設計。「EVRDRY」という汗を吸収し、蒸散してくれる特殊な素材を使用しているため、通気性が抜群◎さらに、抗菌防臭効果で、気になる臭いも対策してくれます。袋縫いで肌あたりがやさしいのもおすすめポイント。

CW-X (シーダブリュエックス) /スポーツブラ_RUN (レディース)

独自の5方向サポート機能搭載で、走る際のバストのゆれを減らしてくれるスポーツブラ。マラソンやジョギングなどの走る際も、しっかりとバストを守ってくれます。吸汗速乾素材を採用し、快適なつけ心地で、スポーツを楽しむことができます◎

CW-X (シーダブリュエックス) /股関節サポートショーツ

【メンズ】

【レディース】

股関節をガードすることで、下半身をサポートしてくれるショーツ。股関節にかかる負荷を減らし、走るときの負担を軽減。骨盤をしっかりと支え、体幹を安定させます。素材は吸汗速乾に優れ、蒸れにくく快適な履き心地です。

④ スポーツタイツ

ランニングのサポートタイツは、膝腰の負担や筋肉疲労を軽減してくれる重要なアイテム。履くだけで、骨盤位置も安定し、体に負担の掛からないフォームへ導いてくれます。1枚で着用したり、ショーツパンツを重ね履きしたり、自分の好きな履き方でコーディネートできます。

CW-X (シーダブリュエックス) /ジェネレーターモデル2.0 ロング

【メンズ】

【レディース】

腰や股関節、おしり、ふともも、ひざ、ふくらはぎといった下半身すべてをフルガードしてくれるスポーツタイツ。サポートラインの縫い目を無くし、軽く、履き心地も快適。CW-X独自の段階着圧設計。コイン入れポケット付きなのも嬉しい。

⑤ ランニングシューズ

ランニングシューズは、自分の足の形や履いた時のフィット感、クッション性などの機能性で選ぶのがポイント。初心者はとくに、脚を守るのに重要なクッション性や安定性に優れたものをチョイスすることをおすすめします。

アシックス/ GT-2000 9

【メンズ】

GT-2000 9

【レディース】

GT-2000 9

GUIDANCE TRUSSTICなど、安定した走りを実現するために独自の機能を多数搭載した「アシックス」のランニングシューズ。クッション性を高めるために中敷きには新素材のフォームを使用しており、ランニング初心者も上級者にもぴったりの一足です。

ナイキ/ エア ズーム ペガサス 38

【メンズ】

エア ズーム ペガサス 38

【レディース】

ウィメンズ エア ズーム ペガサス 38

クッション性が高く、弾むような履き心地を実現した「ナイキ」のランニングシューズ。抜群のフィット感、耐久性と軽さを兼ね備えた、毎日のランニングにもってこいの一足。前作からデザインも一新、翼の生えたクラシックなデザインも特徴的です。

⑥ ソックス

ランニング用の靴下には、さまざまなタイプがあります。5本指タイプや、滑り止め機能、クッション性、通気性、アーチサポートタイプなどがあり、ランニングにとってソックスは重要な役割を果たします。

ATHFORM(アスフォーム)/テーピングアーチサポート5本指ソックス

テーピング効果で足首とアーチをサポート。抜群のサポート力で足への負担を軽減。5本指なので、蹴りだす力や踏ん張る力が違います。足裏の滑り止め加工で走りのパフォーマンスを向上させてくれます。

肌寒い季節に欠かせないアイテム

ランニング時の防寒や防風対策としておすすめしたいのが、ウィンドブレーカーや長袖タイプのTシャツ。少し肌寒い日には、速乾性に優れた長袖Tシャツ、風や雨の強い日には、ウィンドブレーカーなど季節や天気に合わせて、プラスすると良いでしょう。

ATHFORM(アスフォーム)/RUNベーシッククルーネック長袖Tシャツ

【メンズ】

【レディース】

柔らかい生地で、負担なく快適に走ることができるクルーネックのロングTシャツ。汗をかいても、素早く吸収し乾きも早いのが特長です。さらに紫外線を軽減する加工で、日焼け対策にも最適です!

LOTTO (ロット) /RUN 撥水ウインドジャケット

RUN 撥水ウインドジャケット

多少の雨でも安心の撥水加工を施した「LOTTO」のウィンドジャケット。素材に100%ポリエステルを使用しているため、非常に軽く、ランニングを快適に楽しめます。また、持ち運びがしやすいことから、屋外レジャーなどランニング用途以外でも使用できるアイテムです。

ATHFORM(アスフォーム)/ウインドジャケット(レディース)

背中部分のベンチレーションで通気性抜群のウインドジャケット。はっ水加工で、小雨程度の雨でも快適にランニングが楽しめます。光を反射させるリフレクターも多数ついており、暗い夜道のランニングでも安心。

ATHFORM(アスフォーム)/RUN 撥水ウインドジャケット

RUNハイブリッドストレッチパンツ

吸汗速乾、UVカット機能を兼ね備えたランニングパンツ。水分を素早く吸収する吸汗速乾機能で、ランニングでの汗のべたつきによる不快感を軽減。紫外線80%以上をカットできるUV加工も施しており、日差しの厳しい時期のランニングでも安心して使用が可能なアイテムです。

プラスαあると便利なアイテム

上記では、最低限必要なものをご紹介しましたが、ランニングには他にもプラスαであると便利なアイテムがいくつかあります。以下でチェックしていきましょう!

