他の記事を選ぶ

【キャンプの種類】ファミリーキャンプからお家キャンプまで詳しく解説
2022/01/21 00:00

【キャンプの種類】
ファミリーキャンプからお家キャンプまで
詳しく解説

キャンプは、参加する人数や目的、あるいはキャンプの場所などが変わることで、レジャー感覚やスポーツ性も高まる楽しいアクティビティ。ここでは今注目を集めているお家キャンプやファミリーキャンプなど種類別のキャンピングとキャンプを盛り上げるおすすめグッズについて紹介します。

一般的なキャンプの種類

キャンプは、人数や日数、宿泊方法によっていろいろな種類があります。ここでは一般的に知られているキャンプスタイルの内容について詳しく解説します。

デイキャンプ

デイキャンプとは、宿泊せず日帰りで行うキャンプのことをいいます。テントを設営する必要がなく、キャンプ初心者でも手軽に楽しめる良さがあります。キャンプ先は、BBQ中心、釣り、川遊びなどアクティビティによっても変わってくるでしょう。

テントや寝袋、数日分の食料や水といった荷造りがないため当日計画でも実行できるのが魅力です。

オートキャンプ

オートキャンプとは、車を使って行うキャンプです。キャンピングカーやキャンピングトレーラーに宿泊する場合もオートキャンプと呼ぶことができます。基本的に車と関連したキャンピングを意味するので、車からタープをはったり、テントを設営したりするキャンプスタイルもこれに相当します。

またキャンプ施設によっては、テント設営エリアと駐車場を区別するところもあり、車でキャンプサイトまで乗り入れができる所は、オートキャンプに分類されています。

ツーリングキャンプ

バイクで行くキャンプのことをツーリングキャンプといいます。目的地まで少数、あるいはグループでバイクの走行を楽しみながらキャンプ宿泊で旅行をします。車ほど荷物が積めないため、テントと寝袋といった最小限のキャンプ用品を携帯することが多いようです。

車よりもキャンプ場料金を安価に抑えられるほか、スポーツ感覚でキャンプを楽しめる魅力があります。

ファミリーキャンプ

家族で行うファミリーキャンプでは、子供たちもテント設営や野外での調理、片付けなど、普段と違う環境に触れます。そのため子供の創造性が高まったり、自立心が目覚めたりと、以前になかった成長を発見することができます。

また家族で密接に過ごす時間ができ、絆が深まるということもあるでしょう。最近では、家族以外の複数人で行うグループキャンプにも人気が集まっています。

ソロキャンプ

1人で自由に楽しむキャンプをソロキャンプと呼んでいます。誰にも干渉されたくないという自立型タイプが好むキャンプで、自由気ままな時間と野外体験を満喫できます。

時間に制約がないため、日常の雑多から解放されたいという人にもぴったり。自然や美しい景色の中に身を置いて、日常のストレス解消やリフレッシュを目的に楽しむ人も多いのでは。

グランピング

グラマラス(魅力的)なキャンプという造語のグランピングは、テント、コテージ、トレーラーハウスなど、宿泊施設が準備されているタイプを指します。食事は宿泊料金に含まれていたり、調理器具のレンタルで自炊したりと施設によって変わります。

グランピングでは、シャワーやトイレ、冷暖房などが完備されており、利便性を損なわずに自然体験ができる魅力があるといえるでしょう。

お家キャンプの種類

家にいながらキャンプ気分を味わえる「お家キャンプ」を楽しむ人が増えています。お家キャンプでは大きく分けて3つのタイプが人気です。それぞれの様式について詳しく解説します。

ベランピング

「ベランダ」+「グランピング」から生まれた造語ベランピングは、ベランダで行うキャンプです。テントやタープの下で過ごすことで、遠方でなくてもキャンプ気分が味わえます。天候に左右されず、荷物の準備もないことから簡単に行えるのがメリットです。

ただし、一軒家で近隣が近い場合や、集合住宅では近隣住民の迷惑にならないよう配慮することも大切です。

庭キャンプ

家の庭で行うキャンプもお家キャンプの楽しみの一つ。テントを設営する場所が必要ですが、タープなどを工夫してエリアを活用するだけでもキャンプの雰囲気が演出できます。

火の取り扱いに関し地域の規定が許せば、夕食のBBQや焚火を囲んだ団らんなど、庭でアウトドアを体験。タープやテント張りのよい練習のチャンスにもなるでしょう。

部屋キャンプ

部屋キャンプは、テントを張ったり、仕切りを設けたりとアウトドア空間を演出して野外疑似環境を楽しみます。特にキャンプ用ランタンやロウソクで明かりをとり、キャンプ用チェアやテーブルなどを利用することで、屋外のような雰囲気を味わうことができます。

小さなお子さんがいるご家庭や悪天候でも、安全で手軽にアウトドア気分を盛り上げることができるのがメリットです。

お家キャンプがもっと楽しくなるおすすめアイテム6選!

お家キャンプでは、キャンピングを盛り上げるアイテムを加えて、ワンランク上のキャンプを演出してみましょう。お家キャンプがもっと楽しくなるおすすめのアイテム6選をご紹介します。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/DXフリーリクライニングチェア

軽量で持ち運びに便利な、リクライニングチェア。キャンプ用だけでなく、リビングやベランダ用としても大活躍します。長く座っても疲れない湾曲したひじ掛けと、かっちり止まるリクライニングストッパーで安定感のある心地よさが評判のアウトドアチェア。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/ホットサンドクッカーIH

ご家庭のコンロでも使える、IH対応のホットサンドメーカー。蝶番を外せば単独のフライパンになるため、目玉焼き、パンケーキなど個別の料理にも重宝します。アルミ鋳物で軽く、フッ素加工でお手入れも簡単。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/アルミボックスクッカー

取っ手が付いた飯ごう、アルミボックスクッカー。お米1.5合まで容量があり、熱伝導のよいアルミ製でふっくらとご飯を炊くことができます。表面には硬質アルマイト加工が施されているため、お掃除も楽々。積み荷にも収めやすい角形シェイプもポイントです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/TBウッドサイドテーブル

収納式ウッドテーブル。野球バッドの素材としても使用されるホワイトアッシュでできたテーブルは、強度と耐久性抜群のキャンプグッズです。不用意に開閉しないためのロックやマグネット機能も搭載。手狭なベランダや部屋キャンプでも場所を取らず大活躍するアイテムです。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)/キャストアイアンプレート

キャストアイロン製リバーシブルアイアンプレート。溝加工のある面では、3ミリの段差でお肉などの余分な脂と分離しながら調理が可能。フラットな鉄板面は、パンケーキや焼きそばなど、炒め物の調理に適しています。むらなく火通りのよい鉄製でクッキングが特別のイベントになります。

和風だし旨味スパイス 幕張

お家キャンプにも大活躍、スポーツオーソリティオリジナルのスパイス「幕張」。カツオ、昆布、シイタケからとった和風のミックス出汁。お肉や魚に直接かけて調理したり、サラダドレッシングのアクセントに加えたりと、万能に活用できるうま味スパイスです。

キャンプを楽しむならTARAS BOULBAをチェック

キャンプの楽しみ方をタイプ別にご紹介しました。キャンプは、目的や方法によって幅広いアクティビティを満喫することができます。その後押しをするのがキャンプ用品。TARAS BOULBAには、キャンプを盛り上げるギアがいっぱい。TARAS BOULBAのキャンプアイテムをチェックして、あなたの理想のキャンプスタイルを実現しましょう。