キャップ

ランニング用キャップは、優れた機能性で、汗を吸収したり、日射しや熱中症を対策するのに有効なアイテムです。また、髪を固定したり、視界を確保したりと、さらにランニングを快適にしてくれます。紫外線対策はもちろん、朝起きてから、帽子を被るだけで、寝癖や顔を隠せるため、人の目も気にせずランニングも集中して楽しめますよ◎

ATHFORM(アスフォーム)/ベンチレーションキャップ 

ベンチレーション機能で、通気性に優れ、ムレを防止するランニングにおすすめのキャップ。吸水速乾性が高く、汗が流れるのを防いでくれるため走りを快適にしてくれます。それぞれ男性用、女性用で分けてお選びいただけます。

サングラス

サングラスは、着用することで、ランニング中の紫外線をカットでき、体力の消耗を抑える効果が期待できます。飛んでくるゴミや虫などから目を守り、まぶしさを抑えることでストレスの減少にも繋がります。

OAKLEY(オークリー) /FLAK 2.0 (A) MTTBLK W/PRIZM BLACK

優れた衝撃耐性を備えたレンズを搭載したオークリーのスポーツ用サングラス。まぶしさをカットし、クリアな視界でランニングにも最適です。カラーバリエーションも豊富なので、好きなカラーをお選びいただけます◎

ウエストポーチ

ランニング中、小物や貴重品を携帯したい方におすすめなのがランニング用のウエストポーチです。持ち歩くのに最適な容量を選ぶことで、走っている最中も荷物を気にせずランニングを楽しむことができます。

ATHFORM(アスフォーム) /ランニング 5ポケットボトルバッグ

ベルト部分にメッシュ素材のポケットが2つ付いており、いくつかの小物を収納するのに便利なランニング用のウェストバッグです。ボトルの落下を防いでくれる引き紐付きで、荷物を気にすることなくランニングを楽しめます。

ランニングを長続きさせるための5つのコツ

ランニングを長続きさせるための5つのコツ

せっかく始めたランニングですが、なかなか長続きせずに途中で断念してしまった方も多いのではないでしょうか。最初から頑張りすぎてしまうと、いつの間にか苦しみが大きくなり、楽しく走れなくなってしまうもの。そこで、無理なく継続しやすくするための5つのコツをご紹介していきます。

無理のない距離とペースで走る

最初から毎日走るのではなく、走る日と休む日をしっかりと分けるのがポイント。いきなり速度を上げすぎないように注意しましょう。身体が慣れていないため、疲れてしまう原因になってしまいます。

はじめは5分走って5分歩く、というセットを繰り返し、徐々に走る時間をのばしたり、セット数を増やしたり、だんだん歩く時間を短くしていくと良いでしょう。1週間に2,3回の頻度で無理なく続けましょう。お話ができるくらいのゆったりとしたペースが理想的。20分以上継続して走ると、脂肪燃焼しやすくなるので、それを目標にモチベーションを上げるものおすすめです。

ケガをしないよう注意する

ケガは挫折の原因になりうるので注意が必要です。走る前のウォームアップ・ストレッチは念入りに行ないましょう。

初心者がいきなり長距離を走りすぎると、走るための筋肉の準備ができていないので、ケガをしやすくなります。また、フォームにも気をつけましょう。前のめりになりすぎず、跳ねすぎないように。

走った後もクールダウンやストレッチを忘れずに。お風呂で水とお湯を交互にかけると脚の疲労がとれやすいですよ!

走るコースや距離に変化をつける

飽きる原因は人それぞれですが、特に毎日同じコース・距離を走ると飽きてしまう人が多いです。自宅周辺だけでなく、公園のランニングコースや、職場まわりなど気分転換に場所や距離を変えて変化をつけるのがおすすめです。

目標設定をする

目標があることで、モチベーションがあがる方が多いです。立てた目標を達成できそうな小さな目標に分解して、期日をきめて取り組むことも長続きさせるためのコツだと言えます。また、アプリやノートに記録をつけたり、大会にエントリーするなどで、モチベーションをキープしたり高めたりできるでしょう。

ランニング仲間をつくる

ランニングを継続させるコツとして、走ることの辛さや、喜びを一緒にシェアできる仲間を作ることは、とても有効です。3日坊主で終わってしまう…という人も、趣味を共有できる仲間がいれば、継続して走ることが楽しくなるかもしれません。また、走る相手がいない…という人は、ランニング専用アプリを活用したり、ランニングクラブなどを利用して仲間を見つける方法もおすすめです!

スポーツオーソリティのランニングコーナーでは、ランニングアドバイザーがランニングに関する疑問をお聞きしてアドバイスをいたします!ぜひアイテムやランニングについて相談しに来てみてください!

走りをサポートするアイテムで、無理せずランニングを楽しもう

ランニングのメリット、長く続けるコツ、おすすめのアイテムをご紹介しました。初心者ランニングでは、無理せず自分のペースで始めることが大切です。快適なランニングをサポートしてくれるアイテムも取り入れて、ランニングを楽しみましょう。

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー

湊 瑛穂(みなと あきほ)

  • ・ランニング歴13年 マラソン完走回数27回
  • ・自己ベスト2時間57分58秒(2018東京マラソン)
  • ・大阪国際女子マラソンなどの国際マラソン出場経験あり
  • ・トレイルランニング大会にも出場
    • ・第9回ハセツネ30K 第4位入賞
    • ・第25回ハセツネCUP 女子20代 第1位
    • ・第10回房総丘陵・養老渓谷トレイル 30K 優勝
【ソロキャンプに必要な道具一式】初心者におすすめのアイテムや選び方を徹底ガイド
2020/07/08 00:00

【ソロキャンプに必要な道具一式】
初心者におすすめのアイテムや選び方を徹底ガイド

【ソロキャンプに必要な道具一式】初心者におすすめのアイテムや選び方を徹底ガイド

ソロキャンプを楽しむための道具選び

大自然の中1人、自由気ままに過ごせるというのは、ソロキャンプの大きな魅力ですよね。自然の中でのアクティビティや、料理、焚き火など特別な時間を満喫できるソロキャンプは、グループキャンプとは全く違う楽しみを与えてくれます。

また、車で行くオートキャンプやバイクでのツーリングキャンプ、電車移動でバックパックを使うキャンプなど、スタイルもさまざま。自分のやりたいことやキャンプスタイルに合った道具選びをすることが、ソロキャンプを楽しむ上でとても大切です。

ソロキャンプに必要な道具一式

ソロキャンプに必要な道具一式

ソロキャンプに最低限必要な道具と、プラスαで持っていきたいアイテムをご紹介します。理想のキャンプスタイルや予算などに合わせて、必要なアイテムを少しずつ揃えていきましょう!

【ソロキャンプに最低限必要な道具リスト】

【ソロキャンプに最低限必要な道具リスト】
<寝る>
  • ・テント
  • ・寝袋&マット
<くつろぐ>
  • ・タープ
  • ・テーブル
  • ・チェア
  • ・焚き火台
  • ・ランタン
<食べる>
  • ・バーナー
  • ・調理器具(クッカーなど)
  • ・食器(カトラリ―など)

テント泊をするなら、テントや寝袋はもちろん、マット選びも重要です。マットがあれば地面の凹凸で体を痛めることもなく、寒い時期は地面からの冷気を防いでくれます。また、日陰を作ったり雨から守ってくれるタープは、開放的でキャンプでのくつろぎ空間を作り出してくれるアイテムといえます。

【プラスαあると便利なアイテム】

【プラスαあると便利なアイテム】
  • ・グランドシート&インナーマット
  • ・クーラーボックス
  • ・ウォータージャグ
  • など

最低限必要な道具の他にも、あると便利なアイテムには上記のようなものがあります。

グランドシートは、テントの底を保護したり地面からの湿気を防いだりしてくれます。せっかく買ったテントを、長く快適に使いたいならおすすめのアイテムです!

また、クーラーボックスは肉や魚、野菜に飲み物などを保冷するのに重宝します。キャンプ場では水場がサイトから遠いなんてケースも。そんな時に、ウォータージャグがあれば何度も行き来する必要はありません!

上記のように、道具選びでキャンプの快適性は変わりますが、持っていく荷物の量にも気をつけたいところ。特に、車でのオートキャンプなら荷物が多くてもそれほど気になりませんが、自転車やバイクの場合、持っていける道具の量は限られてしまいます。その点を押さえて、自分に必要なものを選びましょう。

ここからは、道具を選ぶポイントや初心者のソロキャンパーにおすすめのアイテムを紹介していきます!

①持ち運びラクラク!ソロキャンプ用テントおすすめ3選

ソロキャンプでは持ち運びやすく、設営しやすい1~2人用テントがおすすめです。自分のキャンプスタイルに合ったテントを見つけましょう!バイクや自転車、電車などで移動する場合、軽量で収納性の高いものを選ぶと良いでしょう。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP

軽量かつ強度の高い素材と構造を採用した、初心者でも安心のツーリングテント。2.6kgと女性でも扱いやすい重量と、約55×18cmの収納時サイズが魅力です。ポールの接点が多く、風などに強い「うお座型」の構造で初めてでも安心してテント泊ができます。インナーがオールメッシュなので通気性が抜群!夏でも快適です。

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームST(オリーブ/サンド)

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドームST(オリーブ/サンド)

コストパフォーマンスに定評ありの1~2人用テント。前室が広く、クーラーボックスなど大きめの荷物もしっかり収納できます。ポールポケット式だから1人での設営も楽々!重量が4.4kgとやや重いですが、別売のポールで前室に屋根をつければ、タープ不要でキャンプを快適に楽しめます。タープと合わせた重量と比べて検討しても良いかもしれませんね。

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム LX

COLEMAN(コールマン)/ツーリングドーム LX

ツーリングドームSTのサイズアップ版。大人2人でゆったり眠れるほどの広さが特徴です。ソロキャンプ以外にも使いたいという方にはぴったり!重量は5.6kgとやや重めですが、ツーリングドームSTと同様に前室に屋根を作り、タープ代わりに使うことも可能です。

②設営簡単アレンジ自在!ソロキャンプ用おすすめタープ2選

タープには日差しや雨を防ぐ屋根の役割があります。ソロキャンプに使えるタープを選ぶポイントは次の通りです。

  • ・なるべく軽く、コンパクトなものを選ぶ
  • ・設営や撤収が簡単なものを選ぶ

もし前室が広いテントを購入する場合、タープは必須ではありません。テント前室がタープの代わりになります。逆にタープ泊ならテントを持ち運ぶ必要がないので荷物も最小限にできます。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/レクタ タープ ALRP 320X300

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/レクタ タープ ALRP 320X300

1人でもセッティングしやすく、貼り方のアレンジも豊富な長方形タイプのタープ。重量2.6kgと軽量かつ丈夫な素材を採用しているので、持ち運びしやすいのが特徴。また、大水圧約3000mm、紫外線90%以上カットと日差しや雨にも高い性能を発揮する優れものです!

COLEMAN(コールマン)/ヘキサライトII(オリーブ/サンド)

COLEMAN(コールマン)/ヘキサライトII(オリーブ/サンド)

コンパクト収納が魅力のヘキサタープ。使用時は約420×420×220(h)cmと広い空間を確保できますが、収納時には直径およそ17×43cmまで小さくすることができる優れもの。重量は約4.3kgとやや重いですが、サイズ感を重視する方におすすめです。

③寝心地抜群!キャンプを快適にするおすすめ寝袋(シュラフ)3選

初めてのソロキャンプでは、うまく寝付けず翌朝に疲れを残してしまう…なんてことも。キャンプを存分に楽しむためにも、寝袋選びはとても大切です。

シュラフには一般的に「封筒型」と「マミー型」があります。マミー型は封筒型に比べて保温性が高く、収納がコンパクトです。ソロキャンプに持っていくならコンパクトなマミー型がおすすめです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ 15度

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ 15度

中綿に超極細のポリエステル綿を使い、重量は約1.0kg、収納時のサイズは幅約27cmと持ち運びも楽々なアイテム。適応温度はおよそ15℃以上なので、初夏から夏場にかけてのキャンプにぴったりです!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ -3度

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ -3度

重量1.6kgと軽量ながら、-3℃まで耐えられる、秋・冬・春の3シーズン役立つ高コスパシュラフ。軽くて保温性も抜群のサーモライト中綿を950g使用し、熱を逃しにくいサーマル仕様を首元に施しています。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ -17度

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/マミーシュラフ -17度

軽くて保温性の高いサーモライト中綿を、なんと約2500gも使った暖かいシュラフ。気温-17℃まで耐えられるので、寒い冬も快適な睡眠時間を過ごせますよ。手洗いもできるのでいつでも清潔に使えます(マミーシュラフ -3度も手洗い可能です)。

④キャンプの睡眠をしっかりサポート!快眠マット3選

寝袋の下に引くことで快適な睡眠をサポートしてくれるマット。あるとないとでは眠りの質が大きく変わってきます。

マットの役割は大きく二つ挙げられます。

  • ・地面の凹凸を吸収し、体を優しく包み込む
  • ・地面からの冷気をシャットアウトし、底冷えを防ぐ

また、マットは大きく3種類に分けられます。

  • ・エアーマット(空気を入れて膨らませるタイプ)
  • ・クローズドセル(ウレタン素材や銀マットのような折りたたみ式のマット)
  • ・インフレーターマット(中にスポンジが入っていて、半自動的に膨らむタイプ)

それぞれメリットとデメリットがありますが、ここでは扱いやすいインフレーターマットを3つ紹介します。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットS

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/コンフォートインフレータブルマットS

弾力性に優れた厚さ5cmのウレタンフォームを使用。さらに200 cm×65 cmとサイズも十分で、大柄な方や寝相が心配な方もこれなら安心です。収納時は直径約20cmまで小さくなり、持ち運びも苦になりません!表面は肌触りがよく、裏面には滑り止めもついて寝心地抜群です。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/インフレータブルマットS

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/インフレータブルマットS

価格と持ち運びやすさなら、このマットが断然おすすめです!他のマットに比べ、厚さは2.5cmと薄めですが、重量なんと1.1kg、収納時のサイズは直径約14cmと軽くてとってもコンパクト。生地内側にPVC加工が施され、強度と防水性も高いアイテムです。

COLEMAN(コールマン)/キャンパーインフレーターマット シングルⅢ

COLEMAN(コールマン)/キャンパーインフレーターマット シングルⅢ

こちらも厚さ約5cm!高いクッション性で快適な寝心地のマットです。連結して使用できるので、ソロでもファミリーキャンプでも大活躍すること間違いなしです。

⑤ソロキャンプに大活躍!コンパクトなハイ&ローテーブル

テーブルは高さが低いものから高いものまで、形もさまざまあり、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。自分がキャンプで何がしたいのか、使いたいシチュエーションに合わせてテーブルを選びましょう!

特にソロキャンプで活躍する、コンパクトに収納できるものをご紹介します。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミサイドテーブル

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミサイドテーブル

キャンプの楽しみは料理がメイン!という方におすすめ。高さを47~60cmに調節可能な、ハイスタイルテーブルです。しっかり料理するなら、ある程度高さのあるテーブルを選びましょう!耐荷重も20kgあるので安心して作業できます。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/アルミフォールディングテーブルミニ

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/アルミフォールディングテーブルミニ

料理などの作業は少なめで、お茶やコーヒーを飲みながらゆっくりとした時間を過ごしたいなら、ローテーブルがおすすめ。高さ23cmで視界を遮ることもありません。地面に距離が近いため、自然との一体感を感じられる、ソロキャンプにぴったりのテーブルと言えるでしょう!

⑥キャンプスタイルで決めよう!くつろぎアウトドアチェア

チェアも自分の思い描くキャンプスタイルに合わせて選びましょう。自分がリラックスしやすい高さはどのくらいか、いつも座っているチェアの高さなどを参考に決めるとよいでしょう。

また、チェアの高さ、テーブルの高さと合わせると快適に過ごせます。
バックパックに収納して持ち運べるものもあるので、荷物をコンパクトにしたい方は、そちらがおすすめです。

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/アルミコンパクトチェア

Alpine DESIGN (アルパインデザイン)/アルミコンパクトチェア

重量約1kgと軽量なチェア。軽くて丈夫なアルミ製のフレームで耐荷重は80kgで、安心してくつろぐことができます。収納時は約40×14×10とコンパクトサイズでバックパックに入れて持ち運びも可能。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBコンパクトリラックスアルミチェア

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBコンパクトリラックスアルミチェア

ハイバック仕様とクロス式のフレーム構造で、背中を包み込んでくれる安定感ある座り心地。アルミフレームは折り畳める仕様で、収納時は直径14×56cmに収まるので、こちらもバックパックに入れて持ち運ぶこともできます!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBアッセンブルウッドチェア

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBアッセンブルウッドチェア

強度と耐久性を併せ持つ「ホワイトアッシュ」という天然木を使った、雰囲気のある木製チェアです。分解してコンパクトに収納でき、持ち運びしやすいのが嬉しいポイントです。

⑦特別な時間を演出。ソロキャンプ おすすめ焚き火・グリル

焚き火台も、軽さを重視して手軽に楽しめるものが出ています。また、焚き火とバーベキューがセットで楽しめるものも!お気に入りの焚き火台を見つけて、特別な時間を楽しみましょう。

UNIFLAME(ユニフレーム)/ファイアグリル

UNIFLAME(ユニフレーム)/ファイアグリル

焚き火台としてだけではなく、ダッチオーブンを使ったり、炭火を入れてBBQもできちゃう優れものです!1台数役で重量は約2.7kgと軽量なので、ソロキャンプだけでなくいろんなシーンで活躍します。

バンドック/焚火スタンドハンディ

バンドック/焚火スタンドハンディ

重量約1kgと軽量で、巻いて畳める焚き火台なのでコンパクトに持ち運べるのがうれしいポイント。ツーリングキャンプなど荷物を軽くしたい方にもおすすめです!メッシュ網から火が落ちにくく、安全かつ地面を汚さず焚き火を楽しむことができます。

⑧キャンプサイトを照らすソロキャンプ用コンパクトランタン

自然の夜は暗く、例えばトイレに行くにしても安全にたどり着くにはランタンの明かりが不可欠です。そんなキャンプ用ランタンですが、LEDランタンやキャンドルランタン、電池ランタンなど実にさまざまなタイプがあります。利用シーンや明るさを考えて選びましょう!

COLEMAN(コールマン)/バッテリーガードLED ランタン/200(グリーン)

COLEMAN(コールマン)/バッテリーガードLED ランタン/200(グリーン)

コンパクトサイズながら、消灯中の過放電を防ぐバッテリーガード搭載のランタン。アルカリ単三電池4本で、約15時間の連続点灯が可能です。明るさは200ルーメン、照射距離は約7mほどなので、テントに吊るしたり、テーブルに置いたりと便利に使えます。

Barebones Living(ベアボーンズリビング)/BBL ビーコンライトLED2.0 レッド

Barebones Living(ベアボーンズリビング)/BBL ビーコンライトLED2.0 レッド

内蔵のリチウムイオン電池にUSB充電しておけば、明かりの強さは調節でき、Lowパワーで200時間、Hiパワーで3時間の連続点灯が可能。高さ15cmの小型サイズなので、掛けても置いても場所をとりません。

⑨料理も手軽に楽しめる軽量コンパクトなシングルバーナー

バーナーは、お湯を沸かしたり料理をしたりするのに欠かせない定番アイテムです。荷物を軽くしたいなら、コンパクトで携帯性があるものを選びましょう。

イワタニ/カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

イワタニ/カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

コンビニなどでも購入可能な、イワタニのカセットガスが使えるバーナーです。カセットガス1本でおよそ2時間の連続使用が可能!10cm2ほどにまとまるコンパクトサイズで重さも約274gと軽いので、持ち運びも楽々です。

SOTO/レギュレーターストーブ FUSION

SOTO/レギュレーターストーブ FUSION

風やガスボンベ内の圧力に影響されにくく、安定した火力を発揮してくれるバーナーです。五徳分離型なので、クッカーなどを乗せても安定しやすく調理時も安心。もちろん1つ前に紹介したイワタニのバーナーと同じくらい軽量コンパクトです。

⑩キャンプごはんを楽しくするおすすめクッカー(調理器具)

アウトドア用の調理器具であるクッカー。選ぶときに押さえておきたいポイントは、重量とサイズです。特にソロキャンプでは、荷物の重量は最小限に抑えたいところ。

また、クッカーは材質もさまざま。一般的なものはアルミ、ステンレス、チタンなどが挙あり、それぞれ特徴が異なります。作りたい料理やキャンプスタイルに合わせて、自分に合ったクッカーを選びましょう!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミソロクッカーセットS

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミソロクッカーセットS

ソロキャンプに便利な1人用のクッカーセットです。アルミ素材を使用し、軽量かつ熱伝導に優れています。片方を使用している時、もう片方を蓋として使うこともできるうえ、携帯時は1つにまとめることができる優秀なクッカーです!

LOGOS(ロゴス)/TOURING COOKER SET

LOGOS(ロゴス)/TOURING COOKER SET

LOGOSのフライパン・トレイ・大小ポット・マグカップのクッカー5点セットです。強度と熱伝導性が高いステンレス製で、総重量も500gと比較的軽量。ツーリングキャンプにも最適なクッカーセットです。

UNIFLAME(ユニフレーム)/クッカー 山クッカーM

UNIFLAME(ユニフレーム)/クッカー 山クッカーM

コンパクトなのに嬉しい機能が盛り沢山!アルミライトクッカーの代名詞ともいえるヤマクッカーです。鍋の内側には容量目盛が刻まれており、炊飯など計量が大事な料理も失敗知らずに!また、蓋をしたまま注げるなど、キャンプ料理をより楽しくしてくれるクッカーセットです。

⑪まずはコンパクト重視!ソロキャンプおすすめカトラリー

カトラリーとは、キャンプの食事で使うナイフやフォークのこと。木やステンレス、シルバーなど、素材によって耐久性や、料理に与える印象も変わります。ソロキャンプなら、まずは収納性と携帯性に優れたものを選びましょう!

UNIFLAME(ユニフレーム)/カラ箸 ベージュ

UNIFLAME(ユニフレーム)/カラ箸 ベージュ

箸頭にカラビナが付いている便利なお箸。持ち運ぶ際は両方のカラビナにリングを通しておけば、片方だけなくすこともありません。PBT樹脂を使用しているため、耐熱温度は160℃と高く、食事以外に菜箸としても活用できます。

UNIFLAME(ユニフレーム)/FDフォークTi

UNIFLAME(ユニフレーム)/FDフォークTi

折りたたみ式のコンパクトなフォークです。スライドロック機能が付いているため、ロックすることで柄の部分がしっかり安定します。重量も17gととても軽いので、ソロキャンプにぴったりのカトラリーですね!

⑫自然の中で最高の一杯を!保温・保冷効果の高いおすすめマグカップ

コーヒーを飲みながら、目の前に広がる自然を眺める贅沢なひと時は、ソロキャンプの魅力の1つ。保温・保冷効果の高いものや、携帯性に優れているものまでさまざまなので、自分好みのカップを探してみましょう!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TB ダブルステンレスマグカップ 350

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TB ダブルステンレスマグカップ 350

「TARAS BOULBA」のロゴが入ったキャンプ用のステンレスマグカップです。真空二重構造で、42℃以上また12℃以下で1時間の保温効力を発揮してくれます!一杯約350mmと、缶ジュース一本分程度の量を入れることができる優れもの。

THERMOS(サーモス)/ホレイカンホルダー

THERMOS(サーモス)/ホレイカンホルダー

缶ドリンクがすっぽり入り、美味しい温度に保ってくれる保冷缶ホルダーです。真空断熱構造で、外側に冷気を逃しません。30℃の室温で2時間以上、中身を15℃以下に保つことを実証している強者です!冷たいビールを楽しみたい方におすすめ。

さらにプラスαあると快適なキャンプグッズ

ここまで、最低限必要なキャンプグッズを紹介してきました。この他にもプラスαであると便利でキャンプをより楽しめるアイテムを紹介します!

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP用グランドシート

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ツーリングテント ALRP用グランドシート

グランドシートは、テントが直接地面に触れることを防ぎ、テントの底面が汚れたり傷ついたりしないよう保護してくれます。また、防水性もばっちりで耐水圧は3000mmなので、地面からの湿気や浸水をしっかり防ぐことができます!

LOGOS(ロゴス)/テントピッタリボウスイマットSOLO

LOGOS(ロゴス)/テントピッタリボウスイマットSOLO

インナーシートは、テント内の快適性を高めます。テントの床部分全体に対して、クッション性と断熱性を高める役割です。テントに合わせた純正品がない場合でも、近い大きさのシートを敷けば問題ありません。
「ピッタリ防水マットSOLO」は3層構造のインナーシートで、地面からの湿気をしっかりさえぎってくれるので、快適に過ごすことができます。収納バッグ付きで、マットとして使わないときは枕にすることもできる優れもの!

COLEMAN(コールマン)/スポーツオーソリティ限定商品 エクスカーションクーラー16Q T(グレー)

COLEMAN(コールマン)/スポーツオーソリティ限定商品 エクスカーションクーラー16Q T(グレー)

料理をするなら、食材が腐らないよう保冷する必要があります。また、飲み物を冷やしておくためにもクーラーボックスがあると便利です。

コールマンのエクスカーションクーラー16QTは、1日保冷でき、500mlのペットボトルが16本入る大きさ。食材も入れるなら、ソロキャンプにちょうど良いサイズです。

コールマンCOLEMAN(コールマン)/バッテリーガード LEDヘッドランプ/325

コールマンCOLEMAN(コールマン)/バッテリーガード LEDヘッドランプ/325

キャンプ場での夜の移動は、暗くて危険!ヘッドライトなら両手が空くので安全に行動することができます。

バッテリーガード搭載で電池長持ちの、コールマンLEDヘッドランプは、Highパワー300ルーメンで約3時間連続点灯可能だから安心して支えます。

LOGOS(ロゴス)/マルチツール14

LOGOS(ロゴス)/マルチツール14

ナイフやハサミなどいろいろな道具が1つにまとまったマルチツール。キャンプ中のさまざまな困りごとを解決してくれる、お役立ちアイテムです。

LOGOSのマルチツール14は、その名の通り14種類の道具が詰まった便利アイテムです。ナイフ・ハサミ・ノコギリに栓抜きなど、工夫次第でいろんな使い道があります。

自分に合ったキャンプ道具で、特別なソロキャンプの旅へ出かけよう

自分に合ったキャンプ道具で、特別なソロキャンプの旅へ出かけよう

今回は、ソロキャンプを楽しむために最低限必要なアイテムや、あると便利なおすすめツールをご紹介しました。一度に全部揃えることは難しいですが、少しずつお気に入りアイテムを増やしていくのも楽しそうですね。こだわりのキャンプギアと一緒に、自由気ままなソロキャンプを満喫しましょう!

関連記事

ランニングシューズの寿命は?距離などの判断基準や長持ちさせる秘訣
2020/07/07 00:00

ランニングシューズの寿命は?
距離などの判断基準や長持ちさせる秘訣

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー
湊 瑛穂(みなと あきほ)
ランニングシューズの寿命は?距離などの判断基準や長持ちさせる秘訣

【5つのチェックポイント】ランニングシューズの寿命

ランニングシューズの寿命や買い替えのタイミングを判断するためには、さまざまな要素があります。以下の5つのポイントを参考にチェックしてみましょう!

チェックポイント①トータル走行距離

ランニングシューズは一般的に「500~700km」が買い替えの目安と言われています。例えば、1ヶ月に100km走る方は半年程度が買い替えの目安となります。しかし、これはあくまでも目安です。走る際のフォームや使用頻度、天候などのさまざまな要因によっても変わるので、他の項目もチェックしてみましょう。

チェックポイント②購入日からの年月

購入してからどれくらいの年月が経っているかも重要なチェックポイントのひとつです。
「昔履いていたシューズを久しぶりに履いてみたら、ソールがべろりと剥がれてしまった」という経験をお持ちの方もいるのでは?未使用であっても、製造から2~3年でシューズの劣化は起こります。その場合は、できるだけ新しいシューズを履くことをおすすめします。

チェックポイント③ソールの劣化具合

チェックポイント③ソールの劣化具合
チェックポイント③ソールの劣化具合

ソールはアウトソールとミッドソールの2つの部分で構成されています。アウトソールは地面に直接触れる靴底部分で、推進力を生み出したり、スリップを防止したりするグリップの役割を担います。すり減って溝がなくなっていないか、端の方がボロボロになっていないかなどをチェックしてください。

ミッドソールは、アウトソールと中敷の間の部分です。外見からは分かりにくいですが、地面からの衝撃を吸収する重要な役割を担っています。シューズを側面から見て、ソール部分にシワが寄っていると、劣化している証拠です。

チェックポイント④アッパーの劣化具合

チェックポイント④アッパーの劣化具合
チェックポイント④アッパーの劣化具合

アッパーとは、足の甲を覆う表面部分です。ランニングシューズを長く愛用していると、
このアッパー部分が破れてしまうことも。また、ソールとのつなぎ目が裂けたりほつれたりしていないかチェックしてみてください。破れやほつれを放置すると、走っている最中に壊れてしまうこともあるので注意しましょう。
その他、かかとの内側が擦れて穴が空いていることも多いので確認しましょう。

チェックポイント⑤インソールの破れ具合

外見の劣化は見られなくても、靴の中が劣化しているケースも。特に、親指の付け根部分がすり減って、穴が開いていることもあります。また、破れが目立つ部分は負荷がかかっている証拠。走る際のフォームのバランスにも影響がでるので、インソール交換が必要です。

【おすすめ!】丈夫で長く履きやすいランニングシューズ

【おすすめ!】丈夫で長く履きやすいランニングシューズ

ここからは実際にシューズの買い替えを検討されている方へ、耐摩耗性に優れている、耐久性に優れているなど、長く履けるポイントのあるシューズを紹介します。ただし、耐久性は使用環境や頻度によっても変わります。上記であげたポイントを定期的にチェックしながら使ってみてください。

おすすめランニングシューズ5選!

1:アシックス/GT-2000 9
2:アディダス/ アディゼロ ボストン 10 / ADIZERO BOSTON 10 M
3:ナイキ/ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 2
4:アシックス/ LYTERACER 3
5:ニューバランス/NB HANZO T M

アシックス/GT-2000 9

アシックス/GT-2000 9

「日々の走りに、フィットする。」をキャッチコピーとした「アシックス」の新作。優れた安定性と軽量性を併せ持ち、本格的なランニングから軽いジョギングまで、ランナーの足をサポート。クッション性、快適性、フィット性を兼ね備えた全ランナーへおすすめの一足です。

アディダス/ アディゼロ ボストン 10 / ADIZERO BOSTON 10 M

アディダス/ アディゼロ ボストン 10 / ADIZERO BOSTON 10 M

日々の走りから、レース本番のような速度を引き出すアディゼロ ボストン 10 / ADIZERO BOSTON 10 M。軽量さと高い反発性を併せ持ち、ランナーに快適な走りを提供します。トレーニングからレース当日までトータルサポートが可能な一足。

ナイキ/ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 2

ナイキ/ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 2

ランニングサポートはもちろん、ランナーをケガから守る「ナイキ」のシューズ。安全性に加えて、反発力・履き心地、通気性をも兼ね備えたシューズです。開発期間も長期に渡ったことから、一味違う性能を体感できる一足です。

アシックス/ LYTERACER 3

アシックス/ LYTERACER 2

FLYTEFOAM Propeミッドソールテクノロジーによって、高い反発力を実現。ランナーのパフォーマンスを最大限発揮することがでるシューズです。競技ランナーから部活生のトレーニングまで、幅広くランナーをサポートします。

ニューバランス/NB HANZO T M

ニューバランス/NB HANZO T M

ランナーの求めるパフォーマンスを発揮できるよう、ミッドソールにトップモデルと同じREVLITE Xを搭載。耐久性も高く、毎日のハードなトレーニングを支える名品です。トレーニングからレースまで、ランナーをトータルサポートします。

その他の耐久性の高いシューズ一覧

ランニングシューズの寿命をのばす3つの方法

ランニングシューズの買い替えるタイミングやおすすめのシューズを紹介しましたが、できるだけ今持っているシューズを長く履き続けたいですよね!ここでは、ランニングシューズを長く愛用するための3つのポイントを紹介します。

数種類のランニングシューズをローテーションで履く

特に毎日のように走る方は、数種類のランニングシューズをローテーションして履くとよいでしょう。走ることで衝撃を受け、潰れたミッドソールは、日数をかけて元に戻っていきます。毎日履くと回復が追いつかなくなり、寿命を縮める原因になってしまいます。
複数足持っていると、雨の日用やスピード練習用などと使い分けることもできますよ。

ASICSの「Runkeeper」、NIKEの「NRC」などのランニングアプリにはシューズ管理機能がついているものがあるので、活用してみるのもいいですね!

また、ランニングシューズは履き心地や通気性を良くするため、基本的には横の動きやボールを蹴るなどの衝撃には強くないです。無理な動きをしないようにするのも長持ちの秘訣です。

正しい履き方をマスターする

靴紐を締めたまま脱ぎ履きしたり、かかとを踏み潰したりしてしまうと、シューズの寿命を縮める原因となります。紐は毎回解いて締め直すようにしましょう。正しく紐を締めていないと靴の中で足が動いてしまい、足を痛める原因になります。

靴紐を締める時は、まずかかとを靴にしっかり合わせるようにします。靴紐をつま先側から順に締め、最後に紐をほどけないよう結んでください。靴紐がほどけてしまう場合は、靴紐の素材を変えたり、二重結びにしてみるといいでしょう。

メンテナンスや保管をしっかりと行う

走った後の靴を靴袋などにそのまま入れていませんか?シューズは湿気を嫌うため、しっかりと汗などを乾かしてから、靴箱など湿度が低く通気性のある場所にしまってください。
雨に濡れたり泥で汚れたりした時は、こまめに洗うと長持ちさせることができます。

洗った靴を干す際は、直射日光を避け、湿度が低く通気性のいい場所で陰干ししてください。直射日光に当てると劣化の原因になります。下記のような、シューズ用乾燥剤があれば手軽に防カビ、消臭などができます。

s.a.gear(エスエーギア)/シューズドライヤー

s.a.gear(エスエーギア)/シューズドライヤー

防カビ・制菌・消臭・乾燥とさまざまな効果が得られるシューズドライヤー。汚れや臭いの元になる汗をしっかりと乾かしてくれます。特に気になるつま先箇所まで届きやすい形状になっているのが特徴的です。

寿命を過ぎたランニングシューズのリスク

寿命を過ぎたランニングシューズのリスク

「せっかく足になじんだお気に入りのシューズを手放したくない……」という方もいるかもしれませんが、残念ながら、ランニングシューズは消耗品です。寿命の過ぎたランニングシューズを履き続けると、十分に性能を発揮できなくなったり、ケガに繋がったりすることがあります。

グリップ力の低下

アウトソールのすり減りは、グリップ力を低下させ、地面を蹴りだす力を十分に生み出せず、効率の良い走りができなくなってしまいます。

安定感の低下

すり減ったソールは安定感も低下させます。また、左右の片側だけすり減ってしまった場合は、安定感を大きく損なうため走行中のバランスがより悪くなってしまいます。

身体への負担増加

アウトソールがすり減り、滑りやすくなると、それを防ぐために足に余計な力が入ってしまいます。筋肉に負荷がかかり、足を痛める原因になってしまいます。
またミッドソールが潰れてくると、衝撃を上手く吸収することができなくなり、通常より疲労を蓄積しやすくなってしまいます。

シューズが壊れる可能性

ソールが劣化してくると、加水分解という現象を起こしてソールが壊れてしまうことがあります。走っている最中にこの現象が起きると大変危険です。

寿命を守ってランニングをより快適に!

ランニングシューズは消耗品であり、こまめなケアと定期的な買い替えが必要です。「まだ履けるから」と寿命を過ぎたシューズを無理に履き続けていると、性能を十分に発揮できなかったり、ケガの原因になることがあります。シューズの寿命を気にかけて、ランニングを楽しんでくださいね。

ランニングシューズは日々進化していて、新しいシューズはよりランニングをわくわくさせてくれます!今使っているシューズを確認して、寿命だなと思った時は、最新シューズもチェックしてみましょう!
ランニングシューズの買い替え希望の方はスポーツオーソリティオンラインショップでチェックしてみましょう!

【監修】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー

湊 瑛穂(みなと あきほ)

  • ・ランニング歴13年 マラソン完走回数27回
  • ・自己ベスト2時間57分58秒(2018東京マラソン)
  • ・大阪国際女子マラソンなどの国際マラソン出場経験あり
  • ・トレイルランニング大会にも出場
    • ・第9回ハセツネ30K 第4位入賞
    • ・第25回ハセツネCUP 女子20代 第1位
    • ・第10回房総丘陵・養老渓谷トレイル 30K 優勝

関連記事